イナンナ

Overcoming the sense of loss : 喪失感を克服する・悟りとは?

Message from
NGC1999 Reflection Nebura

心にまるでぽっかりと穴があいたような気持ちになってしまうことを喪失感といいます。

大切な何かをなくしてしまったような気持ちともいうでしょうか。

喪失感の正体とはなんでしょう。ひとつは、何かを所有していた、あるいは所有することができるという考え方がつくり出す、一種の思い込みに過ぎません。その所有していたと思いこんで

もっとみる
嬉しい!(≧▽≦)
7

女神ナンム

昔々、イナンナとエレシュキガルという二人の女神がいた。
二人は生の季節のイナンナ、死の季節のエレシュキガルとして、お互いを補完しあっていた。
豊穣の元に循環する死と再生の象徴。
正反対の彼女たちはかつて二人で一人の死と再生の大女神であった。

それが
大いなる母神、万物の起源である女神ナンム。

女神ナンムは、処女でありながら母であり、その息子は配偶者でもあったという。

万物に惜しみなく生命を与

もっとみる
読んでいただきありがとうございます♡嬉しいです‹‹\(´ω` )/››
2

世界樹とイナンナ

イナンナは世界樹を見つけ、エデンで育てることにしました。

大きく育ったその世界樹の上には、ズーという妖怪が巣を作り雛を育て始めてしまいました。
さらに、根っこには蛇が住み着き、幹には、リリスが住処を構えていました。
リリスの姿は大気と冥界の神であることを示していたので、イナンナは気が気ではありませんでした。

そこでリリスの兄弟である太陽神ウトゥに頼み追い払ってもらうことにしました。
ウトゥはイ

もっとみる
読んでいただきありがとうございます♡嬉しいです‹‹\(´ω` )/››
1

『今が属している日』

皆さん、こんにちわ。

臥龍桜です。

さて、今回は『呟き的な個人的考察』の

『まとめ』になります。

呟き的なと言いながら、全く呟き的では無い
内容になってしまいましたが、、、、、
本当はもう少しラフな感じでやりたかったんですが、、、なかなか、、、(笑)

さて。

今回の『まとめ』になります。

『呟き的な個人的な考察』の

1番最初から実はある程度の大筋はお話ししていました。

ただ、その

もっとみる
Thank you 🌹
14

『常世』

皆さん、こんにちわ。

臥龍桜です。

さて今回は、大国主の別名から色々と考察しようと想います。

大国主の別名は前回も書いた様に

幽世大神 幽冥主宰大神です。

(かくりよのおおがみ かくりごとしろしめすおおかみ)

大国主さんは沢山の別名があります。

ホツマツタエでは大国主さんは
事代主(ことしろぬし)=クシヒコさんの事とあります。

この事から皆さんが(僕も)大国主だと想っているのは

もっとみる
Thank you 🌹
6

呟き的な個人的考察②

改めて

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、2020年最初のnoteは、、、

『天狗』です。

がその前に。

2019年、年末恒例の

『やりすぎ都市伝説』

観ましたよ(笑)

中々面白かったですね。

さて、皆さんに

やりすぎ都市伝説の内容の事に関するヒントを
少しだけお見せしますね。

ピラミッドは八面体なんです。

本来なら1番上の八

もっとみる
ありがとうございます(^_^)
15

「憑依と肚と女神イナンナ」 概略版

来週の水曜日(6/20,2018)に田畑浩良さん(ロルファー)と「晴れたら空に豆まいて(代官山)」で対談イベントをします。

http://mameromantic.com/?p=58021

そのテーマが「憑依と肚(はら)について,空間に於ける位置関係のパフォーマンスに与える影響」です。

これを聞いた人から「え、なに、なに?意味わかんない」というご意見をいただいたのでブログを書きました(こちら

もっとみる

憑依と肚(はら)と女神イナンナ

6月20日(水:2018)ロルファー(ロルフィングの施術者)の田畑浩良さんと対談イベントをします。代官山の「晴れたら空に豆まいて」で。

詳しくはこちらをご覧ください。

「え、ロルファーって何?ロルフィングって何?」という方。申し訳ございませんが、今回はその話をしている余裕がないので、田畑さんのサイトをご覧くださ~い!

日本ロルフィング協会によれば、いま公認不ロルファーは129名いるということ

もっとみる

『イナンナの冥界下り』人形劇バージョンの紹介映像

『イナンナの冥界下り』人形劇バージョンの紹介映像を作りました。

『イナンナの冥界下り』は、シュメール(古代メソポタミア)の神話です。高井啓介先生から安田がシュメール語を学んだことがきかっけで、楔形文字で書かれた古代の神話を、シュメール語で上演しようと思い立ちました。

能をはじめとする日本の古典芸能を中心に出演者を集めたり、台本を作ったりしながら企画をしたのですが、アーツカウンシル東京から3年間

もっとみる

『人くいお母さん』ver.0001試演

先日『イナンナの冥界下り』の試演会を行いました。

そこで、アフリカ民話の『人くいお母さん』も試演しました。『イナンナの冥界下り』が、超古代の神話で、人形もシリアスなのに対して『人くいお母さん』は、教訓もないし、ストーリーもよくわからない物語で、人形もかわいいもの。シリアスな能と、お笑いの狂言のような組み合わせです。

▼番組とは
前回の試演会『イナンナの冥界下り』で「ずっと緊張していて息が詰まっ

もっとみる