やさしい世界

ハルに会った日

1日いちにち

ハルがやって来るのを感じる

今日は匂いですら 感じた

雨の湿り気を帯びた やさしい香り

霧状の雲に隠された 太陽の香り

生まれたばかりの 柔らかい緑の香り

暖かさに まどろんでばかりも居られないな

ぼくだけのハルを 見つけなくちゃな

きっと君は

待ちわびたような さくら色の服で

もうぼくの前を歩いてるんだ

待ってて いま行くよ!

スキしてくれた、その2倍好きです。
5

『ゆびのみで描く』メルヘンの世界

はじめまして 画家のつきのせいじゅ(月乃星綬・雅号)と言います 40年以上『おとこの子と女の子の妖精』を主人公に メルヘンの世界を描き続けています

『本物は続く・続ければ本物になる』という言葉があるように・・
本物(プロの画家)になるために ひたすら絵を描き続けてきました

僕の絵の特徴は なんと言っても 圧倒的な絵の綺麗さにあります

そして 絵をご覧になった お客様が 皆さん 言われる言葉に

もっとみる
スキありがとうございます!
3

やさしい世界を広げていきたい

やさしさに触れると、なんてお礼を伝えたら良いかわからなくなる。それで最近はnote描いている。詩を送ることもあるし、noteで届けることも増えた。

もともと誰かに手紙を描くことが好きだった。異動する度に同じチームの人に、1人2枚くらいの長文の手紙を届けることもあった。前職を辞める時は30人に一言メッセージの手紙を送った。

便箋も結構こだわった。当時の私のTwitterは、フォローワー100人く

もっとみる
ありがとうございます!嬉しすぎます!
13

#cotreeひらやまを囲む会 で感じた「やさしい世界」

1月9日に「cotreeひらやまを囲む会」という会に参加しました。
参加直後、私はこの会について「やさしい世界でした」ってツイートしたのですが、ここで感じた「やさしい世界」ってどういうことなのか。その想いを綴っていきたいと思います。

参加のきっかけは、このbosyuを見たこと。

なぜ参加しようと思ったのか?

1. cotreeひらやまさんのTwitterとnoteを読んでいて、素敵な言葉の数

もっとみる
この出会いに感謝です✨ありがとうございます!
14

やさしさのポンプ

素直にすごく嬉しいって
遠い街の人から届いたコトバ

キミのこと、僕は知らなかったけど
キミは僕のこと、前から見ててくれたんだ



青い鳥は、コトバを届ける
時に冷たく、時に優しく



コトバは時に凶器になり
コトバは時に武器になる
だからコトバを大切にしてきたつもりだけど
溢れ出るコトバのスピードに
これまでたくさんのヒトを傷つけてきた



悔しい想いをしたあの日
伝わらない歯痒さで

もっとみる
嬉しいです😊フォローもしていただけるともっと嬉しいです!
8

2020.01.23

今日のやさしいえこーさん

★★★ 同僚が困っていたので助けた

Twitterに何故か画像添付ができない!と嘆いていたので、「ツイート数がいっぱいいっぱいだと画像が載らなくなることもある」「別の種類の画像で保存しなおしてみたらどうか」ということをアドバイス。
結果、JPGだったものをPNGで保存し直したら解決。
何故JPGでダメだったのかは不明…。他のツイートはJPGで大丈夫だったのに!

ありがとうございます!

2020.01.21

今日のやさしいえこーさん

★★ 後ろから来る人にオフィスの扉を開けて待った

弊社のオフィスの入り口はICカードでロックが開くようになっていて、一度扉を閉めると毎回ロックを解除しないといけないので、誰かが開けてくれるタイミングに重なると一手間省けてちょっとラッキー。
(やさしいえこーさんはこの程度のほんの少しのやさしさもカウントしていきます。笑)

★★ 資料を回しやすいようにまとめて送った

もっとみる
やさしさのおすそわけができましたでしょうか?

自分のペースで生きる

自分の中の言葉をアウトプットして誰かに何かの気付きや共感を与えたい。
それが笑いでも安らぎでも何でも良かった。
誰かがちょっと共感してくれたり喜んでくれたり、自分に関心を示してくれることが感じられる。

ずっと何かを発信する人に憧れていた。

ただ、勇気がなかった。
一つのことを根気強く続けた経験も、目の前の事に熱中して取り組んだ経験も無かった。

挑戦する勇気もないビビリで、なかなか動き出せない

もっとみる

気持ちをぶつけて
今をリセットして
なんでもないこと
同じことで
笑ってしまって

反省と愛と覚悟の
あたたかく やさしい
美しさを知る

そして
先へ進み
一緒に生きる

よろしけれぼフォロー&サポートもお願いします(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)

やさしいってなんだ

noteに登録してから何も投稿しないまま1ヶ月が経った。すっかり寒くなったので、古着で買った冬用のポンチョを初めて着て、仕事を早上がりし、とある本を買いに走った。今日が発売日のもくもくちゃんさんの新刊だ。リュックのせいでポンチョは普通の袖有りアウターになっていた。

カフェで読み、家に帰っても読んだ。私の理想としているやさしい世界がそこにある。

やさしいってなんだ。難しいことだとずっと思っている

もっとみる