つなぐよ_関連マガジン

ロゴ制作の“詳細フロー”。(ポップラップグループ「[...]サンテンリーダー」)

こんにちは〜! さて、前回、「ポップラップグループ「[...]サンテンリーダー(* 以下、「サンテンリーダー」にて統一、正式には頭に[…]がつくよ!)」、ロゴ制作と“背景ストーリー”」を紹介しました。

今回は、「どうして、こういうロゴになったの??」を伝える、「ロゴ制作の“詳細フロー”」を掘りさげて紹介していきます! いっくぞー!(書き手:かねこあみ)

------------

△ 001.

もっとみる
モチベーション、アッパッパのパー! ありがとうございます!!
17

ポップラップグループ「[…]サンテンリーダー」、ロゴ制作と“背景ストーリー”。

▶︎ 「[…]サンテンリーダー」(* 以下、「サンテンリーダー」にて統一、正式には頭に[…]がつくよ!)ロゴの解説。

「サブカル・ポップ」というコンセプトで制作。

インターネットから、外へ飛び出す。ネオン管をモチーフにした、オリジナルロゴタイプ。時にはチカチカと、だけど光り続ける。気取りすぎず、少しのモラトリアムを感じさせる。

楽しく、テンポよく、リズムよく。韻を踏む心地よさを、視覚的に表現

もっとみる
モチベーション、アッパッパのパー! ありがとうございます!!
27

ロゴ制作の“詳細フロー”。(漫画家&バー経営&ゲーム販売「株式会社ナナフシ」)

熱い日々があるから、今がある。あ、こんにちは! 先日、「漫画家&バー経営&ゲーム制作『株式会社ナナフシ』、ロゴ制作と“背景ストーリー”」を紹介しましたね。

本日は、このロゴがどうしてこんな形になったの?? という裏側を見せる回。「ロゴ制作の“詳細フロー”」を語らしていただきますです。(書き手:永井弘人)

------------

△ 001. 「新規でシンボルマークをつくる案(上段)/つくら

もっとみる
ありがとうございます! カルチャー次世代、最高!!
18

漫画家&バー経営&ゲーム制作「株式会社ナナフシ」、ロゴ制作と“背景ストーリー”。

▶ 「株式会社ナナフシ」ロゴの解説。

「生き様」 というコンセプトで制作。

株式会社ナナフシが今に至るまでの経緯。 これからの展望。そのすべてに、 “機械人形ナナミちゃん”の存在がある。

一筋縄じゃいかない、 曲者の雰囲気を醸し出すロゴタイプ。“インディーズ”という生き方を愛し、 誇りに思い、 ビジネスとしても勝ちにいく。

その背中と切り開く道を示すロゴマークである。

--------

もっとみる
ありがとうございます! カルチャー次世代、最高!!
32

ロゴ制作の“詳細フロー”。(コレクションブランド「Fumiku」)

こんにちは! さて、前回、「コレクションブランド「Fumiku」、ロゴ制作と“背景ストーリー”」を紹介しましたね。今回は、「どうして、こういうロゴになったのよ??」を伝える、「ロゴ制作の“詳細フロー”」を掘りさげて紹介していきます! いえーい!(書き手:かねこあみ)

------------

△ 001. 「ロゴ方向性」の検証・選抜。

△ 002. “シンボルマーク”と“ロゴタイプ”の「組み

もっとみる
ロゴをつくる。ストーリーをかく。その先に広がる、文化の感謝!!
36

「SHIBUYA109ロゴ_応募作全案」の公開。振り返っての“気づき”。渋谷カルチャー、発信の移行。

こんにちは、こんばんは、おはようございます。アートディレクター、グラフィックデザイナーの永井弘人です。

渋谷の顔、「SHIBUYA109」。カルチャー、ファッションの聖地ともいえる、「SHIBUYA109」。先日、「『SHIBUYA109』ロゴコンテスト」公募の最終候補4案が決まりましたね。

じ・つ・は、この「『SHIBUYA109』ロゴ」、かねこあみと共同制作で、“つなぐよ”として、応募して

もっとみる
モチベーション、アッパッパのパー! ありがとうございます!!
46

コレクションブランド「Fumiku」、ロゴ制作と“背景ストーリー”。

▶︎ 「Fumiku(フミク)」ロゴの解説。

「かわいい・違和感」 というコンセプトで制作。

纏うと、いつもの生活に少しの刺激が走る。かわいさに加え、 心地よい違和感が組みこまれる。リアルとファンタジーの間を表現し、 新しい人物像を提案する。

主役である、 つくり上げられた「Fumiku」の世界観を引き立てる、オリジナルロゴタイプである。

------------

△「Fumiku」ファ

もっとみる
noteで押すスキボタン、noteで過ごすグッドタイム。Love!!
30

ロゴ制作の“詳細フロー”。(ジャージ女子の写真サイト「tracktop girl」)

さて! 前回、「ジャージ女子の写真サイト「tracktop girl」、ロゴ制作と“背景ストーリー”」を紹介しました。今回はその裏舞台、エピソード0、「ロゴ制作の“詳細フロー”」を掘りさげて紹介しちゃいます!(書き手:永井弘人)

------------

△ 001. 「ロゴ方向性」の検証・選抜。

△ 002. ロゴ候補案の雰囲気に合う、「チャック・持ち手の形」検証・選抜。

△ 003. 

もっとみる
ありがとうございます! カルチャー次世代、最高!!
59

ジャージ女子の写真サイト「tracktop girl」、ロゴ制作と“背景ストーリー”。

▶ 「tracktop girl(トラックトップガール)」ロゴの解説。

「動き・存在感」 というコンセプトで制作。つながりと可能性の拡散。

やわらかさとエッジを合わせ持つ、 独特のロゴタイプ。タイプフォルムと統一された、 ジャージのチャック・持ち手のシンボル。

ジャージ姿の女子。 アクティブでかわいく、 魅力あふれる、 写真とサイト。被写体・発信する側の存在感によって、 見る側の心も動くロゴ

もっとみる
モチベーション、アッパッパのパー! ありがとうございます!!
46

世代別の価値観! 「共感」? 対価は、「価値」に払われる。ヒトとモノ、制作者と制作物。若いモーニングスター。

打合せの後、高円寺駅改札前に向かう途中。近くのバス停で、コンビニおにぎりを一粒ずつむしって食べている女の人がいた。それはもう、色々と聞き出したかったが素通りした。具のところはどうすんだ。

高円寺は夢を追いかけ、まだまだ追いつかない、追いつけない理由を語り合う人が多い。気がする。それはそれでいい。なによりもファッションがいい。ザ・古着屋から買ってきたと思われる、何系ファッション。ボクは好きだ。たま

もっとみる
今の「スキ」。奇跡の「スキ」。希望の「スキ」。ありがとうの「スキ」!
117