丘の上マルシェ勝手に宣伝チラシ2021修正

横浜らいず「丘の上のマルシェ」(10/27・日)に出店します! の話

(※10/21、追記・修正)

以前からお知らせしていた通り、1週間後の10/27(日)、12時-16時、横浜らいずの「丘の上のマルシェ」に、道草の家・ことのは山房で出店します。

出店への経緯は、以前、書いた。

とはいえ、今回は台風が来たり何だかんだとあって、宣伝がほとんど出来ていない模様なので、話をして、ぼくは「勝手に宣伝」させてもらうことにしました。どんなマルシェなのか…?

丘の上マルシェ勝手に宣伝チラシ2021修正

※ぼくが先ほど、仮にサクッとつくった「勝手に宣伝チラシ」(ウェブで使うための画像のみ)

メールで質問していることもあり、まだ不明な点もいろいろあるのだけど、現時点でわかっていることから。

「横浜らいず」は、身体障害のある人たちの入所施設で、今年で24年目らしい。

その日は、併設のケアプラザで年4回ひらかれているコンサートがある。そのコンサートに合わせるかたちで今年から開催されているのが「丘の上のマルシェ」だ。

どんなマルシェなのか?

「バザーやります」「焼きそば出します」とかじゃなくて、とにかく、質の高いものを味わって、感じてほしい、という思いがあるらしい。

シフォンケーキで有名な就労支援B型「アスタ荏田」の洋菓子、上永谷のハム専門店「ミュンヘン」が特別な時にしか出さない無添加フランク、伊藤米屋のオリジナル・ブレンドを炊きたて&握りたてで提供される塩おにぎり、淹れたての「もんちゃんコーヒー」、石川町のスリランカ紅茶専門店・MITSUTEAの紅茶、と、こだわりのラインナップ。

他にもいろいろある模様。台風の影響が心配だけれど、無農薬野菜の販売にも力を入れていると聞いています。

それから、「手作りアロマとお楽しみアクセサリー」「水引アクセサリー」「刺繍アクセサリー&イラストデザイン」といったものの展示・販売、ワークショップも幾らかあるそうで、その中に、われわれ(道草の家・ことのは山房)も参加させてもらうというわけ。

子供たちが楽しめるような店も毎回、出すそうで、今回はどんなのが出るのかな。それは「おたのしみに」とのこと。

お近くの方、ちょっと行ってみてもいいかな、という方はぜひ。風雷社中はじめガイドヘルパーの皆さんは、外出支援の行き先としても、ぜひ使ってください!

横浜らいず」へは、東急東横線「綱島」駅下車。2番バスターミナルから東急バス「勝田折返所行き」に乗車、「神隠」バス停下車、徒歩約5分。

明日は、そこで、われわれが何を出すか? という話を(あらためて)書こうかな。というわけで、よろしくお願いします!

(つづく)

オトナのための文章教室 in 横浜 & 三鷹、横浜では31日(木)の夜スタート。その日が初回です。その日は、"わかること"と"わからないこと"をめぐって、あれこれ話そうかな? と現在のところ計画中(詳しくはまた数日中に!)

参加者募集中です。ぜひ! 誰も来なかったら寂しい。

文章教室2019チラシ

「道草の家・ことのは山房」のトップ・ページに置いてある"日めくりカレンダー"は、1日めくって、10月20日。「丘の上マルシェ」に向けて「ひなた工房」でつくられているものたちの話。

日常を旅する愉快な雑誌『アフリカ』は、継続して販売中ですが、在庫が少なくなってきました。読みたい方は、お早めに。

※"日めくりカレンダー"は、毎日だいたい朝(日本時間の)に更新しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
道草家。編集する人。書く人。デザインする人。プライベート出版レーベル「アフリカキカク」プロデューサー。「ことばのワークショップ」案内人。国語教師。ガイドヘルパー。​5歳男児の​パパ。で、やっぱり道草家。 https://kotonohasanbou.weebly.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。