見出し画像

「丘の上のマルシェ」(10/27)へ持ってゆく"道草の家セレクション"

さて、こんどの日曜(10/27・日)に出店する横浜らいずの「丘の上のマルシェ」、私たち(道草の家・ことのは山房)が持ってゆくものを、1部、ご紹介しましょう。

画像1

アフリカキカクの新作は何もないので、主にひなた工房の小さな作品たちを。ほとんどが新作です。今回は、作者のことばと共にご紹介します。

画像2

「しおりとして、読みかけの本のページや手帳にはさんで使えるブックマーカーです。木の粘土細工で作っているので、軽くて使いやすいです」

画像3

「両面に絵付けをしているので、表と裏どちらから見ても楽しいですよ。手紙、小鳥、道草だるま、おにぎりなどをご用意しました」

日常を旅する雑誌『アフリカ』最新号も、もちろん販売します。

画像4

『アフリカ』は、バックナンバーも適当にセレクトして、いろいろと、立ち読み用も持ってゆくので、ぜひお手にとってご覧ください。

画像5

アフリカキカクからは、例の絵本や、その他、あれこれ、賑やかしに少しずつ持ってゆく予定です。

画像6

「上が木の粘土で作ったマグネットです。冷蔵庫やホワイトボード、瓶のふたにくっつけて使えます。下は椿の種を使って絵付けをした、ホンモノそっくりのてんとう虫のマグネットとミニサイズのクリップ。柄は、赤いナナホシてんとう虫と黄色のミツホシてんとう虫の2タイプあります」

画像7

「秋の装いのアクセントに、ブローチはいかがでしょうか? 木の粘土を使った軽やかな"カラフルブローチ"、手織りの豆マットと組み合わせた"おねんねブローチ"、キモノヤーンと組み合わせたエレガントな"天使のブローチ"、種類も豊富にご用意しました。もこもこ毛糸とリボンを組み合わせた"ヘアクリップ"も新作です」

画像8

これは、キモノヤーンを使った"天使のブローチ"。

画像9

「毛糸の状態から手作業でフェルト化して、オリジナルのフェルトで仕立てる1点ものの"ウールプラネット"シリーズ。ヘアゴムとブローチがあります。ウールならではの温かみがあり、大人ぽい雰囲気でお使いいただける人気のアイテムです」

画像10

「大切な物を飾って愛でるために生まれた手織りの豆マットと小さな木の粘土細工をコーディネートして楽しめる、ハッピーセットです。ひなた工房の作品と初めて出会う方にオススメ。道草の家をイメージしたカラフルな家の形のラッピングは、ギフトにもぴったりです」

丘の上のマルシェ、美味しそうなものもいっぱいなので、自分たちもたのしみにしています!

(つづく)

オトナのための文章教室 in 横浜 & 三鷹、横浜では31日(木)の夜スタート。その日が初回です。参加者募集中です。ぜひ!

画像11

「道草の家・ことのは山房」のトップ・ページに置いてある"日めくりカレンダー"は、1日めくって、10月22日。今日は、「ママの蕎麦」と「うどん」の話。

日常を旅するは、継続して販売中ですが、在庫が少なくなってきました。読みたい方は、お早めに。

※"日めくりカレンダー"は、毎日だいたい朝(日本時間の)に更新しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
道草家。編集する人。書く人。デザインする人。プライベート出版レーベル「アフリカキカク」プロデューサー。「ことばのワークショップ」案内人。国語教師。ガイドヘルパー。​5歳男児の​パパ。で、やっぱり道草家。 https://kotonohasanbou.weebly.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。