見出し画像

世代ギャップにどう向き合うか

haruhi

「今どきの若い者は…」というのは、何百年も前から繰り返されているそうで、たぶん今の若者たちの多くも、10年もしないうちに、同じようなことを口にするのでしょう。

ただ、自分としては、「そういうこと、言わない大人でありたい」と、思うわけです。

「Z世代のトリセツ」を読みました。

「失敗の経験が圧倒的に少ない世代」というのは、確かに!と感じました。

私も試行錯誤しましたが、「やって見せる」ことや「説明する側の工夫」が大切という考えに強く共感しました。

年長者の若者に対する態度には、考えさせられるところがあります。偉そうに命令したり、押し付けてばかりなどは論外ですが、変に迎合したり、若者の真似ばかりするのも、どうかと思います。

そう。私なんかはもう、間違いなく、オッサンなので、そこは勘違いしないように、若い人たちと接する時は、無理せず、フツーに……まぁ、それが難しいのですが…

尊重する感覚が大切なのだろうと思います。自分は自分だし、若い人には若い人の考えもある。違いを許容しながら共存する。

うーん、文章では、そう書けるけど、現実はまぁ、いろいろで…

まだまだ試行錯誤は続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。若者との関わり方は、こうやって、試行錯誤をずっと継続するというのが、ひとつの結論なのかもしれません。

以前、Kindleでも、いろいろ書きました。こちらもぜひ、お読み下さい!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
haruhi

最後までお読みいただきありがとうございました。自分の文章を読んでくださる方がいる。ソレってとっても嬉しいことです。みなさんの文章も、読んで、楽しませていただきます!「スキ」「フォロー」「サポート」「シェア」すべて大歓迎です!