H3O_official

H3O 出会ってきたヒト、コトの繋がりを活かしてバショで展開するPRと イベント企画などのコミュニティを制作するサービスを中心に提供しています。 「誰か」「どこか」「何か」を繋ぎ繋いだ輪の中でみんなと一緒に笑うこと。 それがH3Oの育む希望と調和です。

H3O_official

H3O 出会ってきたヒト、コトの繋がりを活かしてバショで展開するPRと イベント企画などのコミュニティを制作するサービスを中心に提供しています。 「誰か」「どこか」「何か」を繋ぎ繋いだ輪の中でみんなと一緒に笑うこと。 それがH3Oの育む希望と調和です。

    ストア

    • 商品の画像

      【leye(レイエ)×H3O】もりつけトング

      女性の目線でのアイディア・機能性・デザインを、 ものづくりの街、燕三条の職人さんと形にするブランド『leye レイエ』 以前からつながりがあったAUX(オークス)さんとお話しをして、数ある人気アイテムの中から、個人的に使って感動していたトング、『もりつけトング』をコラボさせて頂きました。 インドア・アウトドアともに万能に使え、料理の楽しさが一段と上がります! ・軽いにぎり心地でしっかりつかめます ・先端が細く、パスタやサラダをきれいに盛りつけることができます ・長さがあるので、加熱調理に使いやすく手元が熱くならないため、揚げ物や焼き物にも使いやすいです ・先端がぴったりくっつくので、薄切り肉もしっかりつかめます ・独自のバネ構造と開き角度にこだわり、やわらかな使い心地を実現 ・スタイリッシュで高級感のあるフォルム ●商品サイズ 約全長25×高さ4cm ●材質 ステンレス鋼(クロム18%) ●重量 約78g ●日本製 ※食器洗い乾燥機使用可。 leye レイエ leyeは女性が考えたアイデア雑貨 leyeのアイテムはすべて女性が考えて作り上げた商品 女性ならではの視点で共感されるアイデア、女性の手にフィットするかたち、大人のかわいらしさをギュッとつめてこころはずむアイテムに燕三条の職人さんと仕上げました。
      2,300円
      H3O SHOP
    • 商品の画像

      【HABIT leather×H3Oコラボ】キヌガサシェード グリーン

      大人気のキヌガサシェードからH3Oコラボカラー『グリーン』が限定で販売開始! アウトドアでの使用や、インテリアにもぴったりなランプシェード! <habit>の刻印の下にはH3Oのロゴも刻印 革は、高品質なイタリアンレザーを使用。 イタリアンレザーの革の風合いが、味わい深く エイジングされることで更に自分だけの色に。 美しいシルエットが生み出す光は幻想的で 独特な陰影が夜に映し出されます。 キャンプサイトに1つ飾るだけで 一味違う空間へと変化します。 キヌガサシェードは、ゴールゼロのLight house microシリーズ用のシェード。 E26サイズの電球もセットできるものが多くペンダントライトなどでも使用できます。 円形のレザーに、網目状にカットされた形、革でも硬めで、吊るしたり、置いたりすることも可能 キノコの女王と呼ばれる「キヌガサタケ」をモチーフにした網目模様が、幻想的な影を作ってくれます。 ※天然素材の為、濡れてしまうと形が崩れてしまうことがあります(朝露など) ※オイル塗布は革の繊維を緩めてしまい、形が維持できなる原因となります ※潰した状態で放置してしまうと型崩れの場合もございますので、容器や吊るしておくなど保存方法にもご注意ください ※商品は、シェードのみになります。ライト等の小物は付属致しません。
      8,250円
      H3O SHOP
    • 商品の画像

      【Ritawaco×H3Oコラボ】サコッシュ取り外し可能3WAYエプロン

      年中エプロンを着用している「エプロンおじさん」ことコワタリ氏が手掛ける 布雑貨ブランド『Ritawaco-リタワコ-』とのH3Oのコラボエプロンが登場 「何気ない日常がちょっとでも楽しくなれるようなアイテム」というブランドコンセプトの通り おしゃれに日常に取り込むことができる、使いやすいエプロンとなっています。 エプロンであるという事を前提に、使いやすさ・大容量のポケットを残しつつも ダウンの下にインナーとしてやパーカーの上からすっぽりと被ったりなど コーデの一部になるようなスタイリングができる1着 綺麗に刺繍されている「H3O」のロゴマークもキャッチーでアクセントに。 胸ついているポケットは取り外し可能で、肩から掛けれるサコッシュへと変化します。 いつも鞄に入れていたものが、この1着のエプロンで持ち運びが可能に 同色のコンビが締まって格好いいオリーブ×アーミーと ブルーがアクセントになサンドベージュ×アクアマリンの2色のご用意! 男女問わず使いやすく、日常からアウトドアなど様々な用途に◎ リバーシブルで使用でき、サコッシュの取り外しも可能な 使いやすさ重視の3WAY仕様に
      22,000円
      H3O SHOP
    • 商品の画像

      【leye(レイエ)×H3O】もりつけトング

      女性の目線でのアイディア・機能性・デザインを、 ものづくりの街、燕三条の職人さんと形にするブランド『leye レイエ』 以前からつながりがあったAUX(オークス)さんとお話しをして、数ある人気アイテムの中から、個人的に使って感動していたトング、『もりつけトング』をコラボさせて頂きました。 インドア・アウトドアともに万能に使え、料理の楽しさが一段と上がります! ・軽いにぎり心地でしっかりつかめます ・先端が細く、パスタやサラダをきれいに盛りつけることができます ・長さがあるので、加熱調理に使いやすく手元が熱くならないため、揚げ物や焼き物にも使いやすいです ・先端がぴったりくっつくので、薄切り肉もしっかりつかめます ・独自のバネ構造と開き角度にこだわり、やわらかな使い心地を実現 ・スタイリッシュで高級感のあるフォルム ●商品サイズ 約全長25×高さ4cm ●材質 ステンレス鋼(クロム18%) ●重量 約78g ●日本製 ※食器洗い乾燥機使用可。 leye レイエ leyeは女性が考えたアイデア雑貨 leyeのアイテムはすべて女性が考えて作り上げた商品 女性ならではの視点で共感されるアイデア、女性の手にフィットするかたち、大人のかわいらしさをギュッとつめてこころはずむアイテムに燕三条の職人さんと仕上げました。
      2,300円
      H3O SHOP
    • 商品の画像

      【HABIT leather×H3Oコラボ】キヌガサシェード グリーン

      大人気のキヌガサシェードからH3Oコラボカラー『グリーン』が限定で販売開始! アウトドアでの使用や、インテリアにもぴったりなランプシェード! <habit>の刻印の下にはH3Oのロゴも刻印 革は、高品質なイタリアンレザーを使用。 イタリアンレザーの革の風合いが、味わい深く エイジングされることで更に自分だけの色に。 美しいシルエットが生み出す光は幻想的で 独特な陰影が夜に映し出されます。 キャンプサイトに1つ飾るだけで 一味違う空間へと変化します。 キヌガサシェードは、ゴールゼロのLight house microシリーズ用のシェード。 E26サイズの電球もセットできるものが多くペンダントライトなどでも使用できます。 円形のレザーに、網目状にカットされた形、革でも硬めで、吊るしたり、置いたりすることも可能 キノコの女王と呼ばれる「キヌガサタケ」をモチーフにした網目模様が、幻想的な影を作ってくれます。 ※天然素材の為、濡れてしまうと形が崩れてしまうことがあります(朝露など) ※オイル塗布は革の繊維を緩めてしまい、形が維持できなる原因となります ※潰した状態で放置してしまうと型崩れの場合もございますので、容器や吊るしておくなど保存方法にもご注意ください ※商品は、シェードのみになります。ライト等の小物は付属致しません。
      8,250円
      H3O SHOP
    • 商品の画像

      【Ritawaco×H3Oコラボ】サコッシュ取り外し可能3WAYエプロン

      年中エプロンを着用している「エプロンおじさん」ことコワタリ氏が手掛ける 布雑貨ブランド『Ritawaco-リタワコ-』とのH3Oのコラボエプロンが登場 「何気ない日常がちょっとでも楽しくなれるようなアイテム」というブランドコンセプトの通り おしゃれに日常に取り込むことができる、使いやすいエプロンとなっています。 エプロンであるという事を前提に、使いやすさ・大容量のポケットを残しつつも ダウンの下にインナーとしてやパーカーの上からすっぽりと被ったりなど コーデの一部になるようなスタイリングができる1着 綺麗に刺繍されている「H3O」のロゴマークもキャッチーでアクセントに。 胸ついているポケットは取り外し可能で、肩から掛けれるサコッシュへと変化します。 いつも鞄に入れていたものが、この1着のエプロンで持ち運びが可能に 同色のコンビが締まって格好いいオリーブ×アーミーと ブルーがアクセントになサンドベージュ×アクアマリンの2色のご用意! 男女問わず使いやすく、日常からアウトドアなど様々な用途に◎ リバーシブルで使用でき、サコッシュの取り外しも可能な 使いやすさ重視の3WAY仕様に
      22,000円
      H3O SHOP
    • もっとみる

    最近の記事

    2期目の上半期、その⑤(5月編)

    5月はGW明けから、打ち合わせ、撮影、イベントの打ち合わせと会期という コロナ禍前にあった様な行楽シーズンっぽい動きが多かったです。 アコチルというイベントのお手伝いがメインの月でした。 OGTTに続き、これまた御殿場市でのお仕事です。 役割としては、、、 ・スタッフ/アーティストキャンプサイト管理 ・協賛社さん集め、 ・出展ブースサポート ・コラボグッズ制作 ・キャンプスタイリング などです。 違うイベントの打ち合わせと重なりながらでしたが5月はこのイベント でのお

      • 2期目の上半期、その④(4月編)

        怒涛の2月、3月が終わり、気づけば春で桜の時期どこいったー?みたいな くらい駆け抜けていった春。4月は前半はクライアントさんの撮影があったり、キャンプ場で懇親会が2~3回あったりしました。 その間でも、5月のイベントの準備や6月、7月のイベント諸々のキックオフなどなどがありました。 ZOOMって移動少なく出来るツールとしては便利になったなぁと 実感する日々ですが、同時にこの時期もまだ人には会う合わないは微妙な時期でもあったので会えた時の喜びみたいなものはありますね。 さて4

        スキ
        1
        • 2期目の上半期、その➂(3月編)

          前回の記事に続き、3月の部です。 OGTTというイベントの主催をしておりました。 OutdoorGearTouch&Try、略してOGTT。 コロナ禍でこちらも2年間イベントが開けず、3年ぶりの開催として 会場を都内から静岡県に移し、静岡県御殿場市で開催致しました。 御殿場市という町は都内からも車のアクセスで1時間くらいで来れてしまう場所でこちらでも富士山は綺麗に見える(晴れたら)所です。 関係人口を増やしたい意向や、アウトドアの制作をマッチングさせるためのプラットフォーム

          スキ
          2
          • 2期目の上半期、その②(2月→3月編)

            さてお次は2月です。 2月って28日しかないから~とか、春の準備が~とかで ほんと、あっという間に終わってしまう印象があるのはあるあるですよね。 私のパソコンのデスクトップもわちゃわちゃしております。 出かけるイベントっていうよりも3月以降の制作事の組み立てと スケジューリングなど内向き事務的な作業が多いタイミングに当てている事が多い時期です。 3/11に福島県で行なわれる復興支援イベント『SOTE2022』というものがありその中の建付けとコンテンツが6程ある中で情報を汲

            スキ
            1

            2期目の上半期、その➀(1月編)

            約半年ぶりに更新いたしますnote。 3日坊主とはよくいうものの半年空いてしまってる事を反省しつつ アーカイブとして展開出来たらいいなとポジティブに捉えて ここ半年の出来事などを振り返っていきます。 冒頭にもいれたこの画像、お祭りの露店等が立ち並ぶ様子は地元大阪にある、商売繫盛の願掛けをする地元行事、十日えびす、通称『えべっさん』 えべっさんのタイミングで帰省して1年の始まりを感じる様に最近はしておりました。コロナ禍になり、お祭り行事もしにくかったこの時期によく開催して

            スキ
            1

            ソロキャンプダムディズムVol.2

            こんにちは👋🏻 先日、12/4-5で奈良県の下北山村スポーツ公園にて「ソロキャンプダムディズム Vol.2」を開催致しました! 去年に引き続き、ソロキャンパーさん・デュオキャンパーさんが集まり、ダムの下でわいわいと楽しい雰囲気で過ごしていました。 コロナ禍ではありましたが、それぞれがそれぞれの楽しみ方で思い思いに遊んでいる姿を見て 開催できてよかったなぁーと思っています。 仕事の事を忘れ、自然やその場に集った仲間と楽しむ。 私はそこがキャンプという遊びの楽しさなのかな、と

            最近のH3O

            お久しぶりです。 最近のH3Oの近況です。 今月は頭からイベントで忙しくしておりました。 文化の日は、キャンプ場でのフリーマーケットへ! 11月最初の土日は軽井沢でのキャンプ場の感謝祭に出店していました。 軽井沢は朝は霜も降りてなかなかの寒さ🥶 私は寒さ耐性がなかったので、ガクブルしてました(笑) 紅葉もすごくキレイでした☺️ イベント自体はファミリーも多く、すごく賑わっていました。 H3Oブースも、新しいキャンプギアを求めてやってくる方が沢山いらっしゃり 大盛況となり

            スキ
            1

            PARK LIFE 2021

            こんにちは! 福島県あづま総合運動公園で10/16-17に開催されていた PARK LIFE 2021にイベント出店してきました! 2日とも雨降りの寒い中でしたがたくさんの方に お越しいただきました キャンパーの人だけでなく、キャンプ初心者さんや キャンプ始めたいんです!って方まで いろいろな方にお会いできました お客様とお話していると それぞれにキャンプの楽しみ方やアウトドアライフを 過ごされているかなど、面白いお話が聞けました✨ 同じブース内に、洋服や革製品も置

            スキ
            1

            アウトドアライフ

            こんにちは〜! 先日、初めて釣りに行ってきました…! 船に乗るのも10年振りとか15年振りとかで 釣りもした事ないし…って感じだったのですが! なんと…釣れました‪🎣‬ 1匹目が78cm!2匹目が70cm! シーバスのサイズ感だと70cmオーバーくらいだと 結構大っきいね!サイズらしいですねー 重たかったです(笑) 午前中は全然お魚さんいなくて、焦ってたんですけど ポイント変えてから鳥山がたくさん見えるようになって 先輩釣り人達が釣れるようになってきて 今なら釣れるぞ

            スキ
            2

            とあるキャンプ場にて

            こんにちは! 最近また一段と寒くなってきましたね… 先日、富士山の見える山中湖周辺のとあるキャンプ場へ 打ち合わせに行ってきました! 打ち合わせ後には、山中湖でSUPも させていただきました🙏🏻´- 湖畔で優雅に泳ぐ白鳥🦢 すぐ近くまで近寄ってみたり… 漕いで流されてまた漕いで… とっても素敵な時間を過ごすことができました! たまにはこんな日があってもいいですよね✨ 帰り際、夕焼けがすごく綺麗だったので 車を停めて写真を撮ってました 富士山からエネルギーをたく

            自己紹介

            おはようございます こんにちは こんばんわ はじめまして。この度 H3Oに入社します前田です。 まずは簡単に自己紹介をさせていただきますね。 関西生まれの24歳です。 前職では某テレビ局でADをやってました。 ものすごく奇跡的な縁でH3Oの社長に出会いまして 今に至ります。 自分はアウトドアやキャンプに関して 全くわからない状態からのスタートです。 ここ1ヶ月でお仕事を通して、また遊びでキャンプを経験し - ̗̀ 自然っていいなぁ、キャンプって最高じゃ

            スキ
            2

            NEW ACOUSTIC CAMP 2021

            お久しぶりです。 先日、群馬県利根郡にあります 水上高原リゾート200にて 開催されておりました NEW ACOUSTIC CAMP 2021 に出店にて参加させていただいておりました。 コロナ禍の中、たくさんの方々が集い、 3日間を楽しんでおられました。 小さなお子さんやワンちゃん達が たくさん走り回ってたくさん遊んでました。 自然に触れ音楽に触れ美味しい食べ物を食べて・・・ 来場されている皆さまの笑顔を見ていると こちらもとても癒やされました。 緊急事態宣言

            SOTEシンポジウム

            ご無沙汰の日記になってしまいましたが、 完全独立をしてから、諸々関われるお仕事がありワタワタとしておりました。(日記アップに対する言い訳) コロナ禍ではありますが、熊本県の南阿蘇・人吉にお邪魔して シンポジウム兼ラフティング・キャンプ体験をしてきました。 人吉では球磨川の氾濫で大変だった地域での語り部を聞いて、ラフティングをしたまま、端にあがってしまったゴミ拾いをみんなでしたりしました。 何かお手伝いできる事がないかを考えさせられる場だったし 楽しみながら学びを得

            アコチル2020-2021

            またまた少し空いてしまいました。 色々あった4月。あっという間のGW。 そこからのお仕事のアーカイブです。 コロナ禍ではありますが、 アコチル2020-21というイベントに運営側として参加させて頂きました。 https://acochill.com/ イベントの運営は勉強になるし、色々な人の繋がりも出来るし、いい経験になりました。 今までやってきたことを違った形で変換させつつ、新しい出会いと新しい繋がりができたこと、そして何よりイベント自体が無事終えられた事。 本当によ

            仕事仲間の本に出演させて頂きました。

            仕事仲間で、一緒にソロキャンプダムディズムを立ち上げた佐久間亮介さんの本がでました。 キャンプ業界の仕事に就いている人にインタビューをしたという本ですが、 30人くらいの業界著名人の方々の中に、 恐れながら選んでいただきインタビューに応えました。 広報とは?という形のところにはなりますがこの何年かで自分が見て実施して肌で感じて覚えたことなど、経験則も含めながら話しました。 仕事仲間兼、友人の本の宣伝でした。

            スキ
            1

            SOTE2021に参加してきました。

            3/10-3/12の3日間、福島県の浜通り側、伝承館とJヴィレッジという所で、LOVE FOR NIPPONさん主催の復興支援イベント「SOTE2021」に参加してきました。 昨年から参加表明はしていたもののコロナ禍で実現できず、今年はガイドラインなども整えた上で実施となった当イベント。 また東日本大震災より10年となるため、よりこのイベントに参加したいという想いは強く、今回参加できた事がよかったと思います。 私は運営側の中で、企業PRとプレスの受付対応や各イベントの楽屋

            スキ
            2