ぐり と グリーンウッドワーク

グリーンウッドワーク(生の状態の木をシンプルな手道具で削る、暮らしの道具づくり)をたしなんでいます。身近な木々と親しむこと、手仕事がもたらす安らぎを生活に取り入れることで、もっと自然の声、天の声、心の声を聴くために…。基本週末更新😊細かい話はguritogreen.comで。

つくったあとに育っていくもの:森づくりと、ものづくり

このnoteではいつしか「#欲しいものはつくる」がシリーズ化しました。欲しいと思い立ったものをつくってみるとき、そこにはワクワク感のあるプロセスがあって、たのしい……

一番身近な木の枝から、幸せなスプーン

今日はひさしぶりに、ぐりとグリーンウッドワークらしく、「枝からスプーン」の連続写真をば。最近削った中でもとりわけ嬉しかった、庭先のセンダンの剪定枝からのスプンで…

「欲しいものはつくる」その7:キャンプ用ULトレイ/ミニテーブル(つくり方付き)

毎年相方のお誕生日のお祝いに「なぞの旅」という、行き先を秘密にした旅をプレゼントしています。 なぞの旅をプレゼントにし始めて今年が10年目だったので、これまでの旅…

大きな木が伐られたとき、小さな自分にできること

サプライズで剪定木とのご縁をいただくことが続いています。 まずはとりどりの剪定枝が、お野菜たちやほおづき(!)と一緒に小包で届き、、、枝につけてくださった名札の…

友人のお庭のいろんな剪定枝から、10種の雑貨をつくってみたお話

友人のお庭からのいろんな樹種の剪定枝をどんっと送っていただいて、そのうちの6種の樹種から子ども椅子を1脚つくってみたお話を、先日サイトの方に書きました(わりとテク…

暮らしの中で生木の器挽きをする、という夢が叶いました

大きすぎることが起きると書いている場合じゃなくなるのは、マーフィーの法則でしょうか。3月末に超久しぶりの遠出をして、古殿のクラフトハウスさんを訪ねて以来、生木の…