「100年後を考えた応援を」村松竜さんがGREEN FORESTERSへの支援を決めた理由
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「100年後を考えた応援を」村松竜さんがGREEN FORESTERSへの支援を決めた理由

「100年構想」という個人活動を推進されており、この度、一部他の寄付者と共同でGREEN FORESTERSを応援いただくことになりました、村松竜さんへのインタビューをお届けします!
プレスリリースもぜひご覧ください → 株式会社GREEN FORESTERSが、村松竜氏の寄付による資金提供を受け、植林・育林事業の人材採用・地域展開を加速

村松_追加_正面_FIX

村松竜さん
早稲田大学卒業後ジャフコに入社。投資したGMOインターネット上場後、1999年カード決済処理サービスのペイメント・ワン創業、カードコマースサービスと経営統合しGMOペイメントゲートウェイに社名変更、2005年マザーズ上場(現東証一部、日経300)。同年にGMOベンチャーバートナーズ設立、ジェネラルパートナーに就任。2012年よりシンガポールに移住。通算100社以上出資・創業関与し、24社が上場、海外6社含め16社が時価総額1,000億円以上になる。

1. 新企画「100年構想」とは?この取り組みに込められた想い。

岩田:新企画「100年構想」のサイトを拝見しました。「100年構想」について、教えていただけますか?

村松:私がこの企画を始めたきっかけはコロナ禍です。歴史を振り返ると、100年スパンで地球・社会・世の中が動いていること、パンデミックの後の出来事が次の100年に繋がっていること、この2つに気づきました。じゃあ、次の100年はどうなるだろう?と考えた時に、キーワードは「応援」だと思ったのです。
営利ビジネスでガンガン成長するテクノロジースタートアップを応援する、自分でそれを経営する、今私はそういう側にいます。営利企業の中では、100年後の話ってほとんどしません。数年でビジネスにならないことはやれないからです。
利益やリターンはまったく分からない、でも100年後を考えると、絶対今これをやらなければならないという問題は結構あります。自分の中ですごく優先順位が高い10のテーマがリストアップされているのですが、「100年構想」はそれらのテーマのプロジェクトを応援していく取り組みです。そして重要テーマのひとつが、森林資源でした。

2. GREEN FORESTERSとの出会いと、林業の魅力

村松:遡ると学生の時から環境問題の中でも森林って興味があって。森林にまつわる情報収集をしていたら、株式会社百森を発見しました。そしたら中井さんと共通の知人がいたので、その方に「すごい面白い人と繋がっていますよね」って連絡したんです。

岩田:そうだったんですね!GREEN FORESTERSと繋がってから、より森林・林業について触れる機会が多くなったと思います。森林・林業の魅力をどんなところに感じますか?

村松:中井さんと中間さんが先生なので、私がこれから言うことは教えていただいたことをそのまま言うだけなんですけど(笑)「50年かかる」というのが、自分の中でバチっとはまったんです。これから伐採されて出荷される木を目の前にして、「これは50年前の木です」っていうのが、もうたまらないですね。50年前に植えた人がいて、草刈りや間伐もして、いろいろな結果が重なったものが目の前にある、それがすごいロマンだなと思うんですよ。
以前、中井さんたちに現場を案内していただいたときに、8年経った木を見ました。(以下の写真が8歳の木)8年で、やっと人間の背の高さくらい。一方で今の私の世界では、8年あればスタートアップが上場するんです。さらに出荷されるまで50年って言われると途方もない先のことです。これだけ超長期なものっていうのは相当面白くて、それはすごく魅力に感じてます。

画像2

岩田:以前、現場に来ていただきましたね。

村松:はい。実際に現場に連れて行っていただいたのは、とてもよかったです。まず、想像以上に大変だと思いました。植林っていうと、木を持ってポコンと植えるだけなんだと思っていました。それ以外の膨大な作業の一部を、初めて見たんです。切り立つ山の側面で、相当暑い中、汗だらけになってる。それを朝5時から。
見渡すと植えられたばかりの小さい木がありました。「向こうを見てください、あれが50年経った木です」と中井さんが指差した方を見ると、どーんと立派な林があるんです。これからすごくすごく長い時間をかけて、この小さな木たちがあの林のようになっていく。その間ずっと間伐もやるし、下刈りも続けると聞いて、植林とは植えるだけでいいくらいに思っていたので衝撃的でした。

画像3

岩田:私もこの世界に入って、たくさんの衝撃と学びをもらっています。

村松:今、いろんな木を植えるプロジェクトがありますよね。そういったニュースを見るときに、植える本数ではなく、どこに植えて、どういう森林づくりするのかというところまで想像するようになりました。これが大事なんだっていうことを今までは全く知らなかったので、これはすごいことを教えていただいたなと思っています。

3. なぜGREEN FORESTERSを応援すると決めたのか。

岩田:林業から私たちのビジョンまで、中井・中間と様々なお話をさせていただいていますが、GREEN FORESTERSを応援すると決意いただいた決め手はなんでしょうか。

村松:中井さんと中間さんとお話をして、もうビビっときたんです!やっぱり事業は「人」なんです。もちろん技術とか、どの分野とか、どんなビジネスモデルなのかとかもあるんですけど、最終的にはやっぱり「人」次第。成功も失敗も、全部最後は「人」なんですね。創業者がどんな人なのかでもうほとんど決まるんですよ。
私はこの20年で、200社くらいのスタートアップを応援して、24社が実際上場して、16社が時価総額1000億円までいきました。そうすると、いろいろ経験則が溜まるんですね。その経験則からすると、中井さんと中間さんは成功する要素を備えられてるなと思ったんです。と同時に、多少応用できそうな私の経験則もあると思うので、それをいろいろお伝えしていけるといいな、とも思いました。

岩田:村松さんがお持ちの経験則と照らし合わせて、中井と中間に感じた「要素」についてもう少し詳しく伺ってもいいですか?

村松:まずひとつは、組織への組織論と思い入れが非常にあることです。例えば、いろいろ考えて「団」という言葉を使った組織にしてますよね。ここに、すごい組織哲学があります。そういうのが非常に大事なんです。大きくなる組織って、組織哲学がきちんとあるんですよ。
あとは、テクノロジーを活用しようというマインドも非常にお強いです。スマホで生産性を管理する、ドローンを使ってデータを蓄積していく、それらの発想がテクノロジードレーンですよね。でも一方で、実際の現場には全然違う世界観がある。でもテクノロジーをうまく融合していきたい、という思想がすごくいいと思いました。この2つがあると組織は伸びるので、GREEN FORESTERSさんはこれから非常に全国に広がってくんじゃないかなって思います。

画像4

4. これからのGREEN FORESTERSに必要な「人」について。

岩田:組織拡大に向けて、これから仲間集めを積極的に行っていきたいと思っています。村松さんから見て、GREEN FORESTERSに合う仲間の要素があればぜひ聞かせてください。

村松:そこは、正直ちょっと難しいところですよね・・・。私は外野なので、あくまで客観的に第三者的にこう見えます、という話でお願いします。
2タイプいらっしゃるんじゃないかなと思っています。1つは民間にいる事業開発人材です。もう1つは、そういう世界ではないんだけども、山とか森林とかが大好きで、そこで一生熱中して関わり続けて生きていきたい方です。
前者についてですが、スキームを作って、ビジネスモデルを作って、それを全国展開してみたいなのって、この業界ではものすごいやりやすい。事業開の知識をちょっと使うと、劇的に改善できることが山のようにありますが、それをやる人が全然いないのです。
後者の方にとって、GREEN FORESTERSさんはすごく一生を預けやすく、安定して長期的に取り組んでいける、そういう会社なのかなって思います。働く人の生活の質が向上して、一生満足度の高い人生が送れるというのが働き方のコンセプトですよね。とてもいい環境だと思います。

岩田:GREEN FORESTERSへの応募を考えていらっしゃる方に、ぜひメッセージをお願いします。

村松:自信を持ってこの会社を選んでいただけるんじゃないかなと思うし、自信を持ってここで長くやろうって思っていただけるんじゃないかなって思います。やっぱり転職するときって、悩みますよね。本当にこの会社でいいのか、他の選択肢も考えたり。今の会社辞めてこっちの会社来てどうかな、とかって。自分の選択肢に自信をどれくらい持てるかっていうと、みんな悩むと思うんですけど、すごく自信を持っていい選択肢なんじゃないかなって思います。あとは転職した後も、本当にここに居続けていいのかなとか思いますよね。その理由を自問自答する瞬間ってあると思うんですけど、非常によい場所でよいことをやってる会社なので、長くいればいるほど、すごくいい成果になるんじゃないかなって思います。

岩田:最後に、GREEN FORESTERSへの応援メッセージをお願いします!

村松:やっておられる分野とテーマが、非常に長期的に重要性が高いと思います。そしてこの分野でやっている仕事の内容が、すごく考えに考え抜かれていて、この時代にドンピシャなものだとも感じています。自信を持っていいと思っています。これからも応援しています!

岩田:本当にありがとうございました!

▼合わせてチェック!
インタビュー全文公開
プレスリリース(株式会社GREEN FORESTERSが、村松竜氏の寄付による資金提供を受け、植林・育林事業の人材採用・地域展開を加速)
【林業 × 働く】代表中井に聞いてみた。「働くってなんですか?」
株式会社GREEN FORESTERSでの働き方:GREEN WORK
インタビュアー・ライター情報
■氏名:岩田遥
■所属:みどり荘長(総務・人事担当)
■紹介文:林業未経験で青葉組に参画。GREEN WORKERが働きやすい環境の実現すべく、東京本社にてバックオフィスを担当。木のこと、山のこと、自然のこと、林業のことを日々勉強中。山の中でぼーっとするのが好き。山に行きたい。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
森林や林業をテーマに、最新技術や取組、林業への考え等を発信します!「GREEN FORESTERS」は「森林が地域の基盤となる」ことを目指し、森林管理コンサル事業と造林事業を展開する会社です。https://www.greenforesters.jp