115日目

リハビリ日記 2019/05/24(退院115日目)



昨晩は服薬忘れ副作用の発生で、1時過ぎに就寝した模様。

なんとか6時半に目覚めたものの、かなりのきつさ。

ゆっくり起床し、無理せずのんびりリハビリ出勤の準備。



職場には連絡し、少し遅れて出勤。

午前中はきつさが残っていたが、診察日だったため病院へ。




診察にて。

副作用であるアカシジアは、薬だけでなく、意欲や元気、テンションの高さで出現している可能性があり、薬の調整は不要ではないかとのこと。

薬は変更せず、夜の過ごし方を工夫することにした。

また、リハビリ勤務について、順調であると伝えた。

話の中で、同僚でもあるピアスタッフの、休息の取り方や自身の症状を客観視する方法を参考にしてはどうかとアドバイスを受けた。

これから実践したいと思う。




診察の効果もあり、昼過ぎには復調。

勤務後は、職場の飲み会にも参加。

さすがに2次会には参加せず、帰宅。

飲み会は少しきつかったが、楽しかった。




帰宅後は、リハビリ日記褒め療法もせず、すぐに布団へ。

明日は念願のサバイバルゲームへ参加

このために、1週間がんばってきたから、楽しみ。



【まとめ】

昨晩は服薬忘れやアカシジアが発生したため、寝不足。

時間通りには起きたが、無理せずのんびりとリハビリ出勤。

きつさはあったが、なんとか復調し、仕事後の飲み会にも参加。

帰宅後は、明日のサバゲーに備え、早めに入床。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

働く人がうつで働けなくなる。その前に手が打てる方法を模索し実現することで、社会に貢献していきます。

これからも、うつやリワークなど執筆するので、よろしくお願いします!
1
2014年頃うつ病発症。休職と復職を繰り返し退職したのを機に精神保健福祉士の資格を取得。 ワーカーとして再就職するも、うつ病が再発し入院・通院治療を続けながらリワークに取り組む。 うつ、そして現代社会には傾聴が効果的だと気付き、啓蒙活動をしています。

こちらでもピックアップされています

精神科病院退院後のリハビリ日記(H31.2-R1.6)
精神科病院退院後のリハビリ日記(H31.2-R1.6)
  • 116本

H31年頃、うつで精神科に2ヶ月程入院していました。 うつ症状も落ち着き、自宅療養を挟んでリハビリ勤務を始めた頃に連載していた日記です。 リハビリのご参考になれば幸いです。 ※この頃のTwitterアカウントは、凍結され、現在は別アカウントへ移行しています。ご了承ください。 #うつ #精神疾患 #気分障害 #リハビリ #リワーク #復職 #社会復帰

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。