4大卒のゲームプランナーが「IPってなんですか…?」から始まった話
見出し画像

4大卒のゲームプランナーが「IPってなんですか…?」から始まった話

これは私が入社して1日目に発した言葉です。

IPとは「知的財産のこと、もしくはネットワーク上にある機器に一意に割り当てられる数値」のことです。

恐らくこの記事を読んでいる人の大半の人は
分かる言葉かなと思います。

こんにちは!G2 Studios 新卒ゲームプランナーのRです!


「プランナーになりたいのにわから~ん!」って人も大丈夫!
4大卒で基本感情的に動き、右も左もわからずネガティブだった私「明るくなったね!」「他の先輩から名前があがってるよ!」「話し方変わったね!」と言われるようになった理由として、ここ4ヶ月で気を付けていたことを伝えようと思います!少しでも力になれれば幸いです!

1.「調べてみたのですが、〇〇が分からないので教えてください!」

新卒なんて分からないことがたくさんあって当たり前!ですが、分からないことを気軽に聞けるのも新卒の特権です。

ここでポイントなのは「調べてみたのですが~」!

分からないから聞いてみる!というのも、もちろん良いことなのですが、自分で頑張ってみたけど分からない!のほうが何も知らない所からよりも、1段階上を教えてもらうことができます。
(調べたけど分からなかった!が伝われば◎)

先輩に聞くの怖いな~~とか思うかもしれませんが
聞きたいことが明確になっていれば、怒られることはなかったです。むしろ私は褒められた。(何度も同じこと聞く、などは別)



2.「このデザインのほうがいいと思う!」

ゲームを開発していくうえで、提案したり意見を言うことが増えてくると思います。

上記の言葉を発した時、
まず、最初に「なんで?」「どうしてそれがいいの?」と思う人もいれば、直接聞いてくる人もいると思います。恐らくこれだけを言っても、「それにしよう!」と言ってくれる人はいないと思います。

理由として

「このデザインのほうがいいと思う!」=自分の理想や要件が叶う!

の公式が成立するから発言した、と考えられます。

相手に納得してもらうには、自分が思い描いている理想や要件を可視化することができたら、もっと的確にもっと早く「よりよいデザイン」にゴールすることができちゃう!というのが私の考え!


下記の文の「可愛い」が良い例です。

例えば、私と友人Aさんが犬を見たとします。
私「わ~~かわいいね!!」
友人A「え?かっこいいじゃなくて?」
私「??、(なんで?)」


この時点で、人によって可愛いの定義が違うことが分かります。

な~にを当たり前なことを!!と思うかもしれませんが、日常の会話では、「へ~!そうか!!そういう人もいるのね!」で終わるところを

仕事で起きた場合は「なんでそう思うんだ?」を、解き明かしていかないといつまでたっても理解し合えないし、自分の伝えたいことが伝わりません。

そんな時に可視化をすることが大事です...!(天の声)
先ほどの可愛いに沿って考えてみましょう~!

可視化するときは
①やりたいことの優先度をつけて伝える。
②これだけは避けたい!という項目を作る。(あれば)
③相談事項があるなら明確に表示する。
④ジャンルに分けて要件を出す


例 実際にデザイナーさんへ向けたデザイン要件書↓

コメント 2020-09-08 151622


資料を作る前:ホーム画面はいい感じの雰囲気にしたい!のみ

上記の資料:ホーム画面は主人公が星空を見ている
      少し寂しげな雰囲気にしたい。
      主要機能へ遷移するボタンを配置したい。
      大きさ優先度:インゲーム>サブサイクル、実績

後者の伝え方のほうがデザイナーさんも何をすべきか、またプランナー(私)側に提案もしやすくなります!

それから、人って文字や言って伝えるよりも、画像や絵にして、頭の中に想像させる方が記憶に残りやすいし、共有スピードが速くなることを実感しました。(お互いはっぴ~)


3.「あれ…?今何の話してるんだっけ…?」

話し合いを行う上で、最初のころよくありました……聞くこともあったし、言うこともあった……(小声)

えっ聞いとけよ……って思うかもしれませんが、そんなことにならないように!以下の4つを決めておくことがいいな~と感じました。

① 主に何について話し合いたいのか、
  話し合いの目次(アジェンダ)を決めておく

② 目次によって話しあう時間を決めておく(多めにね!)

③ 何について話すのか、ただの案出しなのか、案決めなのかなどを
  最初に定義づけておく

④ 書記、進行役、タイムキーパーを決めておくと、なおよし!

話し合いを行う際の基本中の基本!でもこれまた難しい……私もまだ完璧にはできません。

でも、これを決めておくだけでも、進み具合と話し合いの分かりやすさが全然違います!

実際の話し合いホワイトボード↓

iOS の画像 (18)

最初から完璧にできる人はなかなかいないと思うので、
先輩や話し合いがうまい同期に
アドバイスしてもらうといいかもしれません!

まとめ

あくまでも私が経験して実践した部分なので
絶対ではないし
私と同じ思考回路の人がいたら、恐らく悩むだろうな~~~
と、思う部分を書いてみました。

少しでも参考になれたらうれしいです!(´▽`)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
G2 Studios株式会社の新入社員や若手社員のちょっとした記事を投稿していきます!