見出し画像

家が天から降ってきた話(シェアハウス談1)

こんにちは。
シェアハウスを2年間したフミカです。
どんな人と住んだのか!?というプロローグはこちらから。
ではいくよ!

シェアハウスをまずみんなが拒む理由の一つは、家を決めるのがめんどくせえ!
っていうのがあると思うんだよね。
 ボクらも例外なく、そうでした。
間取り、立地、価格、、、。
 そして何より、シェアハウスを許可しているオーナーが少ないんだよね!
その理由は、仲違いしたり(←なかたがいって読むよ)すると、長く住んでもらえない。とか、うるさい。とか様々な理由があって、あんまり好まれないんだ。
だから、ボクらも意気揚々と不動産屋さんに3人で入って行ったら、びっくりされちまったんだな。

1.家探しの旅

当時ボクらは日曜日しかスケジュールが合わなくて、日曜日に家探しをしていたんだけど、なかなか見つからなかったんだよね。
それぞれ、働いている場所も職種も違うし、家の大きさとかも結構好みが別れたんだ。
例えば、保育士くんは、「3人同じ部屋でワンルームでええやん!
って言っていたんだけど、(結構カオスだよね。男が3人川の字で寝るとか)
コックさんは、別々の部屋がいいとか。
 お風呂は大きいほうがいい。とか、そこにそんなにお金かけるか?とか。
 もうとにかくすり合わせるのも大変だったし、そもそも、シェアハウスさせてくれる家を探すのも大変だったんだ。

画像1


んでも、いくつか良さそうな家があって、内見とかもしたんだよね。

2.家が天から降ってきた。

それで、大体この中のどれかで決めよーかー。って言ってた時期に、コックさんが東北支援のボランティアに行ったんだよね。
 その時、一緒に行った教会のメンバーの人が、こう声をかけてくれたんだって。

「お家、貸しましょうか?」

みんな聞いたことある?こんな声かけられたことある?
あるわけないよね!?オレもないわ!
でも、なんと、その人のお家がちょうど空いていて、声をかけてくれたの!
まさに天から家が降ってきた話だよね。
んで、ボクらは、早速そのお家を見に行って、決めたの。

ここに住もう!

って。奇跡の瞬間だったね。
立地も良かったし、部屋数も3つ。最上階のマンションで眺めも良かったんだ。

画像2

3.お金が絡めば赤の他人

これは、保育士くんがよく口にしていた言葉だったんだけど、家賃の割り方って結構重要だよね。
っていうのもお借りしたお家は、リビングを挟んだ和室と、廊下に面して鍵のついた部屋2つっていう間取りだったんだ。
 それぞれの部屋の大きさも違ったし、家賃を3で割るには少し、損得が出ちゃうんだ。
だから、ボクらは部屋の大きさに応じて、それぞれで値段を決めたんだよね。
 お金のことは事前に決めておく必要があるね。

画像3


 たとえすごく仲が良かったとしても、お金が絡めば赤の他人らしいからね!!
 さてさて、お家が決まったボクたちはとうとう引越し作業へと移りました。
 それはまた次回だね!

ボクと直接コンタクト取りたい人はこちらのTwitterから
ボクが毎週やっているクラブに参加してみたい中高生はこちらから



この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがと!!
10
みんなの高校生活が最高なものになるように応援する応援団。 夫。hi-b.a.というキリスト教団体のスタッフ。 シェアハウス/元ホームレス/哲学。 ぼちぼちいきます。 ラジオやってます。読書会主幹。 高校生向けのブログです。

この記事が入っているマガジン

シェアハウス日記
シェアハウス日記
  • 13本

男3人によるシェアハウス体験談! 笑あり、涙ありの最高な2年間。 あなたに届けたい!人の温かさ。

コメント (1)
読ませていただきました!素敵な記事ですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。