food104 magazine 編集長

大学教授、食のジャーナリストがインターンシップ生と一緒に「外食・農・観光」トレンド予測に役立つ情報を編集長noteで紹介します。「food104magazine」はフードサービスコンサルタントで、元立教大学教授 王利彰が20年間、毎週水曜日配信、会員数5000人以上。
    • 日本各地の食情報

      外食コンサルタントの視点で、興味のある飲食店で実際に食べて、飲んで、感じたことをコラムにしています。王は、大手ファスト・フード、大手居酒屋、大手ファミリーレストラン、大手ホテル旅館、大手食品メーカー、大手食品卸売業、サービス業等へのコンサルティングを行っていました。

    • 週刊food104

      food104メールマガジンの内容をnoteにアップします。 国内海外の専門家の視点で、下記の内容についてお伝えしています。 テーマはF&Bマーケティング、飲食店、厨房、衛生管理、観光、宿泊、インバウンド、農業、地域の魅力、6次産業、ファーストフード、ミシュラン、女性活躍推進、オーガニック、EC、DX、料理人、コンクール、サーヴィス、ワイン、焼酎、日本酒など

    • 食ビジネスニュースリリース

      週刊Food104は食関連ビジネス向け情報のネット配信メールマガジンです。 毎週、食関連ビジネス企業のプレスリリースをお届けします。

    • 南イタリアプーリア便り イトリアの谷の食卓から

      ブーツの形をしたイタリア半島のちょうどとがったヒールの辺りがプーリア州です。 数年前より、欧米人のヴァカンス先として大変注目を浴びています。  プーリアといえばイタリアの食料庫といわれる程の一大農産地でオリーヴオイル、ワイン用のブドウをはじめ多くの野菜や果物がイタリア1番の生産量を誇ります。また、この地特有の地元でしか食べられない産物も沢山あります。 プーリア料理の身上は新鮮な食材をシンプルに食す事。 この地で生産されるチーズやワインもその料理と切っても切れない関係にあります。そんなプーリアの我が家の毎日の食卓に上る食べ物、飲み物たちをご紹介させていただきます。 ダプーリア 大橋美奈子 有限会社ダプーリア http://www.da-puglia.com/ 大橋美奈子プロフィール http://www.da-puglia.com/archives/000047.html

    • 「食・農・宿泊」観光・販売促進を支援する専門家マガジン

      編集長石川は、農家の6次産業化支援や、首都圏販路開拓、観光地域づくり法人(OTAなど)や、地方公共団体へ、インバウンド観光に関する専門家として、訪日外国人旅行者の広域周遊観光促進に向けた地域の取組を支援しています。日本には魅力的な地域がたくさんありますが、そこに住んでいる方は気付きにくいものです。「食・農・宿泊」の専門家としての視点で、地域の新たな魅力や課題等の発掘、施策の提案及び地域の観光関係者のスキル向上等に役立つアドバイスをしています。 また、food104magazineの過去記事の中には、食を通じた地域おこしの成功例、イタリアプーリアの事例など、ノウハウがたくさん溜まっていますので、人気記事をピックアップしてご紹介します。

マックのマニュアルその8

 前々回、マックフライポテトの細かい数字管理をお話ししました。もう一つあいまいな表現にサービスがあります。マックが大事にするQSCの中で一番あいまいなものがサービ…

100

食ビジネスニュースリリース --5月19日-5月25日

■スシロー、「一番くじ」販売。エンタメに徹し、フード以外も売るよ。 フードリンクニュース https://www.foodrink.co.jp/news/2022/05/2083911.php ■元アークランド・…

イタリアと日本の夏旅行

プーリアでは最高気温が連日30℃超の真夏日が続いています。朝10時を過ぎると暑くて外での作業は厳しくなります。 5月中にこの暑さというのは例年ではありません。今年の夏…

【ひばり工房】

阿蘇は、東西18キロ、南北25キロの世界最大のカルデラ火山です。世界遺産になれないほど、先史以来ヒトが暮らし開拓をし、草原では牛を飼ってきました。 草原で放牧される…

新業態チェック。渋谷と吉祥寺

コロナ過で外食が減りましたね。でも新業態はなるべくチェックしていますよ。 1)生パティが魅力の本格グルメバーガー専門店「BLUE STAR burger Gourmet 113 渋谷宇田川…

100

食ビジネスニュースリリース --5月12日-5月18日

■「飲食M&A」、買い手登録5千件に。固定客を持つ個店が人気。 フードリンクニュース https://www.foodrink.co.jp/news/2022/05/1180330.php ■サイゼリヤ、60歳以上もキ…