えり

本を読むのが好きです。文章を書いていきます。
    • 日記に似たもの

      日記に似たもの

      • 11本
    • 書評みたいなもの

      書評みたいなもの

      • 8本
    • 小説のようなもの

      小説のようなもの

      • 3本
    • エッセイ:汽水記

      エッセイ:汽水記

      • 4本

      文学作品に重ねて、思うことを綴ります。

2021.04.23 月光と海月、2021.04.24 仔牛を抱えて本屋に

【2021.04.23】  金曜日。起きたのは9時半頃で、よたよたとベッドから這い出て半ば寝ぼけたままトイレ、浴室、台所まわりを掃除した。有給休暇の連絡を派遣元の会社にす…

2021.04.21 早めの週末

 あんみつ、トコロテン、水羊羹。通勤経路の路地の店屋の、ひらひらはためく幡に涼しい言葉が増えていく。  あしたは有休を取ったので業務ペアの同僚に引き継ぎをして、…

2021.04.19 小魚を逃がしていく

 残業を2時間近くして帰宅。あたまが疲れ果てており、チーズ牛丼と唐揚げと肉団子という組み合わせで晩ごはんを調達してきてしまった。  マスクをしっ放しで一日じゅう…

2021.04.12 いつのまにか流れていく、2021.04.13 雨とデマと生駒

【2021.04.12】  まだ朝夕は冷えるのに紫外線ばかりが先走ってつよくなりはじめた気がする。  出勤途中にいつも通りがかる路地の八百屋、板を出して並べられているくだ…

2021.04.10 呆ける身体、2021.04.11 青々と春夏

【2021.04.10】  待望の週末。朝は10時半頃に一度目が醒めて、そのままベッドのなかでまどろみ、起き上がったのはお昼前。  とにかく空腹だったので、きのう週末分をま…

2021.04.08 電気を止められた

 ゆうべ21時50分頃、大学院のゼミの聴講を終えタバコを吸い王将をたらふく食べて帰宅すると、いつもなら玄関まで薄っすら届いてくるはずの苔用の育成ライトの光がない。真…