6秒

大学のころ見た、ドキュメント映画の「日本鬼子」(リーベンクイズ)という映画を、Facebookのやり取りで思い出した。
http://www.magazine9.jp/article/kunio/14869/

(きっかけは川崎での事件に対する、SNSでの「死ぬなら一人で…」はやめよう。の呼び掛けから。)

この映画は、
教科書では習わない歴史観をありありと、切実に制作されている。映画館から帰る時、世界がグラグラとしていたのを思い出す。

撮影に協力した面々が「生きてる」(当時)のが驚きで、心の内がどうあれ、スーパーや駅で会っても当然気がつくことなく「人が作る社会」に、ただ溶け込んでいること。映画がなければ近しい人に知られるのみだったのだろうこと。それは日本社会の取りこぼしではないか。と強く感じたのです。…私の考えとしては「死刑相当」とかでなく、日本の歴史の証言者としての機能を抹殺していること。
(着手には相応の時間を要したのだろが)

日本人が努力して今の社会を作っていることは確か。
しかし、上っ面の正しさや美しさ。効率化する社会だけを求めても、清廉潔白な家計に生まれた人間なんて存在しないことを考えると、副作用が起こるのも合点。

この映画は、本当にひどい。けれど、ひどいことをする人間が、本当に「酷い」のか。
問いかけるドキュメンタリーだと思う。
日本人を集めているが、これは世界各地で人生を狂わせた「戦争」の体験者「その人」一人一人の持つ、人生における悔やみを現している。


猟奇的な行動がおこる「不可思議」の根元を知ろうという時には、俯瞰で歪みを見なければならない。

余談だが、
先日終えた個展で、戦中のことを語ってくれる人が多くいたり、
難民キャンプで移住してきた方が「居心地がいい」と言ってまどろんでくれたり。。。
オシャレな喫茶店で話すには躊躇する会話が引き出せたことが、一番の成果だと思っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

http://enosato.com 絵描きです。思考は崩壊、或いは、超安定。2歳㊛と4歳㊚の育児中。 絵を描くことを続けるに当たっての考えなどをノートとして綴っていけたらと思います。 文体やの乱れ、誤字などご指摘ください。意識なども、心変わりあれば、上書変更していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。