見出し画像

【CAWAZ base】埼玉・日高で「働く」と「遊ぶ」を融合したワーケーション

droppin by NTT Communications

こんにちは、NTTコミュニケーションズ提供のワークスペース検索・予約アプリ「droppin(ドロッピン)」公式noteです。
今回は、埼玉県日高市の「CAWAZ base(カワズ ベース)」様をご紹介いたします。

droppinアプリの予約画面

「仕事」と「余暇」を同時に楽しむ「ワーケーション」を初めて体験する場所としてオススメですので、ぜひ最後までお読み下さい!

「東京から一番近い田舎」でテレワーク

CAWAZ baseは、都心から電車や車で約1時間半ほど、高麗川(こまがわ)の流れが涼しげな奥武蔵の自然環境に恵まれたエリアに、2021年にオープンした複合型ワーケーション施設です。
駐車場もあり、車で行くことも可能ですが、今回は池袋から西武線で向かいました。飯能駅からバスに乗るか、西武秩父線に乗り換えて、最寄りの高麗駅から徒歩で15分でアクセスできます。

緑に囲まれたCAWAZ baseのエントランス

カフェに併設されたコワーキングスペースは、古民家をリノベーションした落ち着いた空間です。普段、在宅勤務などで一人で孤独に仕事をしている方にとっては、スタッフさんや他の利用者さんと同じ空間で過ごす楽しさを感じられると思います。

カフェ&コワーキングの落ち着いた店内

空調が効いた涼しい店内は、静かなBGMが流れ、窓の外に広がる自然を感じつつ、ワークにも集中できる絶妙なバランスの空間づくりになっています。

窓の外に見える緑に癒やされる

部屋の一角には、薪ストーブもあり、夏だけでなく、冬も含めた季節ごとの良さを感じられそうです。

薪ストーブがおしゃれ

アネックス棟のワークスペースをチェック

CAWAZ baseでは、カフェ&コワーキング棟の他に、離れになっているアネックス棟のワークスペースも利用可能です。

アネックス棟の外観

地元産の西川材を活用しリノベーションされた室内からは、近くを流れる川のせせらぎだけが聞こえて、まるで森の中でワークしているような開放感を感じられます。

アネックス棟のワークスペース

ワークスペースの奥には、オンライン対応の個室ブースもあり、本格的なテレワークにも対応可能です。

扉で仕切られた個室ブース

お隣の部屋は、チームでも使える個室になっていて、オフサイト会議など、滞在型のワーケーション利用にも良さそうです。

キャンプ道具を使った会議スペース

裏の川で「エクストリーム・ワーケーション」!

アネックス棟の横からの小道を抜けると、高麗川の美しい流れにすぐにたどり着くことができます。

小道の先には美しい川の流れが

CAWAZ baseでは、焚き火やキャンプなども可能で、用具も貸し出してくれます。
そこで、無料でレンタルできる「キャンピングチェア」をお借りして、ぜひ一度やってみたかった、川の中での「エクストリーム・ワーケーション」にチャレンジしてみました!(笑)

PCを川に落さないよう注意しましょう!

「エクストリーム・ワーケーション」とは、あえて大自然など仕事をするには厳しい環境下でワーケーションをすることで、自分のワークスタイルの「極限」をどこまで拡大できるか考える視点を提供してくれる活動です。
ご興味ある方は、こちらの記事などが参考になります。

カフェでランチ

外でのワークを終えて、再び涼しい室内に戻り、コワーキングプランでセットになっている「ワンドリンク」として、オリジナルブレンドの豆で入れたアイスコーヒーを頂きます。

爽やかな酸味が美味しい

しばらくワークしたあと、カフェでランチを頂くことにしました。移動せずに食事ができるのも、CAWAZ baseの魅力の1つですね。

いろんなランチメニューから選べます

「和香味キーマカレー」も美味しそうでしたが、スタッフさんオススメの「BBQプレート」を頂くことに。地元の農家さんから毎日仕入れている、無農薬・無化学肥料の野菜を多く使ったお野菜が多く使われています。

BBQプレートはお野菜たっぷり

店内では、そのお野菜も販売していて、新鮮な無農薬野菜を買うことができます。

地元の農家さんが届けてくれる野菜たち


スタッフさんにインタビュー

CAWAZ baseの責任者の北川さんに、オープンの経緯やワークスペースの魅力についてインタビューさせていただきました。

庭に設置されたキャンピングトレーラーを案内してくれる北川さん

【droppin】「CAWAZ」という社名の由来は?
【北川さん】
この辺りの田んぼでも多く鳴いている「カジカガエル」から、デザインや文字つづりを検討して決めました。
地元にUターンした自分にとって田舎の原風景なので、様々な活動を通じてイノベーションを牽引しつつも、古き良き原風景を大切にしたかったので、このネーミングにしました。

トレーラー内もおしゃれな空間

【droppin】「CAWAZ base」が大切にしていることは?
【北川さん】
単にカフェやワークスペース、楽しい遊び場を提供するというだけではなく、将来に向けたより大きなビジョンとして、日高市や高麗エリアを活性化してゆくことを目指しています。
施設を運営していると、毎日いろいろあって大変ですが、自己満足でなく、あくまでサービスを使ってくれるお客様や、地域の住民の方々に貢献できる活動にしたいと思っています。

テントサウナなどの交流イベントも開催

【droppin】どのような人たちに来て欲しい?
【北川さん】
いま利用してくれている人たちは、働く環境にこだわるフリーランスや、自由な発想で従来の働き方にこだわらない先進的な方々です。
非日常を消費するのではなく、日常をアップデートしている感じです。

今後は、普段は無機的なオフィスでスーツを着て、現状の働き方に違和感を感じているような方々に、ワーケーション的な働き方を試す入り口として、ぜひ一度、来てみていただけたらと思います。
何かが吹っ切れて、新たな扉が開くかもしれません。

地域で活動される方々の情報にも触れられます

CAWAZ baseの利用はdroppinから

今回取材させて頂いた「CAWAZ base」は、「droppin(ドロッピン)」から利用予約が可能です。「経路表示」機能を使えば、初めて行くワークスペースでも、迷わず効率的に移動ができます。

ワークスペースで使えるお得なクーポン情報も掲載されていますので、ぜひこの機会に、droppinアプリをインストールしてみてくださいね!

店舗情報

🏠住所 〒350-1245
埼玉県日高市栗坪46
🚃アクセス 西武秩父線高麗駅から徒歩15分
(圏央鶴ヶ島インターもしくは飯能日高インターから15分)
🚗駐車場 15台(無料)
🕰営業時間 10:00-18:00(カフェ営業は11時~)

この記事が参加している募集

リモートワークの日常

アウトドアをたのしむ

droppin by NTT Communications
今日の仕事場探しに使える、ワークスペース検索・予約アプリ「droppin」のnoteアカウントです。全国様々なワークスペースをアプリ1つで利用できる、ニューノーマル時代の働き方に必須のアプリ。 公式サイト→ https://nttcom-droppin.com