Yoshiro Morimoto 森本 義朗

勝手に思うことをなんとなく気が向いたら、書きます。

Yoshiro Morimoto 森本 義朗

勝手に思うことをなんとなく気が向いたら、書きます。

    マガジン

    • IAIR@note

      • 181本

      IAIR(一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会)の活動報告、コラム、講義やイベントなどの紹介もしていきます。 https://iairjapan.jp/

    • 個人的趣味

      ミスター下手の横好き、森本個人が好きで勝手にやっていることを紹介していきます。

    • TGA「組織滑走法®」の細かい部分

      • 5本

      IAIRの推奨している徒手療法「TGA:組織滑走法®」に関する細かい記事をまとめています。 <公式HP> https://iairjapan.jp/tga/ 人体の「なぜ?」などにも触れている、幅広い知識を見たい方におすすめです。

      • IAIR@note

        • 181本
      • TGA「組織滑走法®」の細かい部分

        • 5本

    最近の記事

    個人の意見です。

    関わっている訪問看護ステーションよりお仕事のご協力依頼が来ました。どうやら介護保険事業にも、自費サービスの導入の検討が始まっているようです。 私もこれまで様々なリハビリテーションに関わるサービスを行ってきましたが、自費サービスの導入を身近で始めるということもあり、時代の流れを強く感じました。 自費ってなんだ問題は自費サービスの定義がまだ明確でないことです。逆に言うと保険内サービスの定義が何なのかという点で考えさせられます。例えばエビデンスベースであることが条件であるならば

      • いろいろと報告

        前回、VOICE in という機能を試してみました。今回もVOICE inで話をしながら、同時に添削もしていきます。 タイピングをしながら、話しながらという連続の作業で、割とシンプルに作業ができます。 報告今までファシア(Fascia)についていろいろ記事を書いてきましたが、今後、ファシアについては自分の所属している協会のコラムで書いていきます。 ではnoteをどのように使っていけばいいでしょうか。 ここは難しいところですが、自分の個人的な思いなんかを雑記のようにして書い

        • Chromeで音声入力できるVoiceinを試してみた。

          これでどうでしょうかできますかできそうですねノートにですねディクテーション機能を使えるかどうか試していますやはり句読点は難しいようですがChrome の拡張機能で十分に試すことができましたキーボードを打つよりもかなり早いペースで文字を入力することは可能ですやはり句、問題は残ってます最近 FM ミーティングがもうになりノート戦記16をどこで残すか問題というのがかなりあるんですが Chrome の拡張機能を使えば比較的容易に記録を残すことができるのではないかと思います皆さんの声も

          • なにも思いつかないので今日はこれだけ。 人間万事塞翁が馬。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • IAIR@note
            齋藤信@シゴトバ 他
          • 個人的趣味
            Yoshiro Morimoto 森本 義朗
          • TGA「組織滑走法®」の細かい部分
            リハカレnote 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            組織はどんなときに変化するのか

            ↑こちらの記事でも書いたようにImmediate Term Goals(ITG)的な視点は非常に重要です。即時的変化を信用しない、あるいは否定する医療業界の方は非常に多いですが、これはその医療従事者が疾患に対するエビデンスのある医療を提供することに価値をおいているときに多い傾向があります。 日本語が難しいのでもっとざっくり言うと、ITGを否定する人は疾患を見ている人が多いです。 極端な言い方で例えると「そこまで言うなら脳卒中の麻痺を改善させてみなよ」とか言う人です。 と

            サブウェイタイルが好きだ

            NYの地下鉄と言えばタイルです。 あの白に黒目地のタイルが好きです。 理屈じゃなく、なんか好き。 トイレでもカッコいい。 完全にこれはサンワカンパニー社のタイルだな、、とか想像してしまう。 完全にトイレ。

            生物心理社会モデルを考える

            Bio-Psyco-Social Model(バイオサイコソーシャルモデル:BPSM)をより深めるために本を読み返しています。 最近、多疾患併存状態(マルチモビディティ:Multimorbidity)という、考え方が総合診療医(GP)の先生からよく言われています。 自分が講義してたときにもマルチモビディティに関しては取り上げていましたが、こういう考え方をしていくうえでもBPSMの考え方は非常に重要だと思います。 *最近マルチモビディティを「マルモ」と呼ぶそうなので乗っか

            なんでも絶対に飽きる男が10日間noteを続けられた理由

            と、いう大層なタイトルをつけたものの、何かしら続けられない方を救う方法を持ち合わせているわけではございません。 極端な性格私はぶっちゃけ飽き性です。 極度の飽き性です。 そこらへんにいる飽き性の方とはレベルが違います。 常に、前しか見えません。後ろに立てた目標とか殆ど覚えていません。 なので、最近はメモをしっかり取るようにしています。率先してひっそり書記してみたりもしています。 最初と最後がnoteも書こうと思っていたこととオチが全く違うことがちょくちょくあります

            リハビリテーションを探究し続ける

            以前にOODAループの話をしました。 そして、ゴール設定の話をしました。 当然ですが、基本的にはゴール設定は重要な我々のミッションであると今もなお強く思っています。 ↑こちらで書いたとおり、STGやLTGから幅を広げ、ITGやXLTGの視点も必要だ!とも思っています。 OODAループで回転させるPDCAというソフトを使い、OODAループというハードを回転させ、ITGからXLTGまでグラデーションで評価することが重要だという理想像自体は強く持っています。 ところが、医

            ニュー・シネマ・パラダイスが好きだ

            個人的に好きな映画が誰にでもあると思いますが、私の人生で今の所一番だと思っているのは「ニュー・シネマ・パラダイス」です。 なんなんでしょうか。 小さい頃も、青春時代も、家族も、そしておじさんになった今になってもそれぞれの感情を思い出す、不思議な映画です。 ちなみに姉の勧めで初めて観た10代の頃はよくわかりませんでした、正直。 でも二度三度と観るたびに、本当に深く染み入ってくるんです。ホント不思議。 そして、音楽もまた最高に素敵なのですが、それを作ったのが映画音楽の巨

            扁平足にアーチ矯正!?身体にはどんな影響があるのだろう

            オーダーメイドインソールってたくさん作られていますけども、どのような影響があるのだろうか、と調べています。 興味深い研究がありましたのでピックアップします。 今回の論文は扁平足が対象、です。 The Effect of Arch Height and Material Hardness of Personalized Insole on Correction and Tissues of Flatfoot インソールのアーチ高さと素材硬度が扁平足の矯正と組織に与える影響

            オーディオ・インターフェース

            ここまで貯めに貯めてきた楽天ポイントを使って、、今回、、 新しい機器を手に入れました(ポイントは減ったけど実質無料)! オーディオインターフェース。 EVO4! イーヴォ、って読むそうです。 この風貌にやられました。 かっこいい。。 もう箱からかっこいい。。 サムネと同じ画像でもやっぱかっこいい。。 最初接続時のFIRMWARE UPDATE画像もかっこいい。。 設定後の連動画面もかっこいい!!! いやー、楽天ポイントで清水の舞台から飛び降りたかいがあり

            筋膜、Fascia(ファシア)は加齢に伴いどうなるのか

            さて、最近note頑張って更新していますが、今日も始めていきましょう。 注意:今日は長いです。論文に興味ない方は一番最後がオチですので飛ばしてください。 昨日の記事で書いたことの最後に本題に入れなかったと書きましたが、個人的に気になっていたこととして筋膜、Fascia(ファシア)に限らず徒手療法の世界ではよく即時効果を謳うことが多いですが、それは超長期的な変化にどれほどの影響力があるんだろう、という疑問です。 Frontiers in Physiologyという雑誌の2

            筋膜、Fascia(ファシア)について続き

            私の記事で最も読まれている記事は コチラです。 随分前に書いたものですが、これです。 ♡マークはたったの9ですが、これです。 未だに定期的に読まれるのでなんかあるのでしょう。 きっと「筋膜」という言葉が好きなひとが多い、ということと、「Fascia(ファシア)」がNHKでも取り上げられたから、と推測しています。 コチラが有名ですね。 このサイトに出てくる成田先生も沖田先生もPTですね、教授だしすごい。 上記NHKの記事にしても基本的に「組織」に着目していますが

            リハビリ職として

            これまでやってきたこと私はこれまで色々経験させてもらってきました。 当時の「慢性期」と呼ばれていた時代に始まり、最もトレンドだった「回復期」。「急性期」も少し経験しました。 「通所リハビリ(デイケア)」、「訪問リハビリ」、「通所介護(デイサービス)」。 有料老人ホームは経験ありません。 あと治療院での自費のリハビリ、美容クリニックでのボディケアも経験しました。 あとは健康経営サポート、化粧品のプロモーション、一般社団法人運営、株式会社経営、あとは個人事業主。 研究

            デスクをキレイに見せるため

            前回の記事で、配線がやっぱり気になる、という話をしました。 配線が汚いと映えない配線が見えるだけで、写真撮ってもどうも映えません。どうしても気になるので配線を整えることにします。 気になる点、まずPC周り。 クラムシェルはいいMacBook Proを使っているのですが、自宅ではできるだけ快適に過ごしたい、ということでデスクトップ仕様に変えるためクラムシェルモードにしています。 こんなふうにMacBookを閉じても USB-Cでうまく配線を整えるだけで こんなふうに