子どもの心と体を育むレシピ

5

焼きりんごを作ろう!

秋ですね。おいしい季節。
でも、今年は台風の影響で秋の味覚にも影響が出ていますね…。

食べ物は「産地」を通して「地理」への興味を広げるきっかけとなりますが、今のように台風被害があれば子ども心にもより身近に感じるものです。
長野県のきのこ、りんご。もしも食べることができたならば、台風の危機を乗り越え食べられることに感謝をしながら大切に味わいたいものですね。

そんなりんごを五感で楽しむ食べ方を

もっとみる
ありがとうございます♡
3

0歳から作れるお味噌汁|乾物味噌汁

📍用意するもの
味噌‥適量
乾物‥適量(鰹節、とろろ昆布、お麩、乾燥わかめ、海苔など)
お湯‥適量

作り方

①お好みの乾物と味噌を混ぜる。
②お湯を注いて好みの濃さにする!

これだけで、美味しいんです

またまた手抜きなレシピが完成です!(料理自体も手抜きですが、それを綴るレシピすら手抜きというズボラさ‥)でもこれで十分に美味しいお味噌汁が完成するからすごいんです。強いて言うならコツが

もっとみる
やった!ありがとうございます!
8

干し木の子をつくろう!

いまは一年中食べることのできる木の子ですが、やっぱり天然ものの旬は秋。お天気が良ければその旨味を倍増させる天日干しにしてみましょう!栄養価もUPした保存食になります。

時間をかけて、物の状態が変化すること。
子どもにとってはとても楽しい観察時間です♩

必要なもの
●木の子(お好みの種類)‥適量
●平に広げられる籔のようなもの

材料も作り方も、なんてことはないのです。
ただ木の子を干すだけ。

もっとみる
わぁ!うれしい!
1

醤油麹をつくろう!

材料
醤油・・・適当(100〜200cc程度)
生麹・・・適当(100〜200g程度)
昆布・・・10㎝角

①ボウルに生麹を入れて手でほぐす。

②保存容器へスプーンを使って麹を移し入れる

③昆布を投入し、麹が隠れる程度に醤油を注ぐ。

④蓋を閉めて、常温で保存。毎日定期的にかき混ぜ空気に触れさせる。麹が醤油を吸って少なくなったら醤油を足す。

⑤1週間ほどして麹の粒が柔らかくなり、全体的に

もっとみる
やった!ありがとうございます!
2

ハロウィンおやつを作ろう!

材料--- マフィンカップ6個分
●かぼちゃとにんじんの重ね煮‥50-60g  ※作り方は最後にご紹介
●バナナ‥1本
●米粉‥160g
●BP‥大さじ1
●甘酒‥大さじ3
●油‥大さじ3
●豆乳‥大さじ3
●お好みでナッツやレーズン

作り方

①バナナ1本+かぼちゃの重ね煮で120gになるように計量する。(かぼちゃの皮は剥いて④で飾りにします)

②甘酒、油、豆乳を計量して①に投入し、ハンドブ

もっとみる
きゃー!うれしい!
5