ロング_NOTE

ロングボーダーの憂鬱 総合ページ

● 第一話 Don't Let Me Down

 ──最低だ。
 なんだってこんなことになっちゃったんだ?
 新垣海は戻されたテスト用紙を見つめながら呆然としていた。
 ──確かに、勉強なんて手についていなかったさ。それは認めるよ。でも、この点数は……。
 受け取ったテスト用紙に書かれた赤い数字を見た瞬間、目の前が真っ暗になっていた。
 頭から血の気が引いて、背中にはじっとりと冷たい汗を感じながら、海はただただテスト用紙を見つめた。絶望感という言葉の意味を、いまはじめて身をもって体験している自分に、大きな戸惑いを感じながら、半ば泣きそうになっていた。
 授業の終わりを告げるチャイムが鳴った途端、海は教室を飛び出していた。
「新垣!」
 続く

● 第二話 Rough Boy

 京急新逗子駅を出て新逗子通りをJR逗子駅の方へ向かって歩くとほどなく左側に半地下の入り口が見えてくる。「Rough Boy」の看板が出ていた。
 階段を降りきってドアを開けると左側にはL字型のカウンターが、右側にはテーブル席が三つ並んでいる。壁は木目が横に走り、飴色にも似たアンダーな色調が店全体を落ち着いたものにしていた。
 カウンターの奥には棚が設えてあり、さまざまな酒瓶が並んでいた。入り口近くにはバーボンやウインスキーなどが並べられていて、店の奥側にはスピリッツ類や焼酎、さらには中には日本酒もあった。
 カウンターの中にろくさんがいる。
 腕組みをしながら向かい側の壁にある時計を見ていた。
 やがて時計の針は17時を差そうとしていた。
 ろくさんはひとり頷くと店内に音楽を流した。ZZ Topの「Rough Boy」だ。この店の名前もここから取っていた。店内に流れるギターのリフを確認すると、ろくさんが声をかけた。
「真夏ちゃん、看板頼む」
 続く

■ 電子書籍 ePub 版「ロングボーダーの憂鬱」の販売開始
NOTE で無料公開した「ロングボーダーの憂鬱 1 Don't Let Me Down」と「ロングボーダーの憂鬱 2 Rough Boy」。

ろくさんを逗子では知らない人はいないというサーファー。けれどその過去を知る人はほとんどない。そして、彼の心に深く刻み込まれた傷は、いまだにそのまま。その心の傷は癒えることがあるんだろうか……。

そんな彼とひとり娘にまつわる物語が短編連作の長編で紡がれていきます。
逗子を舞台にした、熱く、そして切なく、心に沁みる物語。ぜひご愛読ください。

サーファーたちのバイブルとして読み継がれていくような作品にしたいと願って書きました。
ぜひご購入をお願いします。

「ロングボーダーの憂鬱 」ePub 版 価格 ( 税別 ) 各 ¥ 500 -
http://digitaldreamdesign.co.jp/epub/longborder.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
夕焼けフォトグラファー / 物書き / デジタルコンテンツデザイナーの癌サバイバー、竹井義彦です。 逗子の海の写真や、オリジナルの小説をメインに公開しています。よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。