最近の記事

#23 写真は嘘をつかない。

2024年6月3日〜9日 自分は本当の気持ちを伝えきれないことがよくある。 コミュニケーションをとることが苦手ではないのだけれど、大切なことほど言葉を飲み込んでしまう。 写真は「真実を写す」とよく言われるけど、普段そういうことはほとんど気にしていない。でも、過去に撮ってきた写真を見てみると、写真は嘘をつかないなと思う。 写真の中に存在している僕たちの日々は間違いない現実としてあったものだから。 そこに写るものは誰にも否定されない。 写真で気持ちが伝わればいいなんて、都合

    • #22 道半ば、なんだか湿っぽい。

      2024年5月27日〜6月2日 一週間ごとに日々を振り返り、こうして文章を書き始めると、 あまり書くことないなと思ってしまう週もある。 もちろんいろんな出来事が起きているので、何も気にしなければ書くことはたくさんある。 でも、一日一日というのは、何かに向かっている道半ばなので、うまくいった日があったとしても、結局は反省や悔しさに包まれた一週間として振り返ってしまう。 「なにくそ」という気持ちなので、決してネガティブな気持ちだけではないはずだけど、文才足らずどんよりとした

      • #21 ここで腐ってはダメだと思ったけど、まだ実ってもいなかった。

        2024年5月20日〜26日 なかなかうまくいかないことばかりだなと、つくづく思う。 不貞腐れてしまいたくなることもある。 でも、よくよく考えてみれば、腐るほど実っているものもなかった。 かろうじて根はある。根は腐らせてはならない。 写真を撮っていればそれだけで幸せと言いたいところだけど、誰かに届かなければ写真家として生きていけない。 もっとたくさんの人に写真を届けられるように頑張ります。

        • #20 写真は身体表現

          2024年5月13日〜19日 先週、捻挫をした。 どうやら自分は身体の調子が悪くなると写真を撮る回数が少なくなるようだ。 今週はとびっきり写真の数が少なかった。 つくづく写真は身体表現なのだと思った。 もちろん身体が思うように動かなくても写真は撮れる。 でも、自分にとって身体が動くことはかなり重要であることに気がついた。 テーピングに巻かれた足の一枚くらい撮っておいてもいいんじゃないかと一週間前の自分に言い聞かせたいが、きっとそういうものには関心がないのだろう。 写

        #23 写真は嘘をつかない。

          #19 写真の量と質

          2024年5月6日〜12日 なにごとも、その道を極めていく過程で、「量と質」どちらをとるのかという問題に直面するのだが、写真においてはどうだろうか。 先日、写真における「量と質」について質問をされて上手い答えを出すことができなかった。ほとんど適当に答えてしまったので、何と言ったのかすら覚えていない。 このnoteに関わって言えば、量についても質についても考えていない。 強いて言えば、量は撮っている方だが、たくさん写真を撮ろうと思って過ごしているわけではないので、量について

          #19 写真の量と質

          #18 いつか写真で分かり合えたら

          2024年4月29日〜5月5日 どうしても言葉では伝えられないことがある。 そうした内なるものを写真で伝えることができたらと常々思っているが、ほとんど叶うことはない。でも、考えて見れば、そんなことができたら写真を撮ることをやめてしまうかもしれない。 もしかしたら、写真でなにかができるかも、という一縷の可能性を信じているから今日も写真を撮ることができている。 いつか僕の写真で分かり合える日が来ますように。

          #18 いつか写真で分かり合えたら

          #17 さようなら、またあした。

          2024年4月22日〜28日 日々の出来事を写真にそっと閉じ込めて 楽しかった日、嬉しかった日、苦しかった日、悲しかった日に一言 「さようなら」 そしてまた新しい日がやってくる。 写真は本当に正直だ。 写真を見れば、その時の自分の様子がよくわかる。 写真で自分の思いや感情を表現しようなんてことは全く思わないけれど、 それが全て写ってしまうことは信じている。 今、新しく制作に取り掛かっている写真集は 自分自身に別れを告げて、新しい自分に出会うための作品だ。 このn

          #17 さようなら、またあした。

          #16 写真に救われた日

          2024年4月15日〜21日 先日、32歳になった。 これまでいくつかの仕事を経験しながら、「写真家」というあってないような肩書きをぶら下げて生きる日々だが、写真を仕事にしている時間が最も長くなっていることに気づいた。 これまでやってきたどの仕事も、いつか辞める時があると思いながらやってきたが、もう写真以外で生きていくことは考えられなくなってしまったから人生は不思議だ。 ただただ毎日撮っている写真に救われる日がいくつもある。 写真を撮っているただ一つの理由でもある。 写真を

          #16 写真に救われた日

          #15 すべて思い出になってくれよ

          2024年4月8日〜14日 つくづく上手くいかないことの方が多いなと思う 過去の経験から、その時々の成功や失敗のすべてを思い出として語れるような人生を送ってきているけれど、やはり上手くいかないことはできるだけ経験したくはない。 側から見れば、そんな風に見えない写真でも、自分にとっては悔しさが詰まった写真がある。 ここに並ぶ写真のすべてが思い出として振り返ることができるように、また今週も写真を撮っていくのです。

          #15 すべて思い出になってくれよ

          #14 咲いて散り、命は巡る

          2024年4月1日〜7日 桜が咲くと春の訪れを。 桜が散ると春が過ぎゆくことを感じる。 自分の人生はいつ花開き、散っていくのだろうか。 写真を撮ることは生きることなので、こうして今週も写真を並べることで 一週間生きてきたことを自覚する。 訪れる季節と過ぎゆく季節に思いを馳せ、 巡る命を身体中に感じて、 明日からも生きていきたい。

          #14 咲いて散り、命は巡る

          #13 あなたに見せたい。

          2024年3月25日〜31日 このnoteも、更新しはじめてから3ヶ月が経った。 週に一度のたのしみとして、よい習慣になっていると思う。 基本的には自分の反応にしたがって撮っているので、いつも同じような写真ばかり撮っていることがよくわかる。 とくに目的はない。 いわゆるコンセプトやテーマと言ったものは設けずに、週に一度、コンパクトデジタルカメラで撮った写真を並べるというシンプルなルールだけで更新している。 目的はないと言ったけど、見てもらいたい人はいる。 ぼくが一人

          #13 あなたに見せたい。

          #12 みんなどこへ向かっているのだろう

          2024年3月18日〜24日 ここ2週間くらい、少し撮っている枚数が少ないなあと思いつつ、撮る枚数を決めているわけでもないので、特別気にする必要はないかと自分に言い聞かせるも、いやいや、もっと写真撮らなくいいのか?と、些細なことを気にしながら過ごしている。 当然、外を歩けば、街に人は行き交っている。 こんなにたくさんの人たちは、みんなどこへ向かっているのだろう と、考えるだけ無駄に思えるようなことばかり考えながら、今日も街を歩いている。

          #12 みんなどこへ向かっているのだろう

          #11 あなたも同じ空を見ていますか?

          2024年3月11日〜17日 僕が見ている空はあなたが見ている空と繋がっている。 あなたも同じ空を見ていますか?

          #11 あなたも同じ空を見ていますか?

          #10 写真がそこにあるかぎり、僕とその世界は繋がり続ける。

          3月11日。 自分にとって特別な一年だけど、いつからか普段と変わらなく過ごすようになった。少しのお祈りとまた今年も一年を無事に生きてこれたことへの感謝をする。 だから、今日も月曜日なのでこのnoteを書いている。 何不自由なく生き続けていけるこが、思いの外難しいことを知っている。 先週と同じく1週間の写真を振り返ることができるのは幸せだ。 また明日も写真が撮れそうです。 2024年3月4日〜10日 写真がそこにあるかぎり、僕とその世界は繋がり続ける。 僕たちが生

          #10 写真がそこにあるかぎり、僕とその世界は繋がり続ける。

          #9 写真で愛を送るよ

          2024年2月26日〜3月3日 何年も先になって今撮っている写真を見返した時、 それが一続きの恋文になっていたら素敵だなと思う。

          #9 写真で愛を送るよ

          #8 もしもあの日に戻れたら、

          2024年2月19日〜25日 「もしもあの日に戻れたら」と、思うことはほとんど無いけれど、本当に過去に戻れることができるのならば、ここに並んでいる写真をまた撮りたい。そう思えるように生きられているだろうか。

          #8 もしもあの日に戻れたら、