がんこおやじ

秋田で㈲柳田農園を営む83歳です。 秋田の田んぼから日々を綴ります。 https://…

がんこおやじ

秋田で㈲柳田農園を営む83歳です。 秋田の田んぼから日々を綴ります。 https://www.yanagida-noen.co.jp/

ストア

  • 商品の画像

    減農薬減化学肥料米 「大曲仙北産あきたこまち」10kg

    令和5年産新米! つやつやでふっくらおいしいお米 ぜひご賞味ください! ーーーーーーーーーーーーー 米どころ仙北平野で栽培しています。 仙北平野は県内有数の「うまい米高品質」の米作地帯です。 春の雪解けの水をはぐくんだ粘りのある香り豊かなお米「あきたこまち」をどうぞご賞味ください。 <特別栽培米> ・節減対象農薬:秋田県比5割減 ・化学肥料(窒素成分):秋田県比5割減 ※分づき米について  玄米や、7分づき、3分づき等分づきもいたします。  ご希望ございましたら、ご注文時「備考欄」にご記入ください。  ご注文時ご指定がない場合は「白米」にてお送りいたします。
    6,000円
    あきた柳田農園
  • 商品の画像

    減農薬減化学肥料米 「大曲仙北産あきたこまち」5kg

    米どころ仙北平野で栽培しています。 仙北平野は県内有数の「うまい米高品質」の米作地帯です。 春の雪解けの水をはぐくんだ粘りのある 香り豊かなお米「あきたこまち」をどうぞご賞味ください。 <特別栽培米> ・節減対象農薬:秋田県比5割減 ・化学肥料(窒素成分):秋田県比5割減 ※分づき米について  玄米や、7分づき、3分づき等分づきもいたします。  ご希望ございましたら、ご注文時「備考欄」にご記入ください。  ご注文時ご指定がない場合は「白米」にてお送りいたします。
    3,000円
    あきた柳田農園
  • 商品の画像

    3kg(1kg×3) 減農薬減化学肥料米 「大曲仙北産あきたこまち」

    米どころ仙北平野で栽培しています。 仙北平野は県内有数の「うまい米高品質」の米作地帯です。 春の雪解けの水をはぐくんだ粘りのある 香り豊かなお米「あきたこまち」をどうぞご賞味ください。 <特別栽培米> ・節減対象農薬:秋田県比5割減 ・化学肥料(窒素成分):秋田県比5割減 ※送料無料   対面でのお受取のみとなります。 ※分づき米について  玄米や、7分づき、3分づき等分づきもいたします。  ご希望ございましたら、ご注文時「備考欄」にご記入ください。  ご注文時ご指定がない場合は「白米」にてお送りいたします。
    2,200円
    あきた柳田農園
  • 商品の画像

    減農薬減化学肥料米 「大曲仙北産あきたこまち」10kg

    令和5年産新米! つやつやでふっくらおいしいお米 ぜひご賞味ください! ーーーーーーーーーーーーー 米どころ仙北平野で栽培しています。 仙北平野は県内有数の「うまい米高品質」の米作地帯です。 春の雪解けの水をはぐくんだ粘りのある香り豊かなお米「あきたこまち」をどうぞご賞味ください。 <特別栽培米> ・節減対象農薬:秋田県比5割減 ・化学肥料(窒素成分):秋田県比5割減 ※分づき米について  玄米や、7分づき、3分づき等分づきもいたします。  ご希望ございましたら、ご注文時「備考欄」にご記入ください。  ご注文時ご指定がない場合は「白米」にてお送りいたします。
    6,000円
    あきた柳田農園
  • 商品の画像

    減農薬減化学肥料米 「大曲仙北産あきたこまち」5kg

    米どころ仙北平野で栽培しています。 仙北平野は県内有数の「うまい米高品質」の米作地帯です。 春の雪解けの水をはぐくんだ粘りのある 香り豊かなお米「あきたこまち」をどうぞご賞味ください。 <特別栽培米> ・節減対象農薬:秋田県比5割減 ・化学肥料(窒素成分):秋田県比5割減 ※分づき米について  玄米や、7分づき、3分づき等分づきもいたします。  ご希望ございましたら、ご注文時「備考欄」にご記入ください。  ご注文時ご指定がない場合は「白米」にてお送りいたします。
    3,000円
    あきた柳田農園
  • 商品の画像

    3kg(1kg×3) 減農薬減化学肥料米 「大曲仙北産あきたこまち」

    米どころ仙北平野で栽培しています。 仙北平野は県内有数の「うまい米高品質」の米作地帯です。 春の雪解けの水をはぐくんだ粘りのある 香り豊かなお米「あきたこまち」をどうぞご賞味ください。 <特別栽培米> ・節減対象農薬:秋田県比5割減 ・化学肥料(窒素成分):秋田県比5割減 ※送料無料   対面でのお受取のみとなります。 ※分づき米について  玄米や、7分づき、3分づき等分づきもいたします。  ご希望ございましたら、ご注文時「備考欄」にご記入ください。  ご注文時ご指定がない場合は「白米」にてお送りいたします。
    2,200円
    あきた柳田農園
  • もっとみる

最近の記事

南アルプス 北岳、間ノ岳縦走

登山・写真紀行 5   昭和59年8月14日山梨県北社市南アルプス林道登山口広河原着午後9時。駐車場横にテントを張る。朝4時起床インスタントきつねうどんを食べ登山開始。間もなくの吊り橋を渡る。広河原山荘の横を通りいよいよの登山道。天気は晴れのようだ。大樺沢コースを辿り二俣着7時10分。本格的な急坂を進む。右俣草すべりを過ぎて稜線だ。急坂も緩やかになり肩ノ小屋だ。小屋を見送り頂上を目指す。11時前頂上到着(3,193.2m)。富士山に次ぐ第二の標高だ。西側は全面雲海だが富士

    • 北アルプス 立山剱岳縦走

      登山・写真紀行4  昭和57年8月14日富山県立山町、立山信仰と深い関わりのある芦峅寺集落で一泊、立山駅から電車バスで室堂ターミナル到着、さすがに観光地、登山者も大勢、まずは一の越稜線を目指す。雄山山頂で結婚式を行っていて頂上神社には立ち寄れない。雄山神社売店で記念品を買う。今日は朝出発から雨が降り風もあり最悪の感じだ。大汝山(3,015m)、富士の折立、真砂岳と尾根の登山道であるが、視界はうっすらと足元に注意しながら剱御前小舎到着、ここで休憩し様子を見ることにして、まずラ

      • 北アルプス 槍ヶ岳から穂高縦走

        登山・写真紀行 3  少し昔になりますが、昭和56年8月14日お盆の休日に、長野県松本市中の湯温泉バス停留所でマイクロバス上高地行きに乗せてもらう。上高地は当時バスターミナルも売店があっても今より小規模な様相で、登山客は早朝6時頃でもちらほら見えていました。河童橋から明神橋、徳沢園、横尾山荘と梓川沿いに広い道を進んでようやく登山道らしくなってきた。少し傾斜の石ころの道左側に梓川の上流の音を聞きながら槍沢ロッジに着く、午前9時30分。ここで泊まることにする。登山客も10人程の

        • 北アルプス 燕岳から槍ヶ岳

          登山・写真紀行2  平成17年9月28日、長野県中房温泉を早朝出発、温泉の湯の香を感じながらの登山口。つづら折りの急坂を進みながら休憩用のベンチが所々にある樹林帯の静けさに靴音を響かせながらの登山道、私の一番気持ちの休まる時間である。今回撮影ポイント3ヶ所に決めていて、この季節紅葉はどの位進んでいるのか、はやる気持ちで一杯である。登山口から2時間余り、食堂、売店だけの合戦小屋に着く。おしるこを注文し、餅が少し硬かったのを今でも覚えています。登山開始も変わらずの急坂のザラザラ

        南アルプス 北岳、間ノ岳縦走

          今年の目標

           新年6年1月を迎え皆さん方からご注文いただいたお米を精米してお届けしたり宅配便でお送りしたり、いつもの作業を娘を中心に私らも手伝いながら励んでおります。  幸い今年は積雪も少なく雪寄せ等も少なく、昨年に続き異常とも言える程の感じで楽な日々を過ごしています。そんな中、私の83歳の誕生日は平穏に迎えることが出来ました。昨年の82歳の時は大手術後の事で入院していたので病院のベッドで迎えたのです。看護師さんに誕生日カードをいただき嬉しさもあって一生のうちこんなこともあるんだとしみじ

          山形 羽黒山に行ってきました

           令和5年12月14日(木)私はあの階段に挑戦しようと出発。駐車場登山口9時55分、天気は曇り小雨模様だ。家を出る時から今日の天気は快晴は望めず、少しぐらいの雨でもと思っていたのです。  山門をくぐり石畳を下って行きながら靴の音を響かせて、以前にも来た時があってその時の事を思い出しながら橋を渡り右手に滝がある辺りは杉林、それも太い杉並で「ああ羽黒山だ」と改めて思ってしまう。国宝五重の塔だ。参道から少し左に折れて50m程で杉木立に囲まれ、静かにたたずんでいる。私は真冬2回写真を

          山形 羽黒山に行ってきました

          北アルプス(鏡平から槍ヶ岳) 

          登山・写真紀行1 今回は思い出に残るお話です。  平成17年8月3日岐阜県新穂高温泉ターミナルから登山開始。左俣林道を進んで笠ヶ岳登山口ワサビ平小屋を見送り、小池新道の分岐に出る。ここからは道路も狭くなり通常の登山道になる。辺りの樹々も低くなり、展望が開けてくる。右側近くに穂高連峰が望まれ気分は盛り上がる。大きな岩も乗り越えながらまたも樹林帯に、ようやくゆるやかな木道になって進むと広い板敷の鏡池だ。予想した通りカメラマンが大勢だ。みんなの目標は槍ヶ岳と池に映る槍の絶景が目当

          北アルプス(鏡平から槍ヶ岳) 

          山形 山寺に行ってきました

            令和5年11月21日(火)山形県山寺に、あの階段を登りたい、そして運動不足解消を計るべく娘と二人出発する。娘とは10月14日(土)八合目から駒ケ岳に登った以来である。山寺に到着、橋の手前の駐車場から出発。この駐車場は向かいのおみやげ屋、食堂の店の管理なのか、参拝後1,000円以上のお買い上げで無料になると言うので店の人と了解して、私はストック両手に登り出す。  橋を渡って参道を右に、本堂の階段を上がり左に進むと受け付けがあり参拝料を二人分払い、いよいよ本格的な階段だ。ガッ

          山形 山寺に行ってきました

          今年の抱負

          新年あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願い申し上げます ごあいさつ  今年も早令和6年になりました。改元まもなく新型コロナウイルスの感染拡大、甚大な自然災害の発生、野生熊との死傷者多発、猛暑による農産物の大被害等、振り返ってみますと大変な令和5年だったと思います。私たちは自然を相手に自然の恩恵を受けながらの米作りです。自然と仲良くしながらの天を信じて美味しい米作りに今年も邁進してまいります。 パンフレット  昨年は私の念願(有)柳田農園の後継、娘夫婦に引

          大相撲秋場所を振り返って

           場所前の評判は新大関豊昇龍が先場所の優勝の勢いで近々綱を張る所まで昇るのでは、そんな期待を寄せる解説者もいたほどです。それが場所に入ってまず大関貴景勝は初日黒星、それも取り直し相撲でも出足が伴わず前に落ちたのです。名古屋場所全休して首膝の回復を図ったわけですが、さらにカド番と重いハードルがあったのです。実際今場所は相当キツイ場所になるだろうとの解説者もいたのです。一方の幕内15枚目の熱海富士は名古屋場所で十両優勝の勢いそのままに11日目まで10勝1敗の好成績、一躍優勝候補に

          大相撲秋場所を振り返って

          令和5年度産新米が出来ました

             今冬は例年になく雪不足、楽な生活で春を迎え、ハウスの準備から田植え、秋の刈り取りまで今年もいろいろありました。特に7月初旬ごろからの猛暑が続き、一番に水不足が心配されましたが、水利関係の方々の努力だと思いますが、私らの田んぼは充分に満たすことが出来て本当に有難く思っています。  収穫まで天候、害虫、細菌他の病原菌等の発生など、時折田んぼを見回り、稲穂を手に取ってよくぞ稔ってくれたんだと深い想いが込み上げてくる感じになります。  どうぞ今年もおいしいお米に仕上がって

          令和5年度産新米が出来ました

          栗駒山に2回行きました

          1回目の栗駒山  1回目はまだ栗駒山麓に残雪が見える頃の6月5日(月)、駐車場を出発、石畳の登山道、靴音を聞きながら灌木帯から少し開けた所に出る。ここは地中から湯けむりが立ち、湯の香りもする所だ。まもなく名残りケ原に出て木道を進み、大きな分岐案内板と対面、灌木帯に入り一寸の急坂を過ぎ自然観察路分岐に出る。左側は沢を徒渉し灌木帯の急坂階段を経て途中ウブ沼を過ぎ、頂上までの自然観察コースである。僕は今回右のコースを進むことにしたのだが、途中多くの残雪、それも急坂のため、ここで引

          栗駒山に2回行きました

          自分の体力身にしみる

           9月も間近になり稲は一面黄色を帯びてきました。穂先も少し垂れ下った様子です。  8月下旬頃から水の掛け引きも湛水状態から間断を行い、徐々に9月中旬からの刈取りの際、コンバインがぬかるんだりしないように田んぼを乾かす準備をしています。もう間もなく黄金一色の風景になります。  今年は高温が続き、稲穂の登熟が例年より早まっている感じですが、台風の発生、上陸のないように祈っている所です。 (令和5年産新米 予約受付中です!)  8月29日晴天、連日猛暑の最中、運動不足解消に乳頭温

          自分の体力身にしみる

          私の忘れられない出来事

           令和5年私の誕生日は大手術を控え大曲厚生医療センターに入院していました。  ことの発端は令和4年12月18日自宅で深夜突然激痛が走ったのですが、その後自然に穏やかというか少しずつ楽になって、朝、いつもお世話になっている朝日町の中島内科を訪ね紹介状を持参し厚生医療センターの内科の診療を受けることになったのです。  血圧、採血等精密検査の結果、内科担当の沖口先生が大腸がんであると言ったのです。まず、その部分の便通を良くするため網製の管を通し、おかゆ程度の食事が出来るようにしてガ

          私の忘れられない出来事

          水路整備に参加して

           私達農家の田んぼと水路を守るための組織も発足して10数年になりました。今年も水路整備事業の一環で4月29日、5月3日・5日、今月7月22日(土)、23日(日)と関係者毎回20人程の人員で水路整備に参加したのです。  作業内容は5月は水路に溜まった泥をスコップで掻き揚げる作業でしたが、7月の作業は水路の両脇に生えている雑草を刈り取る作業でした。水路もコンクリート製の水路は両脇の雑草も少ないのですが、コンクリート製でない所もあるのです。そんな所にはワガモノ顔に雑草が生い茂ってい

          水路整備に参加して

          畚岳(もっこだけ)と茶臼岳に登って来ました

          令和5年7月7日(金) 晴れの確率20%の予報 今日は私一人で八幡平方面に朝6時まえ出発 八幡平ターミナル駐車場からまもなく畚岳(もっこだけ)駐車場、小さなところである 7時50分登山開始 天気はうす曇りでも晴れている八幡平から岩手山への縦走路にある畚岳への分岐 ここから頂上へ少し斜度のある登りが続く高山植物が咲いている イワハゼ、ウラジロヨウラク等 私を楽しませてくれる 実はこのコースアスピーテラインの開通直後の5月16日にも尋ねたのであるがその時はまだ残雪が多く頂上まも

          畚岳(もっこだけ)と茶臼岳に登って来ました