crevasse

Independent nano publisher of photography and zines. - 茨城を拠点にするオンラインブックストア及び出版やってます。 https://www.crevasse.info/

『HOUSE』 毎週火曜 22:00~23:00 インスタグラムでライブ配信

『HOUSE』 毎週火曜 22:00~23:00 インスタグラムでライブ配信 https://www.instagram.com/crev

  • 【ZINE】ルーシーの骨の60% vol.6/東地雄一郎

    【ZINE】ルーシーの骨の60% vol.6/東地雄一郎

    ”エチオピアの浅い川底で発見され、骨格の推定40%が完全な形で残っていた” とされている人類の祖先に近いとさせる化石、ルーシー。 東地が制作中でまだみつかっていないなにかを、ルーシーのまだみつかっていない60%の骨に見立てて発表していく。 vol.6は2019年横浜で開催されたアートブックフェアPhotobook_jpでの30分間の衝撃のパフォーマンスにより真っ二つに切断された彼自身の本でありアートピースである「A=A A≠A(mountain) 」です。断面からはその生々しさと2000回のコピーによるイメージの変化を見ることができます。 ------------------------------------------------------------------------------------- ▽送料 レターパックプラス 全国一律520円 ビニールで防水し、発送します。 ------------------------------------------------------------------------------------- ▽crevasse 2016年設立。茨城を活動中心にするZINE出版レーベルです。 様々なアーティストとの共同作業を通じて、数量限定の 現代美術 / 写真のZINEをリリースしている。
    24,000円
    crevasse(クレバス)
  • A=A A≠A(mountain)  /東地 雄一郎 (dummy book)

    A=A A≠A(mountain) /東地 雄一郎 (dummy book)

    1つの写真を、2000回のコピーを繰り返して作られたブック第2弾。 今作選択されたモチーフは、世界中で良く知られる日本のあの山です。2000回など少なく感じるほど、これまでさまざまなメディアで複製され続けたこのイメージをあなたも描くことが出来るだろう。しかし同時に、誰もが描けることと誰も描けないことはどちらもそう遠くない真実だ。21.0×30.0×3.8cm。 ------------------------------------------------------------------------------------- ▽送料 レターパックプラス 全国一律520円 ビニールで防水し、発送します。 ------------------------------------------------------------------------------------- ▽crevasse 2016年設立。茨城を活動中心にするZINE出版レーベルです。 様々なアーティストとの共同作業を通じて、数量限定の 現代美術 / 写真のZINEをリリースしている。
    12,000円
    crevasse(クレバス)
  • みんなしってる。だれもしらない。 /東地 雄一郎 (dummy book)

    みんなしってる。だれもしらない。 /東地 雄一郎 (dummy book)

    海がうつる一枚の写真プリントを2000回コピーを繰り返して作られたブックです。A=Aが期待される複製を極限まで引き延ばしその差異を浮かび上がらせることで、複製することで複製されない本を作り出すという挑戦的な一冊です。
    12,000円
    crevasse(クレバス)
  • もっとみる

想像の設計図とその類似事例

【はじめに】 コロナ禍で扉を閉じたまま会期を終えた展示は「あった」のか「なかった」のか。…

WS事前メモ(山﨑美穂)

中心議題 : 展示はあったといえる or いえない?? 今回の私のポジション : ・ 色々考えたけれ…

4年経ったからなにか書こうと思ったらなんか長くなったし好き勝手に書きすぎたからゾ…

「ZINEとはなんぞ」「売るとはなんぞ」みたいなことを聞かれることがままあって、そのたびに「…

800

[4/26締切] 展示自粛を乗りこえる;扉の向こうの「想像の設計図」をえがくオンライ…

COVID-19により多くのアートイベントが閉まるなかで、今、ギャラリーや美術館での直接の鑑賞体…

500