見出し画像

マゾでなければライターなど務まらない

つい先ほど、ツイッターでこんなツイートを見つけた。

確かに文章を書くという作業ははうつになりやすい。書く内容について深く調べ、何をどんな言葉で書くかを深く考えた上で文章にする、非常に疲れる作業の繰り返しで、時々気がおかしくなりそうになる。

特に、人に情報を伝える文章だと、通常なら知る必要のないことや知りたくないことまで深く理解した上でアウトプットしなければならない。

それらの一連の作業は、いつもゴリゴリと精神を削られて疲労感がついて回る。体はほとんど動かしていないが脳はインプット↔アウトプットを繰り返しながら絶え間なく動き続けている。そんな脳の疲労は、全身をもぐったりと疲労させるレベルでかなりきつい。数ヶ月難聴状態になるぐらいには過酷な仕事だと思う。

そんな疲れる作業を延々と繰り返すライターは、ホントマゾでなければ務まらない。何が悲しくて精神が削り取られる作業を延々と繰り返すのか自分でもわからないが、その作業を繰り返しているうちにある種の快感を覚え始めるのは確かだ。

それはまるで麻薬のような中毒性。だから書くことをやめようにもやめられない。書く仕事の世界から離れようにも離れられなくなっている。そんな状態になる自分はマゾ以外の何物でもないだろう。

そんなクレイジーなライターは私だけかと思っていたが、同業者のツイッターなどを見ていると同類のみなさんが意外と多い。それを見ると、ライターという仕事はやはりマゾでなくては務まらないのかもしれないと思う今日この頃だ。

しかしまあ……人生も後半に入ってそれなりに分別もつくはずの年なのに、何をとち狂ってこんな仕事を始めてしまったのかとは思う。多分「ミッドライフ・クライシス」が私を狂わせてしまったに違いない。(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ボタンを押していただきありがとうございます!
13
パートタイムWebライターやってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。