見出し画像

読みやすい文章を書くコツ。私が気をつけている7つのポイント

今日はクリスマス。そんな巷の華々しさをよそに、うちの会社では編集のピークの時期を迎えている。

私は、会社では専門誌の編集を担当している。毎年この時期は提出された原稿を校正し、入稿できる状態まで仕上げていくため、忙しい。

「ライターさん」に原稿を依頼しているわけではないので、クオリティはさまざま。文章がそれほど得意ではない人も書いているし、かといって専門的な内容なので外注も難しい。

文章に正解はない。しかし、読まれる文章を考えると、気をつけるべきポイントはある。

私も自分の文章に自信があるわけではないけれど、文章の読みやすさは心がけているつもりだ。おかげさまで「読みやすい」「分かりやすい」と言っていただけることが多く、素直に嬉しい。

そこで今日は、私が文章を書くときに気をつけていること、読みやすい文章を書くコツをまとめてみようと思う。


1.一文を長くしない

ダラダラと書かない、これは鉄則。一文が長くなるほど、主語や述語、修飾語の関係は複雑になり、読み手の混乱を招きやすい。さらに、パッと読んで瞬時に分かる、素早いコミュニケーションが求められる時代でもある。

一般に、80文字を超えると文意が分かりづらくなると言われ、適切な一文の長さは40文字前後。(この一文は45文字)内容や書く場によっては、40文字以内の短文が好まれることも多い。

だから、切れる(分割できる)文は切ること。思ったより切ってしまっても、意外と大丈夫。その場合は、文末に変化をつければ単調にならない。


2.リズム感を大切にする

上の話と重複する部分があるが、リズム感はとても大事。リズム感と言われましても…という方は、主に以下の3つに気を付けるといい。

・文の長さ
・文末表現
・句読点

文の長さは上に書いた通り。長すぎず、一息で読める文章を重ねていくことが、よいリズム感をつくる。また「○○○○○○○○○○○。▲▲▲。×××××××。」のように、文の長さにもメリハリをつけると、さらにリズム感が生まれたりする。

そして文末表現。「~です」「~です」や「~と思う」「~と思う」、あるいは体言止めばかり…というように、文末の表現が揃うとよろしくない。ちょっとおバカな印象になる。です・ます(だ・である)、体言止め、問い、その他表現を織り交ぜながら、変化をつけること。

句読点とは「、」は「。」のこと。この使い方は学校で習ったはずだけど、読みづらい人の文章は句読点(特に読点=「、」の方)に難あり、ということが多い。基本的には意味の切れ目に置き、長い文には1~3ヶ所ぐらいに置く、でよいはずだ。


3.改行をうまく使う

これは文章を書く場にもよるが、特に制限がなければ、ほどよいところで改行をする。これは「見え」の問題から読みやすくする、という方法である。

ずっと改行のない”文字のカタマリ”は、ちょっと読む気を失わせる。メールやLINEなどでそういう文章が来ると、うっ…という気分になってしまう。


4.ひらがな、カタカナ、漢字のバランス

ひとつの文章の中で統一する(メディアのルールは守る)のは前提として、言いたいニュアンスや与えたいイメージで、ひらがな、カタカナ、漢字はうまく使い分ける。

例えば「すき」「スキ」「好き」、「つらい」「ツライ」「辛い」でも印象は変わるし、敬称でも「さま」「サマ」「様」でなんとなく相手との距離感が変わってくる。

ひらがなばかりだとちょっと気持ち悪いし、読みにくい。カタカナばかりだと、うっとうしい感じがする。漢字ばかりでは、当然読みづらい。

「見え」「伝わりやすさ」の面で、そのバランスを意識するのは大切なことである。


5.難しい表現を多用しない

難しい漢字やカタカナ語をできるだけ使わないこと。かっこいいから、頭がよさそうだから、分かっている感じがするから、とそういった表現を選んでも、たいていは見透かされているぞ…。

読み手のことを思えば、あえて難しい表現を選ぶのは不親切である。

もちろん、その内容を表現するのに必要(適切)であればOK。たまにピリッと効かせるような使い方など、意図がある使い方も良い。


6.音読して読み返す

私が大切にしているのはこれ。編集の仕事でもライターの仕事でも、あるいはTwitterやnoteの投稿でも、必ず「音読」して読み返している。

音読と言っても、本当に口に出してもいいし、頭の中で声に出して読んでもいい。要は、文章を「文字」ではなく「音」に変換して読み直すということである。この作業で、文章全体の読みやすさやリズム感が確認できる。

音にして読み進めた時に“何か引っかかる”という感じがあれば、それは読み手に取って読みにくい・分かりにくい文章。するするする~っと最後までたどり着ければOK。

読みづらいなぁーという人の文章を校正していると、音読が進まないものである。文章を書いた後に「見返す」ことはしても、音として「読み返す」ことをしない人が意外と多いらしい。絶対やるべき。


7.最後に削る&削る

最初はばーーっと書いてもいいけれど、書き終えた後は無駄をそぎ落としてスリムに。「削る&削る」は編集の基本

例えば、なくてもいい文章はカットするし、使わなくても意味が通じる接続詞は使わない、など。余計な部分を外すことで、伝えたい内容がより伝わりやすくなる。これも読みやすさを左右する大きな要素である。

▼20.1.9追記:実例を挙げながら補足説明をしたので、こちらもぜひ。


…以上、私が気をつけている7つのポイントと、読みやすい文章を書くコツを紹介してみた。

誰かに教わったわけではなく、ライティング・編集に携わって10年以上の経験からまとめたものである。解説しだすと軽く1万字は超えそうなので、今回はそのエッセンスということで。(もし間違いや認識違いがあればご指摘いただきたく…)

すでに文章を書く仕事をしている方には基本的な内容かも…とは思うけれど、振り返るポイントとして、何か少しでも参考になれば嬉しい。

それでは、また。



この記事が参加している募集

noteのつづけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。よろしければ「スキ」やSNSでシェアしていただけると、とっても嬉しいです! いただいたサポートは書籍購入など、今後のnoteに活かすために使いたいと思います。

また明日も書きます!
1189
週2会社員(編集職)×フリーの編集ライター。都内在住、一児の母。子ども優先・無理しない働き方『ゆとりのある複業(ゆる複業)』を実践中。日経xwomanアンバサダー。エモい文章は書けませんが、読みやすい文章だと言われます。毎日更新365日達成→今はマイペースに更新中。