もう一つの椅子

私の「いる」場所の隣に「どうぞご自由にお掛けください」とあなたのために椅子を用意しておく。〈いる〉を〈する〉場所「もう一つの椅子」。緩やかに風景と人とつながる活動です。公共空間に優しさを付け加える「ノラ椅子図鑑」をマガジンにて公開中。 saeko@bucyou.net
    • もう一つの椅子
      もう一つの椅子
      • 7本

      もう一つの椅子について

    • こんにちは、あたらしいまち
      こんにちは、あたらしいまち
      • 7本

      東京から遠くのまちへ引っ越しました。 あたらしいまちで出会ったもの・人・ことの日記です。

    • ネイティブ東京人(日記)
      ネイティブ東京人(日記)
      • 27本

      「東京の人は冷たい」と言いますが、東京生まれ育ちの人はそれを言わない。これは外からやってきた人間から見た日記です。筆者は千葉県出身です。 過去から現在入り混じった日記のようなもや短編エッセイなど東京に関係ないものもタイトルに反して、たっぷり放り込みます。2019年末、東京脱出。

    • ノラ椅子図鑑
      ノラ椅子図鑑
      • 15本

      ノラ椅子を気がついたら収集していました。 バス停の前やスーパーなど公共空間の一角に、そのスペースの運用者以外の優しさや、運用者によるものであっても事前に設計されてない綻びから街に出現し、時に雨風に晒されながら存在する椅子。私はそれを「ノラ椅子」と名付けて街の包容力の指標にしています。これまで集めたノラ椅子を分類(今はまだ仮分類)し、まとめていきます。‬

固定された記事

「もう一つの椅子」のこれまでとこれから〜「いる」を「する」場所へ

「人は、究極には存在そのものがその人という表現だ」と私は思っている。私の場合、その表現を「もう一つの椅子」というフレームワークに託しているのだと気がついた。 20…

私から始まる風景〜ZINE『ゆめみるけんり』vol.5寄稿しました

路上観察をベースにした研究のアイデアについてあるとき話していたら、なぜ風景に関心を持つようになったのですかと質問されて、疑問に思った。 いつからわたしは風景を特…

祖母からの贈り物

2021年1月おわり、祖母99歳危篤からの、その後持ち直したとの連絡が千葉実家からあった。2ヶ月ほど意識が薄れたり戻ったりを繰り返す入院状態が続いていたが、3月のお彼岸…

もう一つの椅子のお仕事〜「思考整理のアシスタント」について〜

「思考整理のアシスタント」の個人セッションを初めて2021年7月で半年になりました。 詳細と申し込み方法はこちら 人は考え事をするとき思うに、頭の中にまとまりないけ…

インド人に「あなたよく知ってるね」と感心された(かもしれない)話

東京都江戸川区にある東京メトロ東西線・西葛西は、リトル・インディアと呼ばれている。 東西線の通勤時間帯に電車にのると、西葛西から行徳にかけて、確かにインドの方と…

チャイを淹れる時間〜2021年の過ごし方

2021年になった。 年末年始になると、新しい年の占いを読んだりして、どんな1年になるかな?どんな1年にしようかな?と棚卸しする時間が増える。 フリーランスになって4…