見出し画像

リモートで、それぞれが好きなものをひたすらに磨く会を開催しました

もう一つの椅子

「もう一つの椅子」は、「いろんな居場所の隣に「どうぞご自由にお掛けください」とあなたのために椅子を用意しておく」そんなコンセプトの、主宰する私の半径で起きる小さな親切のおすそ分け活動の総称です。

2020年、ステイホーム生活でハマったのが石を磨くことなのですが、どうせなら、複数人がzoomのギャラリービューで並んだ状態で、30分くらい、無音で、何かをひたすら磨く動画を作ろうと思い立ちました。

私の隣で、言葉を交わさないけど、みんな思い思いに、それぞれの場所で、磨きたいものをひたすら磨く。

そんな時間を共有したい、そう思いました。それこそが、今できる「もう一つの椅子」らしさだ、と。

わたしのやりたいこと、通じるだろうか?と不安になりながらも、何か磨くのが好きそうだぞ、と思っていた友人知人に

「一緒に磨きませんか?」
とお声かけしたら、

アクセサリーを磨く人
スプーン・フォークを磨く人
硯を磨く人
本を磨く人
鍋を磨く人
銭湯の浴槽を磨く人

が現れました。

誰一人なんで?と問わず、「もう一つの椅子」のコンセプトに適しているとスッと理解する古くからの友、「面白い!私、何磨こうかな?」とワクワクしてくれる人、「磨くの大好き!」と熱量多めな反応など。

そして、私は石を磨きました。
ちなみにこの記事を読んで影響を受けたからです。
https://dailyportalz.jp/kiji/polish-the-stones-for-8-hours

この動画は、「もう一つの椅子」をオンラインでも用意できる!そんな形を模索してたどり着いた、私なりの作品です。

それぞれがただ何かを磨き、思い思いに過ごす時間をともにすること。

それだけの動画ですがお楽しみいただければ幸いです。(こちらは5分のショートバージョンです)

なお、銭湯の浴槽磨きは、かつてのお風呂屋さんを改装した芸術銭湯+Café 宮の湯(東京都文京区根津)さんから中継してもらいました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もう一つの椅子

なんだか楽しそうなことやってるなあと、サポートいただけると嬉しいです。

もう一つの椅子
私の「いる」場所の隣に「どうぞご自由に」と一つ椅子を用意しておく。人が思い思いに過ごす時間と場を作り、風景と人の間を研究・表現するプロジェクト。社会化されない、居場所の創出。比喩として、誰もいない河原に風呂敷をひくことがしたい。https://hirai.bucyou.net/