インド人に「あなたよく知ってるね」と感心された(かもしれない)話
見出し画像

インド人に「あなたよく知ってるね」と感心された(かもしれない)話

東京都江戸川区にある東京メトロ東西線・西葛西は、リトル・インディアと呼ばれている。

東西線の通勤時間帯に電車にのると、西葛西から行徳にかけて、確かにインドの方と思しき人がけっこう乗降している印象はある。

だが、西葛西駅を降り立っても、明白に「インド人街」といった感じではない。

マンションが多く、コンビニや銀行、食事処、塾やクリニックが入居した雑居ビルが並ぶ、典型的な東京都内のベットタウンの駅前である。

2、3あるインド食材店へいくと、その周囲には買い物したり自転車で通り過ぎるインド人住民の姿がやや増えてきて、やはり結構住んでいるのだなと思う。


駅から徒歩4、5分のところにインド料理屋「スパイスマジック・カルカッタ本店」と、インド直輸入紅茶の専門店「シャンティ」がある。

このインド直輸入紅茶の専門店「シャンティ」のオーナーこそ、西葛西リトル・インディアの父と呼ばれる。70年代に来日し、40年以上日本で商売をするチャンドラニさんだ。

チャンドラニさんの来歴のインタビューは、室橋裕和著『日本の異国:在日外国人の知られざる日常』(晶文社,2019)で読むことができる。そしてこの本によると西葛西エリアには約4000人のインド人が住むという。

ついでながら、この本、まさに日本という異国の地でたくましくもコミュニティーを作る様々な在日外国人たちの場所を取材したもの。朋友である古今東西好奇心の旅のミカドさんがいう、日本の中にあまた存在するクロスカルチャーの魅力を知れる素晴らしき本だ。

さて、2019年の8月のこと。奈良から東京へ遊びに来ていたミカドさんに誘われ、船堀・西葛西へ。

私が当時住んでいた江戸川区(当時は平井在住)に広がるインドカルチャーを辿るためで、
翌日にミカドさんが行う東南アジア巡礼ツアーの下見の一部だった。

まず向かったのは、船堀の駅近くにある、「ハーレークリシュナ寺院」。
クリシュナ(シヴァ神)を祀る「ハレー・クリシュナ教団」の日本で唯一の寺院だ。

この「ハレー・クリシュナ教団」は、1960年代にできた新興宗教に数えられるらしいのだが、日本にはヒンドゥー教寺院が少ないことから、他の宗派のインド人も遠方からお祈りにやってくるそうだ。

その日はミカドさんと中を覗くことができなかったが、以前私が偶然通りかかったときに、たまたまドアから出てきた日本人の女性に、案内していただいたことがある。

写真は、有り難くもその時撮らせていただいた祭壇

ハレークリシュナ寺院

ちなみに、本のインタビューから、西葛西エリアに暮らすインド人が増えて祈りの場が必要になり、この寺院が船堀にできたという流れがあったとわかった。

船堀から縦方向の都バスをうまく利用すると西葛西に着ける。

先述した、インド直輸入紅茶の専門店「シャンティ」へまず向かった。

西葛西のインド4

お茶が大好きな私たちは、あれやこれや店の方に質問しながら買うものを選んでいく。途中ややこしめの質問をしてしまったらしく、レジの方が、奥にいる別のスタッフの方に質問を確認行っていただいたりして恐縮しつつ、これ!とお気に入りのものを見つけ何点か購入した。

こんなに素敵な紅茶がいっぱいなのでブログで紹介したいなあと、帰る前に「店内の写真を撮ってブログに掲載しても構わないでしょうか?」とお伺いしてみると、「ちょっと聞いてきます」とまたスタッフの方が奥に引っ込んでしまった。その上、戻ってくる時にチャンドラニさんご本人が登場した。江戸川区民にとっては超有名人である。

さっきからマニアックな質問だらけな女子二人組が、ブログに書くということでだいぶ怪しかったのであろう。
「載せていただくのは構いませんが、目的は?あなたたちは何者?」ということを確認したいとのこと。

そんなわけで、ドキっとしつつ、様々な国の文化に興味があること、紅茶やスパイスが好きなことなどをお伝えしていると、だんだんと怪しいものではないと通じたらしく、東京湾や倉庫に近く貿易に適していると西葛西を商売の拠点に選んだこと、2000年以降、西葛西がIT人材のインド人が集まる場になっていった経緯などを話してくださったりした。来日当時は、西葛西駅もなく蓮根畑しかなかった当時の景色などを聞くことができた。

ミカドさんはインド含め世界の交易文化の発展や食べ物・スパイスに詳しいし、私は江戸川区の歴史を調べたりして、40年以上前は江戸川区の主たる農産物が蓮根だったことなどを知っていたので、そんな感じで「なるほど。〜ですものねえ」と二人して知識返しな合いの手を打っていたら、「あなたたち、よく知ってるね〜」と感心されたりして、「リトル・インディアの父」にはほめられた?気持ちになった。

最終的に撮影okもらえた写真。
「こっちの角度から撮ったほうがいい」とか助言もらって撮りました。

西葛西のインド3

その後、スパイスマジック・カルカッタ本店でランチをし(美味しい!)、
インド食材店に2軒寄って欲しかったスパイスを買ったのでした。

西葛西のインド2

西葛西のインド1

今は京都在住だけれど、東京に帰って行きたい場所、それはリトル・インディア。
シャンティは、本当に紅茶が美味しい。
オンラインストアもあるけれど、店舗のほうが商品充実しているので、東京帰るたびに寄ってしまうかもしれない。
ちなみに卸がメインで店舗での小売は営業時間が限られているようなので、事前に電話で営業時間を聞いていく方が安心だ。

【江戸川区平井から船堀・西葛西に行く方法】
船堀:
総武線本八幡から都営新宿線船堀駅
小松川3丁目バス停から都バス錦25葛西駅前で船堀駅下車
西葛西:
総武線西船橋駅から東西線西葛西駅
総武線新小岩駅から都バス新小21
船堀駅に行きそこから西葛西駅へ:都バス新小21、西葛26

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もう一つの椅子

なんだか楽しそうなことやってるなあと、サポートいただけると嬉しいです。

ありがとう、一服どうぞ!
私の「いる」場所の隣に「どうぞご自由にお掛けください」とあなたのために椅子を用意しておく。〈いる〉を〈する〉場所「もう一つの椅子」。緩やかに風景と人とつながる活動です。公共空間に優しさを付け加える「ノラ椅子図鑑」をマガジンにて公開中。 saeko@bucyou.net