【アーカイブ2020】いま、ベンチを問う~滋賀大会・夏跡の便り⑤大津商業/河瀬
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【アーカイブ2020】いま、ベンチを問う~滋賀大会・夏跡の便り⑤大津商業/河瀬

ベンチ入りが20人に満たないのに、スタンドには選手がいる。こんな奇妙な光景を2回も見た。

1回目は大津商業。19人の3年生全員をベンチに入れ、下級生を1人も入れなかった。監督と選手が対立し、何度もバラバラになったチーム。戦力を1人削ってでも“一体感”を重視し、初戦でシード校の伊香を破った。田中正春監督は「苦しい中で良くやってくれた」と、一度は自身に「不信任」を突きつけた3年生を笑顔でねぎらった。

2回目は河瀬。スタンドにいたのは部員登録を残しながら6月で引退した3年生だった。コロナで先が見えない中でチームを離れた2人。北村優監督は初戦を見に来るよう呼び掛け、試合後には「戻っていいよ」と声を掛けたという。そして次戦、ユニフォーム姿の2人はベンチにいた。滋賀学園に敗れたあと、飯塚舞矢主将は「3年生選手8人がそろった。勝った試合以上に楽しかった」と振り返った。

今大会、選手の入れ替えは試合ごとに認められている。多くの選手がベンチを経験でき好意的な声も多い。ただ、そもそも「ベンチ入り」の概念は必要なのだろうか。声出し要員や伝令、ランナーコーチにブルペンキャッチャー。試合に出なくとも必要な選手はいる。背番号のない選手がその役目を果たせないものか。「ベンチ」と「スタンド」の悲喜こもごもに触れるたび、そう思っている。

選手層の差が如実に出るため、登録選手に人数制限は必要だ。入れ替えを前提にするならば選手は16人ぐらいでよいと思う。一方ベンチにいるだけなら…。レギュレーションも違う特別な大会。様々なベンチを見たからこそ、もう一度あり方を考えたい。【2020年8月11日掲載】

この記事が参加している募集

高校野球の思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オセアン滋賀ブラックスも応援お願いします。
滋賀県のテレビ局・びわ湖放送のアナウンサーです。高校野球ハイライトという番組でMCをしながら、2017年度からは夏の大会中に高校野球コラムを書いています。これまではfacebookで書いていましたが、2021年度からnoteに移行しました。これに伴って過去記事も移していきます。