塚本京平(びわ湖放送アナウンサー)

滋賀県のテレビ局・びわ湖放送のアナウンサーです。高校野球ハイライトという番組でMCをしながら、2017年度からは夏の大会中に高校野球コラムを書いています。これまではfacebookで書いていましたが、2021年度からnoteに移行しました。これに伴って過去記事も移していきます。
    • プロ野球ほかスポーツコラム

      • 8本

      NPBや独立リーグなど幅広いジャンルのコラムです。プロ野球に進んだ高校球児のコラムも併記します。

    • 高校野球コラム(2020)

      • 9本

      2020年にfacebookにて掲載した高校野球コラムです。新型コロナウイルスの影響で第102回全国高等学校野球選手権滋賀大会は中止。代替大会となる夏季滋賀県高校野球大会について裏話などを書きました。所属や学年は2020年度のものです。

    • 高校野球コラム(2021)

      • 18本

      2021年度の高校野球コラムです。第103回全国高校野球選手権、そして滋賀大会の中で高校野球ハイライトなど番組で伝えきれなかったエピソードを紹介します。この年からnoteでのコラム掲載を始めました。

    • 高校野球コラム(2018)

      • 7本

      2018年にfacebookにて掲載した高校野球コラムです。第100回全国高等学校野球選手権滋賀大会について裏話などを書きました。所属や学年は2018年度のものです。この年は高校野球ハイライト初出演のため、コラム執筆の余裕がほぼありませんでした。

    • 高校野球コラム(2019)

      • 11本

      2019年にfacebookにて掲載した高校野球コラムです。第101回全国高等学校野球選手権滋賀大会について裏話などを書きました。所属や学年は2019年度のものです。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事
+2

「滋賀の星」吉田輝星の右肩に、期待という名の重石を乗せてー

北海道日本ハムファイターズは、滋賀に住む私にとって最も縁遠い球団かもしれない。そもそも距離が遠い。1軍も2軍も阪神とリーグが違う。新庄剛志や坪井智哉も引退したし、…

+4

日本海オセアンリーグを「夢を叶えられる場所」にする~黒田翔一(オセアングループCEO/オセアン滋賀ブラックス社長)

2021年9月16日、東京で開かれた記者会見で、野球の新しい独立リーグ「日本海オセアンリーグ(以下NOL)」設立が発表された。発表概要は以下の通り。 ●2022年春に最初のNO…

+4

1軍デビューの今こそ聞き直したいインタビュー。この夏、土田龍空は何を語っていたのか。

突然の、鮮烈な1軍デビュー中日ドラゴンズの高卒ルーキー・土田龍空が1軍デビューを果たした。スポーツ紙によると溝脇隼人のコンディション不良が主な理由だが、プロ2打席…

+2

成長曲線はホームランの如し~高校野球ハイライト延長戦特別編・近江

「新チームの捕手は島瀧悠真」。水口東を破った去年の独自大会決勝直後、近江の首脳陣から聞かされた構想は衝撃的だった。確かに肩は強い。長打力もある。それでも名門で1…

+3

圧巻!盤石!近江1強時代再来か~2021夏の最終報告

第103回全国高校野球滋賀大会が閉幕。近江が中止だった去年を挟み、3大会連続15回目の甲子園出場を決めました。優勝自体は16回目。甲子園は春・夏合わせ20回目です。おめで…

飛躍期は楽しさとともに~高校野球ハイライト延長戦14日目・立命館守山

「創設期は終わった」。大会前、秋武祥仁監督の決意を話半分に受け止めた自分が恥ずかしい。創部6年目の立命館守山が準優勝を成し遂げた。捕手からコンバートされた北村怜…