BUHI SHOES

靴づくりをしています。新作のご紹介がメインです。 ウェブストアやSNSでは書ききれないような商品の詳細を書いています。

BUHI SHOES

靴づくりをしています。新作のご紹介がメインです。 ウェブストアやSNSでは書ききれないような商品の詳細を書いています。

    マガジン

    • 【2022 新作】

      ブヒの作る革靴たち。

    • ブヒの靴紐

      靴紐の紹介です。

    • 靴修理

      靴を解体したり、直したり。

    ストア

    • 商品の画像

      [size:27] ホールカット|バッファローヌメ|ハンドソーンウェルト(10分仕立て)

      [ブヒの作る靴は一点物です。] 絵画キュビスムから影響を受けた一足。 ソールやコバ面は機械では出せない手仕事ならではの風合いを靴で再現した一点ものです。 --------------------------------------------- ■製法 ・ハンドソーン製法(10分仕立て) ■木型 ・BUHI-Mラスト チョウナハツリ加工 (つま先にボリュームのあるラウンドトゥ) ■アッパー革 ・バッファローヌメ (頑丈でやや硬めの質感です。経年変化します。) ・カラー :ナチュラル(焦がし加工) ・厚み:2.0mm 前後 ・硬さ:硬め ■ソール ・レザーダブルソール ・ヒール:レザー+ゴム ■その他 ・ヒール積み上げ:あり(レザー) ・ミッドソール:あり(レザー3mm) ・ソール、コバ周り:チョウナハツリ仕上げ ※特殊形状のため、スチール取り付け不可。 ■ブログ ■靴紐 リネン混素材のワイルドな風合いが特徴の靴紐です。 使用色はモカ。 https://buhishoes.theshop.jp/items/56060990 ■サイズ [27.0 cm] ・内径  足長 285mm / ボールジョイント 252mm ・外径  全長 約305mm / 横幅 約115mm  ヒール高さ 約35mm ※内径とは、製作段階で使用した木型のサイズです。靴下を履いた状態でメジャー計測をした寸法と比較してください。足長は、計測した寸法に約15mmをプラスしてください。 ※外径とは、仕上がった靴を外側から計測した寸法です。あくまでも目安としてお考え下さい。 [サイズ感の説明→ https://www.buhi-shoes.com/post/_size ] その他気になる点やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■注意点 ・革の部位により写真の傷や色ムラの出方とは異なる場合がありますので、ご了承ください。 ・全て手作業で製造しています。商品ごとに個体差があります事をご理解下さい。 ・水濡れや汗などで色落ちする場合があります。白や淡色の靴下は色移りにご注意ください。 ・ご使用のPCやスマホにより画面上と実物では色が異なって見える場合があります。 ・サイズ違いやイメージ違い等による返品・交換は一切お受け出来ませんので、予めご確認の上ご購入ください。 ・万が一、不良品やご注文と異なる商品が届いた場合は到着より一週間以内にご連絡ください。 [CUSTOM SHOES PLANNING BUHI→ https://www.buhi-shoes.com ]
      120,000円
      CUSTOM SHOES PLANNING BUHI
    • 商品の画像

      [size:26] プレーントゥ|黒|シームレス|ハンドソーンウェルト(10分仕立て)

      [ブヒの作る靴は一点物です。] 絵画キュビスムから影響を受けた一足。 ソールやコバ面は機械では出せない手仕事ならではの風合いを靴で再現した一点ものです。 --------------------------------------------- ■製法 ・ハンドソーン製法(10分仕立て) ■木型 ・BUHI-T ラスト チョウナハツリ加工 (つま先が立体的に角ばった形状のチゼルトゥ) ■アッパー革 ・チャリ革 (密度が高く、強度のある革です。独特のシボが特徴です。) ・カラー :クロ シボ ・厚み:1.8mm 前後 ・硬さ:普通 ■ソール ・レザーソール(6mm) ・ヒール:レザー+ゴム ■その他 ・ヒール積み上げ:あり(レザー) ・ミッドソール:なし ・べベルドウェスト ・チャネル仕上げ ・ソール、コバ周り:チョウナハツリ仕上げ ※特殊形状のため、スチール取り付け不可。 ■ブログ ■靴紐 リネン混素材のワイルドな風合いが特徴の靴紐です。 使用色はクロ。 https://buhishoes.theshop.jp/items/56060990 ■サイズ [26.0 cm] ・内径  足長 285mm / ボールジョイント 246mm ・外径  全長 約290mm / 横幅 約110mm  ヒール高さ 約30mm ※内径とは、製作段階で使用した木型のサイズです。靴下を履いた状態でメジャー計測をした寸法と比較してください。足長は、計測した寸法に約25mmをプラスしてください。 ※外径とは、仕上がった靴を外側から計測した寸法です。あくまでも目安としてお考え下さい。 [サイズ感の説明→ https://www.buhi-shoes.com/post/_size ] その他気になる点やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■注意点 ・革の部位により写真の傷や色ムラの出方とは異なる場合がありますので、ご了承ください。 ・全て手作業で製造しています。商品ごとに個体差があります事をご理解下さい。 ・水濡れや汗などで色落ちする場合があります。白や淡色の靴下は色移りにご注意ください。 ・ご使用のPCやスマホにより画面上と実物では色が異なって見える場合があります。 ・サイズ違いやイメージ違い等による返品・交換は一切お受け出来ませんので、予めご確認の上ご購入ください。 ・万が一、不良品やご注文と異なる商品が届いた場合は到着より一週間以内にご連絡ください。 [CUSTOM SHOES PLANNING BUHI→ https://www.buhi-shoes.com ]
      120,000円
      CUSTOM SHOES PLANNING BUHI
    • 商品の画像

      [size:27] ホールカット|バッファローヌメ|ハンドソーンウェルト(10分仕立て)

      [ブヒの作る靴は一点物です。] 絵画キュビスムから影響を受けた一足。 ソールやコバ面は機械では出せない手仕事ならではの風合いを靴で再現した一点ものです。 --------------------------------------------- ■製法 ・ハンドソーン製法(10分仕立て) ■木型 ・BUHI-Mラスト チョウナハツリ加工 (つま先にボリュームのあるラウンドトゥ) ■アッパー革 ・バッファローヌメ (頑丈でやや硬めの質感です。経年変化します。) ・カラー :ナチュラル(焦がし加工) ・厚み:2.0mm 前後 ・硬さ:硬め ■ソール ・レザーダブルソール ・ヒール:レザー+ゴム ■その他 ・ヒール積み上げ:あり(レザー) ・ミッドソール:あり(レザー3mm) ・ソール、コバ周り:チョウナハツリ仕上げ ※特殊形状のため、スチール取り付け不可。 ■ブログ ■靴紐 リネン混素材のワイルドな風合いが特徴の靴紐です。 使用色はモカ。 https://buhishoes.theshop.jp/items/56060990 ■サイズ [27.0 cm] ・内径  足長 285mm / ボールジョイント 252mm ・外径  全長 約305mm / 横幅 約115mm  ヒール高さ 約35mm ※内径とは、製作段階で使用した木型のサイズです。靴下を履いた状態でメジャー計測をした寸法と比較してください。足長は、計測した寸法に約15mmをプラスしてください。 ※外径とは、仕上がった靴を外側から計測した寸法です。あくまでも目安としてお考え下さい。 [サイズ感の説明→ https://www.buhi-shoes.com/post/_size ] その他気になる点やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■注意点 ・革の部位により写真の傷や色ムラの出方とは異なる場合がありますので、ご了承ください。 ・全て手作業で製造しています。商品ごとに個体差があります事をご理解下さい。 ・水濡れや汗などで色落ちする場合があります。白や淡色の靴下は色移りにご注意ください。 ・ご使用のPCやスマホにより画面上と実物では色が異なって見える場合があります。 ・サイズ違いやイメージ違い等による返品・交換は一切お受け出来ませんので、予めご確認の上ご購入ください。 ・万が一、不良品やご注文と異なる商品が届いた場合は到着より一週間以内にご連絡ください。 [CUSTOM SHOES PLANNING BUHI→ https://www.buhi-shoes.com ]
      120,000円
      CUSTOM SHOES PLANNING BUHI
    • 商品の画像

      [size:26] プレーントゥ|黒|シームレス|ハンドソーンウェルト(10分仕立て)

      [ブヒの作る靴は一点物です。] 絵画キュビスムから影響を受けた一足。 ソールやコバ面は機械では出せない手仕事ならではの風合いを靴で再現した一点ものです。 --------------------------------------------- ■製法 ・ハンドソーン製法(10分仕立て) ■木型 ・BUHI-T ラスト チョウナハツリ加工 (つま先が立体的に角ばった形状のチゼルトゥ) ■アッパー革 ・チャリ革 (密度が高く、強度のある革です。独特のシボが特徴です。) ・カラー :クロ シボ ・厚み:1.8mm 前後 ・硬さ:普通 ■ソール ・レザーソール(6mm) ・ヒール:レザー+ゴム ■その他 ・ヒール積み上げ:あり(レザー) ・ミッドソール:なし ・べベルドウェスト ・チャネル仕上げ ・ソール、コバ周り:チョウナハツリ仕上げ ※特殊形状のため、スチール取り付け不可。 ■ブログ ■靴紐 リネン混素材のワイルドな風合いが特徴の靴紐です。 使用色はクロ。 https://buhishoes.theshop.jp/items/56060990 ■サイズ [26.0 cm] ・内径  足長 285mm / ボールジョイント 246mm ・外径  全長 約290mm / 横幅 約110mm  ヒール高さ 約30mm ※内径とは、製作段階で使用した木型のサイズです。靴下を履いた状態でメジャー計測をした寸法と比較してください。足長は、計測した寸法に約25mmをプラスしてください。 ※外径とは、仕上がった靴を外側から計測した寸法です。あくまでも目安としてお考え下さい。 [サイズ感の説明→ https://www.buhi-shoes.com/post/_size ] その他気になる点やご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■注意点 ・革の部位により写真の傷や色ムラの出方とは異なる場合がありますので、ご了承ください。 ・全て手作業で製造しています。商品ごとに個体差があります事をご理解下さい。 ・水濡れや汗などで色落ちする場合があります。白や淡色の靴下は色移りにご注意ください。 ・ご使用のPCやスマホにより画面上と実物では色が異なって見える場合があります。 ・サイズ違いやイメージ違い等による返品・交換は一切お受け出来ませんので、予めご確認の上ご購入ください。 ・万が一、不良品やご注文と異なる商品が届いた場合は到着より一週間以内にご連絡ください。 [CUSTOM SHOES PLANNING BUHI→ https://www.buhi-shoes.com ]
      120,000円
      CUSTOM SHOES PLANNING BUHI
    • もっとみる

    最近の記事

    【新作】本シュリンクレザーを使った靴づくり

    本シュリンクレザー 本シュリンクとは薬品で革をぎゅーっと縮めてシボを出すやり方です。 大きな革を縮めて約半分くらいのサイズになります。 そのため、密度が高く頑丈な革に仕上がります。 型押しシュリンクやタイコで回すシュリンクでは味わえないような、革本来のシワや血筋などがランダムに出るのが魅力です。 今回のこの本シュリンクレザーは専用に作ってもらいました。 こだわりは、この雰囲気では珍しいブライドル加工!!(シュリンクでブライドルはあまり見かけないです。) タンニン鞣しな

    スキ
    1
      • 【新作】チョウナハツリに魅せられた靴づくり

        手斧は釣り(チョウナハツリ) チョウナとは石器時代から使われてきた斧のこと。 曲がった柄と刃で構成される木工具です。 で、いろいろ書こうと思って調べていたのですが、わたし自身まだまだ勉強不足で説明しきれませんので、興味のある方はググってください。(すんません;) 出会いは突然!いつものように大好きな鎚起銅器などを眺めていると、たまたま美しいチョウナハツリの作品が目に止まりました。 「なんやコレはー!」と思ったブヒは「この感じ靴にも応用できひんやろか!」とひらめき試しに作っ

        スキ
        1
        • マットな靴紐たち

          極上の艶シリーズみたいなツヤツヤ靴紐も勿論良いのだけれども、マットな質感が好きなのも事実です。 マットな靴紐3兄弟!! 3種類それぞれ異なる個性を持ち合わせております。 1:生成り こちらは金剛打ちという編み方(打ち方?)で、12本撚りの紐になります。 よじれにくく耐摩耗性に優れています。 触った感じはやや柔らかめ。ですがミョーんと伸びる感じはないです。 ナイロン製のパラコード靴紐などには負けるかもしれませんが、綿素材でマットな質感なのに強い!ってのは魅力です。 2

          • 茶色系の新作できました[24cm]

            小さめシリーズの新作たちですが、この24cmは小さくもなく大きくもない。でももしかすると、ありそでなかったサイズ感なのかなと思ったりもします。 サイズ感のこと…24.5cm寄りの24cmです。 普段のサイズが23.5~24cmかなーって方にはやや大きいかもしれません。ご注意ください! ちなみに、ブヒシューズの同じ木型でS(25cm)を普段履いているワタシの場合。この24cmも履けます。 サイズ感はピッタリピタピタで、素足かタイツくらいしか無理。愛用の分厚い靴下が履けなくな

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【2022 新作】
            BUHI SHOES
          • ブヒの靴紐
            BUHI SHOES
          • 靴修理
            BUHI SHOES
          • ブヒの作る革靴
            BUHI SHOES
          • 2022/FRANKY
            BUHI SHOES

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ちいさめサイズたちできました[23cm]

            前回に引き続き、小さめサイズですー。23cmの2足です! 黒のウィングチップ!! 靴紐とレザーソールの色を合わせてパキッと!真っ黒じゃないところが気に入っています。 レザーソールを保護するつま先のゴムはひまわり色をチラリ。 ヒールは、カーキ色のDr.Soleをチョイスしました。 ライニングは空色の山羊革でクールに!つま先部分のライニングには柔らか〜なジビエ鹿革を使用しています。素足で履いても大丈夫です。 靴紐はコレのモカ色 アッパーは、国産のコンビ鞣レザー。程よ

            ちいさめサイズたちできました[22cm]

            ようやく着手できました。小さめサイズたち。 レディースとかメンズとかで区切るつもりはあんまりなくって、あくまでも小さめたち。今まで作ってきた靴たちより小さいってだけです。 それでも一応、柔らかめ、軽め。って部分は意識しました。 ハンドソーン製法でしっかりと。アウトステッチは機械縫いの9分仕立て。それでも十分すぎるくらい、いつまでーも履けるのではないかと思います。 ベーシックなデザインに少しスパイスを効かせたようなアレンジや配色の楽しい靴たちが出来上がりました。もちろん全てが

            スキ
            1

            また作りました。「革靴につけるやつ」

            今回使用したのは「YKKエクセラファスナーミックスカラー!!」 エレメントがミックスカラーなのです。 こんな感じで。 ギザギザのとこがミックスカラー!なんてテンションの上がるファスナーなんでしょう。こういう材料たちを見ているとワクワクが止まらないです。 ゴールド系の方は、茶色っぽいアンティークカッパー色とゴールドのミックス。 で、こっちがシルバー系。やや黒っぽいアンティークシルバーとシルバーのミックス。 どちらもたまらんミックス具合です。 今回は、この美しいファスナ

            スキ
            2

            今年のゲレーロはこうなりました

            2019年から毎年作っているゲレーロシリーズ。 今年はスリッポンタイプになりました。 この形はバイエルンの伝統的な作業靴ハファールシューズをイメージして作りました。 製法はノルウィージャン。 毎年同じことやらないのはもうご存じかと思います。 追加生産もしません。いつものことです。 靴紐があるので、いつものゲレーロみたいにスポーンと履く訳にはいきません。 それでも、そんなにキチッと!カチッと!履く雰囲気の靴でもありませんので、ゆるーく適当に履いて頂ければ嬉しいです。 「

            スキ
            10

            履けば履くほど良くなるチャッカブーツできました

            『履けば履くほど良くなる靴を作る』ってのはずーっと思っていることです。 傷とかシワとかそんなんも全部含めて愛おしいアイテムってのは、なんだかグッときます。 この靴はどんな風に育つやろかーと想像するのも楽しみのひとつ。 でもウチの靴はほとんどが一点ものですので、エイジングサンプルとか無いです。まぁでも、それはそれで育ってからのお楽しみって感じでアリかなと。 そんで多分、持ち主によってエイジングも異なるやろうし、正解とかないと思うんで、自分専用に育てて頂ければ嬉しいです。

            スキ
            1

            プレミアム仕上げのホールカットシューズできた

            新作できました。 素材の選定から加工、仕上げまで全てにこだわったプレミアムな靴ができました。 ブヒの魂がギッチギチに詰め込まれております。 『履ける芸術品を目指しました!』 by.BUHI 飾って眺めるだけなんて勿体無いです。 ガシガシ履いて、クッタクタになった姿で修理に戻ってくる日がかなり楽しみです。 ■アッパー革 ホースバットシュリンク。馬のお尻ですね。 厚み3mmと肉厚なのにしなやかでソフトな風合いに仕上がっているのは、馬革のエキスパートならではの鞣し技術だと

            スキ
            14

            ブーツにつけるやつと革靴につけるやつ

            できました!! こんなして、革靴につけるやつです。 靴紐を結ぶのがめんどくさーい方や、持ってる革靴をアレンジして楽しみたい方にいかがでしょーか!なお品です。 3色作りました。 今回も勿論、YKKのエクセラファスナー使用です。 ブーツにつけるやつよりもやや細めのNo.05タイプです。 外羽根タイプの短靴にご使用ください。 合わせやすいブラウン。 同系色で合わせるとこんな感じ。 これがブラック。 どうせなら靴紐で遊んでほしいなーと思うけど、まぁ自由にしてください。

            バラしたベックマンが届きました。

            バラしたベックマンとはつまりこんな状態のこと。 ソールを外して、縫い目を解いて、ウェルトやら中底やらを外すと、こんな感じで靴の中身をマジマジと観察できます。 「あら、案外たのしいわ」と思われたか、もしくは「めんどくさーい、こんなこと二度とやりたくなーい」と思われたかは分かりませんが、その好奇心は素晴らしいと思います。 ちなみに、ワタクシ妻は靴をバラす際に何度も流血しておりますので、二度とやりたくない!と思っている作業ナンバーワンです。恐ろしいです。 なので、このベック

            スキ
            5

            【新作】やっぱり鎚起加工をした内羽根のキャップトゥを作りました。

            新作できました。 もう!わかったから!ってくらいに、やっぱり鎚起加工しました。 でも今回のは少し様子が異なります。 イメージは「煮色仕上げ」 銅合金の表面の化成処理の一つです。化学反応によって仕上がる色が変わるという、何とも面白い技法です。そんで仕上がった物も最高に美しいです。 そんな金属のような風合いを表現しています。 元々はグレーのクードゥーレザー。 その上から、紺や緑、赤などの色をパティーヌの要領で染料をのせていきました。 光の加減で色が変化する金属のような風

            スキ
            6

            【新作】クードゥーを鍛金みたいに加工してプレーントゥの靴を作りました。

            新作できました。 今回も!器をイメージした靴です。 前回(コレ)と、使用している革は同じです。アイ・ラブ・クードゥー。 今回はアッパーも鎚起加工を施しました。 ボコボコとした立体感が面白い表情になっているのではないかと思います。 クードゥー革本来の荒々しい傷や風合いに鎚起加工が加わることにより、更にワイルドな靴に仕上がっていること間違いなしです。 今回のソール周りは「青銅」のイメージ。 ブヒ念願のレザーを青銅のように見せた仕上げ。 青緑色の鈍い光を表現しました。

            スキ
            2

            【新作】クードゥーで器をイメージしたチャッカブーツを作りました。

            新作できました。 器をイメージしたチャッカブーツです。 「え、器って言った?」 そうです。あのご飯食べるやつです、お茶飲むアレです。器(うつわ)です。 遡ること今から20年弱前のこと。 ブヒは陶芸家の道に進むことを本気で考えていた時がありました。 悩んだ末、結局はこっちの道へ来ましたが、今でも自宅に窯がほしいなとか考えなくもないです。私も陶芸やりたいです。 陶芸って素晴らしいですよね。 一点モノならではの味わい、一つ一つ異なる表情。使い込むほどに愛おしくなる器たち。

            スキ
            3

            【新作】ホールカットのアンクルブーツをハンドソーンノルべジェーぜ製法で作りました。

            新作できました。 贅沢な一枚革を使用したホールカットのアンクルブーツです。 一枚のパーツから成るホールカットは、大きく部位が必要となるので贅沢と言われています。むしろ一回で切り終わるし、何回も縫製しなくていいから、ラクなんちゃうんー?と思った方もいらっしゃるかもしれません。妻もそう思っていました。 「手ぇ抜いてるんちゃうん?」「違うわ!」そんなやりとりがありました。笑 しかし、革の傷や穴開きなどを避けてパーツを取るのは、良い革でないと案外難しいこともあるのです。革の向

            スキ
            6