Best Beer Japan

ITを使って日本のクラフトビール市場を支援しています。 Best Beer Japanはビールの運送… もっとみる

Best Beer Japan

ITを使って日本のクラフトビール市場を支援しています。 Best Beer Japanはビールの運送費を半分にできる、日本初の樽シェアリングサービス「レン樽」を運営しています。 醸造所を効率よく管理するソフトも開発しております。事務作業の時間を短縮し、ビール造りに集中できます。

最近の記事

実例から読み解くクラフトビール醸造所が成功するためのSNS戦略

クラフトビール市場の急成長の裏には醸造所の差別化を作るSNS戦略が重要である。 これに関してボストンに拠点を置くHarpoon Brewingのデジタル戦略担当ディレクターであるMegan Wilson氏が下記の英語の記事でアメリカでビール業界を中心に活動するAll About Beer Magazineの編集者John Holl氏により取材された。 酒税や醸造所を管理するシステムを提供するBest Beer Japanが記事を翻訳してお役に立てれば幸いです。 ※元記事はこち

    • クラフトビールの成長とその裏にある課題の考察

      近年クラフトビールが台頭しているが、その理由はさほど驚くものではないだろう。小規模で独立した醸造所が、個性的で味わい深いビールを提供しているため、ビール業界に大きな影響を与えている。しかし、クラフトビールとはいったい何なのか、なぜこれほどまでに人気を集めているのか。 クラフトビールの定義は日本においてははっきり定められてはいないが、Best Beer Japanが考える定義としては小規模で独立した、大手の資本が入っていない醸造所が製造するビールである。これらの醸造所は、大企

      • クラフトビールの平均価格とは?新規醸造所立上げ時に知っておきたい価格事情

        近年、クラフトビールの醸造所が増加し、500を超える醸造所で今日もビールが造られている。そんな中で醸造所側での難しい作業の一つが「価格設定」である。そこで今回は実際にビールを飲み手に提供するビアバーがスタイル別にいくらで提供しているのか、酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上と取引をしている醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが東京の10店舗を参考にスタイル別の値段をまとめてみた。 ※今回の価格に関してはあくまで参考として見てい

        • 日本人にも人気な、IPAの種類とレシピをアメリカの有名なクラフトビール醸造所バラスポイントから紐解く③

          近年、クラフトビールの醸造所が増加し、500を超える醸造所で今日もビールが造られている。そんな中でも人気が高いのは「IPA」と呼ばれるスタイルである。しかし一口にIPAと言ってもその種類やレシピは多岐にわたる。 そこで今回は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上と取引をしている醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanがアメリカはサンディエゴにあり、日本でも人気が高いBallast Point Breweryがホームブリュー用に公開して

        実例から読み解くクラフトビール醸造所が成功するためのSNS戦略

        • クラフトビールの成長とその裏にある課題の考察

        • クラフトビールの平均価格とは?新規醸造所立上げ時に知っておきたい価格事情

        • 日本人にも人気な、IPAの種類とレシピをアメリカの有名なクラフトビール醸造所バラスポイントから紐解く③

          日本人にも人気な、IPAの種類とレシピをアメリカの有名なクラフトビール醸造所バラスポイントから紐解く②

          近年、クラフトビールの醸造所が増加し、500を超える醸造所で今日もビールが造られている。そんな中でも人気が高いのは「IPA」と呼ばれるスタイルである。しかし一口にIPAと言ってもその種類やレシピは多岐にわたる。 そこで今回は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上と取引をしている醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanがアメリカはサンディエゴにあり、日本でも人気が高いBallast Point Breweryがホームブリュー用に公開して

          日本人にも人気な、IPAの種類とレシピをアメリカの有名なクラフトビール醸造所バラスポイントから紐解く②

          日本人にも人気な、IPAの種類とレシピをアメリカの有名なクラフトビール醸造所バラスポイントから紐解く①

          近年、クラフトビールの醸造所が増加し、500を超える醸造所で今日もビールが造られている。そんな中でも人気が高いのは「IPA」と呼ばれるスタイルである。しかし一口にIPAと言ってもその種類やレシピは多岐にわたる。 そこで今回は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上と取引をしている醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanがアメリカはサンディエゴにあり、日本でも人気が高いBallast Point Breweryがホームブリュー用に公開して

          日本人にも人気な、IPAの種類とレシピをアメリカの有名なクラフトビール醸造所バラスポイントから紐解く①

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.7

          1.はじめに この企画は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上の醸造所と取引がある醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが全国のブルワーさんにインタビューを行い、立ち上げ時の注意点や困ったことを聞いて新規醸造所を立ち上げる方々に向けて発信しています。 静岡市で醸造開始予定のブルワー、福山康大氏にヒアリングさせていただきました。 2.インタビュー内容まとめ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■立ち上げる時に困ったこと ①

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.7

          新規醸造所立ち上げ時のよくある注意点まとめVol.1_総集編

          1.はじめに 近年、クラフトビールが消費者により根付きつつあり、醸造所の数も右肩上がりに増えている。しかし、醸造所を立ち上げるに際しては設備や土地、免許、資金など色々な問題が付きまとうことも事実である。 酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上と取引している醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが何人かのブルワーにインタビューを行い、実際に彼らが経験したり聞いたりした注意点や困りごとをまとめてみた。 これから新規醸造所を立ち上げた

          新規醸造所立ち上げ時のよくある注意点まとめVol.1_総集編

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.6

          1.はじめに この企画は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上の醸造所と取引がある醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが全国のブルワーさんにインタビューを行い、立ち上げ時の注意点や困ったことを聞いて新規醸造所を立ち上げる方々に向けて発信しています。 山梨県小菅村で2017年から醸造しているのFar Yeast Brewing株式会社の山田 司朗さんにインタビューさせていただきました。 2.インタビュー内容まとめ ーーーーーーー

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.6

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.5

          1.はじめに この企画は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上の醸造所と取引がある醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが全国のブルワーさんにインタビューを行い、立ち上げ時の注意点や困ったことを聞いて新規醸造所を立ち上げる方々に向けて発信しています。 山形県米沢市にある米沢ジャックスブルワリーのブルワー、槙山秀都さんにヒアリングさせていただきました。 ※米沢ジャックスブルワリーホームページはこちら 2.インタビュー内容まとめ ー

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.5

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.4

          1.はじめに この企画は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上の醸造所と取引がある醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが全国のブルワーさんにインタビューを行い、立ち上げ時の注意点や困ったことを聞いて新規醸造所を立ち上げる方々に向けて発信しています。 福岡県福津市で醸造開始予定の合同会社ミチクサのブルワー、江藤彰洋さんにヒアリングさせていただきました。 2.インタビュー内容まとめ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.4

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.3

          1.はじめに この企画は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上の醸造所と取引がある醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが全国のブルワーさんにインタビューを行い、立ち上げ時の注意点や困ったことを聞いて新規醸造所を立ち上げる方々に向けて発信しています。 石川県金沢市で醸造開始予定のBREW CLASSICのブルワー、酒尾 壮典さんにヒアリングさせていただきました。 ※HPサイトはこちら 2.インタビュー内容まとめーーーーーーーーー

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.3

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.2

          1.はじめに この企画は酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、50社以上の醸造所と取引がある醸造所の管理システムを作っているBest Beer Japanが全国のブルワーさんにインタビューを行い、立ち上げ時の注意点や困ったことを聞いて新規醸造所を立ち上げる方々に向けて発信しています。 今回は株式会社HUGE NUMBER NINE BREWERYのブルワー、齋藤健吾さんにヒアリングさせていただきました。 2.インタビュー内容まとめ ーーーーーーーーーーーーーーー

          新規醸造所立ち上げよくいある注意点まとめVol.2

          「とりあえずビール?」ビールスタートアップBest Beer Japanが日本最大級のビジネスピッチコンテストに登壇

          日本の最大級スタートアップピッチコンテストIVS LAUNCHPADが11月19日、2年ぶりに那須高原で対面開催された。防寒着とフェイスマスクの海の中に「ビール好き」が書いてあるTシャツだけ着ている起業家ピーター・ローゼンバーグが目立つ。彼の会社Best Beer Japanは7,000年以上歴史があるビール業界をDXする。ビールへの熱心はダウンジャケットより温かい。 Best Beer Japanはクラフトビール醸造所がビール作りに集中できるよう、事務作業の負担が軽減

          「とりあえずビール?」ビールスタートアップBest Beer Japanが日本最大級のビジネスピッチコンテストに登壇

          クラフトビール原材料が買える仕入れ先まとめ

          ▼この記事でわかること ・各原材料メーカーの取り扱い原材料比較 1.クラフトビール原材料の情報量の現状クラフトビールの特徴の一つとしては職人が丹精込めて造るバラエティに富んだ味にある。 しかし新しいクラフトビール醸造所は原材料をどこから仕入できるか分りづらい現状があり、実際に検索などしてみても「どこがどの原材料の取り扱いがあるのか」が非常に分かりにくい状況である。 酒税の申請を半日から30分まで減らす実績があり、40社以上が導入している醸造所の管理システムを作っているBe

          クラフトビール原材料が買える仕入れ先まとめ

          3人だからこそ追求したこだわりと効率性 〜Camado Breweryが人気のクラフトビールを作り続けるために実現した業務効率化とは〜

           2021年、醸造しているクラフトビールメーカーが初めて500社を超えた一方、呉ビール、アオイビール、大和葡萄酒の老舗3社の廃業もあった。先行き不透明の中、クラフトビール メーカー各社は生き残りをかけて、コロナ禍の環境への適用を求められている。  ここではコロナ禍に創業し、着実に売上を伸ばす岐阜県・Camado BreweryがBest Beer Japan業務用ECサイト(飲食店・酒販店向けの販売システム)を導入し業務効率化を進めたことで人気のビールを作り続けられるようにな

          3人だからこそ追求したこだわりと効率性 〜Camado Breweryが人気のクラフトビールを作り続けるために実現した業務効率化とは〜