梶井彩子

右の立場から言論における右左について、対米関係について考え中。雑誌やネットメディアに時々寄稿。読んだ本のレビューや、テーマを深めるための記事を公開します。第二次安倍政権に関する本を読む「あべ本レビュー」も。ご連絡はこちらまで→ayako_kajii(a)yahoo.co.jp
    • あべ本レビュー 10冊パック③
      あべ本レビュー 10冊パック③
      • 10本

      第二次安倍政権について書かれた親安倍・反安倍書籍を読んで好き勝手に解説する「あべ本レビュー」、#21から#30までをまとめたマガジンです。この10冊は「記者職」の方の著作が多く並びました。中身はもちろんピンキリです。

    • あべ本レビュー 10冊パック②
      あべ本レビュー 10冊パック②
      • 11本

      第二次安倍政権について書かれた親安倍・反安倍書籍を読んで好き勝手に解説する「あべ本レビュー」、#11から#20までをまとめたマガジンです。今回は香山リカ氏の隠れた「あべ本」や、反あべ本を連発している佐高信さんの本などを取り上げました。

    • 嫌韓と知韓を考えるシリーズ
      嫌韓と知韓を考えるシリーズ
      • 5本

      日韓関係の悪化で、「嫌韓メディア」と称される右派が過激なタイトルで雑誌を売ったが、左派(リベラル)メディアは右派に物申すだけで自らの主張を展開できていなかったのではないか。一方で、書籍では「知韓」を促す良書も。日韓関係が気になる右派にも左派にも読んでもらいたい記事をまとめました。

    • Netflix+書籍で知識を深めるシリーズ①
      Netflix+書籍で知識を深めるシリーズ①
      • 5本

      動画と本で、様々なジャンルの知識が深まる組み合わせをご紹介、おすすめポイントや勘所を解説するシリーズです。

    • あべ本レビュー 10冊パック①
      あべ本レビュー 10冊パック①
      • 10本

      第二次安倍政権について書かれた親安倍・反安倍書籍を読んで好き勝手に解説する「あべ本レビュー」、#1から#10までをまとめたマガジンです。今回は望月衣塑子記者、山口敬之氏、安冨歩氏、相澤冬樹元NHK記者らの本など幅広い著作をチェック。

陰謀論とは何か―自分を「正義の側」に置いたらおしまいです

■どこにでも広がる陰謀論の入り口 『週刊プレイボーイ』2020年12月21日号の「ギャルの流行語大賞2020」を読んでいたら、陰謀論への入り口が開いていました。 「安倍さん…

【あべ本#31】田原総一朗×望月衣塑子『嫌われるジャーナリスト』

「もはや望月本」レビューか 「安倍政権は終わっても、あべ本レビューは終わりません」 というか、むしろここからが本番と言いますか、今後安倍政権総括・検証本がたくさ…

【中国崩壊論・番外編#1】宋暁軍ほか『不機嫌な中国 中国が世界を思い通りに動かす日』

中国の人々の「むき出しの本音」とは 急に忙しくなったり図書館がコロナの影響で閉館していたりで進んでおりませんでした「中国崩壊論検証シリーズ」。まだ一冊しか取り上…

【あべ本#30】毎日新聞取材班『公文書危機』

破棄された文書を追って 本欄でも取り上げました「桜を見る会」に関する書籍『汚れた桜』に続いて二度目の登場、毎日新聞取材班による『公文書危機』。こちらも「桜を見る…

【あべ本#29】駒木明義『安倍vs.プーチン ――日ロ交渉はなぜ行き詰まったのか?』

現実を直視せねばならない 筆者の駒木明義氏は朝日新聞の元モスクワ支局長で、現在は論説委員をおつとめになっています。取材に加え、日露双方の報道ベースに乗った両政府…

【あべ本#28】森功『官邸官僚―安倍一強を支えた側近政治の罪』

同じ読むならこういうレポートを読むべき 実は本書、は2019年5月の発売直後に読んでいたのですが、当時は「森友・加計問題について新情報が書かれているかどうか」に注目…