梶井彩子

右の立場から言論における右左について、対米関係について考え中。雑誌やネットメディアに時々寄稿。読んだ本のレビューや、テーマを深めるための記事を公開します。第二次安倍政権に関する本を読む「あべ本レビュー」も。ご連絡はこちらまで→ayako_kajii(a)yahoo.co.jp
    • Netflix+書籍で知識を深めるシリーズ①

      • 6本

      動画と本で、様々なジャンルの知識が深まる組み合わせをご紹介、おすすめポイントや勘所を解説するシリーズです。

    • あべ本レビュー 10冊パック③

      • 10本

      第二次安倍政権について書かれた親安倍・反安倍書籍を読んで好き勝手に解説する「あべ本レビュー」、#21から#30までをまとめたマガジンです。この10冊は「記者職」の方の著作が多く並びました。中身はもちろんピンキリです。

    • あべ本レビュー 10冊パック②

      • 10本

      第二次安倍政権について書かれた親安倍・反安倍書籍を読んで好き勝手に解説する「あべ本レビュー」、#11から#20までをまとめたマガジンです。今回は香山リカ氏の隠れた「あべ本」や、反あべ本を連発している佐高信さんの本などを取り上げました。

    • 嫌韓と知韓を考えるシリーズ

      • 5本

      日韓関係の悪化で、「嫌韓メディア」と称される右派が過激なタイトルで雑誌を売ったが、左派(リベラル)メディアは右派に物申すだけで自らの主張を展開できていなかったのではないか。一方で、書籍では「知韓」を促す良書も。日韓関係が気になる右派にも左派にも読んでもらいたい記事をまとめました。

    • あべ本レビュー 10冊パック①

      • 10本

      第二次安倍政権について書かれた親安倍・反安倍書籍を読んで好き勝手に解説する「あべ本レビュー」、#1から#10までをまとめたマガジンです。今回は望月衣塑子記者、山口敬之氏、安冨歩氏、相澤冬樹元NHK記者らの本など幅広い著作をチェック。

【すが本#1】西谷文和『ポンコツ総理 スガーリンの正体』

出オチ感満載の「すが本」「すが本もレビューしようかな…」などと思っているうちに、菅政権があとひと月ほどで終わるという事態となっております。すでに刊行されている「…

【あべ本#34】朝日新聞取材班『自壊する官邸』

■安倍批判の弾幕が薄いよ! 何やってんの朝日新聞紙面でも連載していた「未完の長期政権」。安倍政権の総括をしつつ、そのあとを継いだ菅政権の課題を浮き彫りにしようと…

【あべ本#33】齋藤芳弘 (文)、矢吹申彦 (絵)『嘘つきシンちゃんの脳みそ』

■「あべ本」ウォッチャーとして不覚でしたいやー、やはりコロナ禍と言えど、定期的に大きな書店に行かないとこういう本を見逃しますね。政治コーナーにこんな本が面陳され…

【あべ本#32】安倍寛信『安倍家の素顔』

■ハロプロ写真集系出版社が出した「奇書」なぜか新宿紀伊国屋書店(3階)で大展開されているのを目撃した、装丁からしてかなり独特の雰囲気を漂わせているこちらの「あべ…

【ネタバレ注意】シン・エヴァンゲリオンを観てきました(個人的メモ)

■ 何をもって「ネタバレ」というかはともかく、事前情報を極力仕入れないまま作品に対峙したかったため、公開初日に劇場へ足を運びました。この記事も、ネタバレというほ…

森発言をめぐるあれこれにモヤモヤしている皆さんと考えるための個人的論点整理

「森発言」について、なんだかなあと思いながらも、流れてくる情報やツイートが目に留まる。しかし「黙っていたら黙認と一緒」「即刻辞めさせろ」「いいや、あれはむしろ女…