zigk69

現代医学こそ科学的に正しい医学と思われているが、本当は天動説のように論証の仕方を間違った誤謬科学である。そのために完治できず副作用に苦しむことになる。ところが、地動説といえる「量子磁気医学」ならば、即効的であり確実に完治可能である。これにより、医学はパラダイム転換することになる。

zigk69

現代医学こそ科学的に正しい医学と思われているが、本当は天動説のように論証の仕方を間違った誤謬科学である。そのために完治できず副作用に苦しむことになる。ところが、地動説といえる「量子磁気医学」ならば、即効的であり確実に完治可能である。これにより、医学はパラダイム転換することになる。

    最近の記事

    科学研究とは何か、それは法則の探究であり、現象の分類ではない。

    ヨーロッパにおいて大航海時代になると、珍しい物やそれまで知られていなかった物が、世界中から収集されるようになり博物学が発展した。そこから、収集した物を何らかの特徴によって分けていき、体系化する分類学が派生した。当時においては、それが科学研究とされていたのである。 ところが、地動説(太陽中心説)の提唱に端を発し、「万有引力」の発見によるニュートン力学の確立というプロセスから、科学研究とは法則を探究することであり、現象を分類し体系化することではない、と研究者たちは考えるようにな

    スキ
    1
      • 熱中症の対症療法

        熱中症になったら、体幹部の温度を下げるために、首筋やわき、足の付け根などの太い血管が体表に現れている部位を冷やして、血液の温度を下げることが有効な治療法とされている。しかし、これは対症療法の見本といってよいだろう。効果がないとは言わないが、即効性に難があり、症状改善までに時間がかかる。 熱中症は熱を過剰に産生し続ける状態であるから、熱産生機能を抑制できれば血液を冷却しなくても体温は下がる。「量子磁気医学」の治療法則に従って、いくつかの部位に物理的作用を加えるだけでよい。それ

        スキ
        1
        • noteが「ニセ量子医学」で溢れている。この「量子磁気医学」だけが本物である。効果のないニセ医学は排除しよう。

          メタトロンという治療器で病気なんか治せない。薬物療法のほとんどはタンパク質分子と結合してその機能を調整して病気を治そうとする。量子医学というものが成立するならば、タンパク質分子を量子効果という「量子力学」特有の現象によって正常化するはずである。単に共鳴するというだけでは量子効果ではない。また、共鳴することによってエネルギーの吸収・放出が起きて、タンパク質分子が「構造相転移」という構造変化する。これによって機能が変化する。 タンパク質分子において機能制御に関与するのは、骨格構

          スキ
          1
          • バイアスだらけのしぶとい患者たちは、治せる治療法を拒否する

            認知科学でバイアスとは、「傾向、偏向、先入観、データ等の偏り、思考や判断に特定の偏りをもたらす思い込み要因、得られる情報が偏っていることによる認識の歪み、といった意味で用いられる語」Weblio辞典より 天動説と地動説の論争は地動説が勝利した、宇宙の中心が太陽か、地球か、というだけの問題ではない。天動説は目で見たままの太陽の運動を、頭の中で都合よく理屈をつけただけの説明である。このような思考を思弁という。 地動説は地球の運動を事実に基づいて矛盾なく説明しようとした。すると

            • 熱中症の対症療法

              スキ
              1
              1日前
              • noteが「ニセ量子医学」で溢れている。この「量子磁気医学」だけが本物である。効果のないニセ医学は排除しよう。

                スキ
                1
                5日前
                • バイアスだらけのしぶとい患者たちは、治せる治療法を拒否する

                  5日前
                  • 新型コロナ医療ひっ迫、入院できない患者たち

                    入院しなくても「量子磁気医学」による治療を行うならば、助かる命も多数あるだろうに。何百回、こんなことを書いてきたことだろうか、 嗚呼 新型コロナか、それ以外か、病気ならば治療しなければならないことは同じである。「量子磁気医学」では、細菌か、ウイルスか。ウイルスならば新型コロナか、それ以外か、といった分類は必要ない。原因が何であろうが、ほぼ同じ治療法でよいからである。さらに、基礎疾患があるならば、それに対しても、併せて同じ方法を適用しておけばよい。 つまり、「量子磁気医学

                    • 治せる治療法「量子磁気医学」を選択できない患者たち

                      ここに書かれていることは、事実であり科学的に正しい。しかし、科学は複雑でありやさしくない。漫然と読み流してしまうと、治せる治療法である「量子磁気医学」に到達することはできない。きちんと読み込んで理解しよう。人生を、社会を、歴史を一変させる重要な治療理論である。                                   日常経験する病気のほとんどは、「量子磁気医学」という1つの治療理論を知っていれば自分で簡単即効的に完治させることができる。       この事実を、

                      スキ
                      4
                      • 患者たちよ、量子力学を知ろう

                        科学的主張は、大きく分けて3つに分類されるだろう。 事実がなく、デタラメな論証が行われているニセ科学。 ある程度の事実があるが、論証の仕方を間違っている誤謬科学。 確実な事実があり、正しい論証が行われている真正科学。 治せる治療法がないならば、治せないのは当然である。ところが本当は既に多くの病気を簡単に治せる治療法があるのに、治せない状況が続いているのである。それはなぜか、その治療法が患者たちに選択されないのである。どんなに優れた治療法であっても、その治療が実行されないなら

                        スキ
                        1
                        • 鼻腔・気管・肺の炎症は磁気だけで即効的に完治可能である。

                          鼻腔であればアレルギー性鼻炎、気管であれば気管支炎や喘息、さらに肺炎も、永久磁石からの磁気だけで即効的に治癒できることは確認済みである。原因が細菌やウイルス、アレルギー性などを問わない。 これまでの治癒事例から、細菌や風邪ウイルスやインフルエンザウイルスは、免疫機能を正常化するだけで十分対抗できることが確認されている。発症した場合の症状に違いがあったとしても、病原体としての基本的な性質はこれまでと同じであるから、同じ方法で治療できる。免疫系はそれらの病原体に対抗できるだけの

                          スキ
                          1
                          • 人類が知る知識の中で、物理法則ほど確実なものはない

                            確実な知識である物理法則に結びつけられた治療法が、最も確実で有効ということになるだろう。病気という現象は、分子・原子レベルで現れる異常であるから、その階層を支配している量子力学という、現代物質科学の基本法則に従っているはずである。ところが、現代医学は生命現象を単なる化学反応の集積と考えて、生命現象が量子力学の支配下にあることを認めていない。だから、不確実で、副作用のある対症療法にしかならない。現代医学は天動説のように論証の仕方を間違えた誤謬科学である。 「ニセ量子医学」であ

                            スキ
                            1
                            • 自宅療養するなら「量子磁気医学」による治療を行えばよい

                              「量子磁気医学」は自分で治すための理論である、この治療ならば新型コロナも自分で治せる。たった1冊の電子書籍「ニセ科学ではなかった磁気療法』を読むだけで人生が変わる、命が助かる。 現代医学など天動説にすぎない、量子磁気医学こそ地動説といえる。科学を熟知している人物ならば、話を聞いただけで即座にあり得ることである、と判断するだろう。                          科学的思考を嫌う人物たちは体験しなければ納得することはない、しかし、やろうとはしないので納得する

                              スキ
                              1
                              • なぜ、磁気治療が極めて有効な治療法なのか

                                大部分の病気はタンパク質分子の構造と機能の異常によって起きる。構造と機能を元の構造と機能状態に戻すことができれば治ることになる。数万種類もあるタンパク質のなかから、異常な分子を特定してそれに適合する化学物質を結合させることは至難の業である。標的としていない分子と結合して副作用が起きることも多い。 ところが、磁気を加えてタンパク質分子を制御すると、ある磁気の加え方をした場合であるが、異常状態にあるタンパク質分子のみが自動的に反応して、異常状態が正常状態に変わるのである。数万種

                                スキ
                                1
                                • 変異を続ける新型コロナ、最終にして最強の治療理論、それが「量子磁気医学」となるだろう。

                                  新型コロナの治療法に対する予測である。治したければ、詳細が書かれている電子書籍『ニセ科学ではなかった磁気療法』を読んでみればよい。   こちらから検索しよう⇨ブログ「新・とんでも医学備忘録」

                                  • 「量子磁気医学」による治療を行うためには準備が必要である

                                    薬物療法ならば服用するだけでよい。しかし、この磁気治療を行うためには、治療理論を理解していなければならない。そのためには理論が書かれている電子書籍を読んでいることが必須の前提条件となる。簡単な治療法ではあるがメカニズムは難解である。しかし、メカニズムを知らなくてもよい。治療を数回経験すればたいていの病気は治せるようになる。 次に、治療を行うための磁石を用意しておくことである。磁極によって効果が反対になるので、表裏の形状によってS極とN極の判別ができる医療用の永久磁石を数十個

                                    スキ
                                    1
                                    • 「正しい医学知識」とは何か

                                      医学は治療を目的とする学問である。したがって、医療の専門家である医師たちは「正しい医学知識」を知っているはずである。ところが、医師たちの指導を守り、最新の治療を受けても、治らない治せない病気は数多く、副作用などの不都合が解消されることもない。 正しくない知識には2通りある。事実がなくデタラメな論証が行われる、いわゆるニセ科学である。もう1つは天動説のようにある程度の事実はあるが、論証の仕方を間違った誤謬科学である。現代医学は誤謬科学に分類されると考えられる。そのために、治せ

                                      • 新型コロナに治療薬は不要、1つの理論を理解するだけでよい

                                        ニセ医学に騙されるも、天動説同様の誤謬科学である現代医学に騙されるも正しくないという意味では五十歩百歩。考えることを嫌い、バカにするばかりで、やってみようともしない愚かな患者たち。治りたい、死にたくないならば、「量子磁気医学」という治療理論が書かれている電子書籍『ニセ科学ではなかった磁気療法』を読んでみるがよい。これこそが、現代医学にとって代わる理論的に正しい治療法である。 治せる治療法をバカして、自ら治せない治療法を選択する、自業自得というしかない。病気が治らないことを嘆

                                        スキ
                                        1
                                        • 熱中症に備えて

                                          「量子磁気医学」について書かれている、電子書籍『ニセ科学ではなかった磁気療法』を読まれた人たちがいる。磁気を加えるだけで簡単に体温を制御できるメカニズムを理解されて、実際に冷え症や多汗症を即効的に完治、という体験ができただろう。                       熱中症は多汗症の汗が出ない状態、と考えれば簡単に治療ができる。治療法則に従い何度か治療を行って、どこに、どのように、磁気を加えればよいか、そのノウハウを習熟すればよいだけである。たぶん、すでに御自分で熱中症