カワベマサノリ

人の幸せとは何か…ということを真剣に考える人間です。仕事としてヒーリングとカウンセリング他に、絵を描いたり音楽したり料理したりします。 LINE: atelierkoshiki https://www.instagram.com/kawabemasanori.ojiji/

カワベマサノリ

人の幸せとは何か…ということを真剣に考える人間です。仕事としてヒーリングとカウンセリング他に、絵を描いたり音楽したり料理したりします。 LINE: atelierkoshiki https://www.instagram.com/kawabemasanori.ojiji/

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    初めての方へ、自己紹介

     ヒーリングという仕事をしています。いわゆる「気」の力で、頸椎2番を調整し、体を癒やしたり整えたりするような仕事です。  そもそも僕が頚椎2番と出会ったのは(誰でもうなじの下に頚椎2番を持っているので「出会った」というのはおかしいのですが)、2007年のこと。人の体を見ていると、頚椎2番の歪みが「見える」、そして更にしばらく見ていると整えることができることに気付いたのです。  どうやら、持って生まれた才能開花。  色々な人に試す内に、あんなものもこんなものも治る…というわけで

      • 夢解釈の仕方

        見た夢を覚えておくだけでなく、解釈することが大事です。 ただし、どうでも良い夢は解釈しなくて良いです。 何がどうでも良くて、何がどうでも良くないかは、率直な印象です。 指標としては、どうでも良い夢は支離滅裂です。 価値ある夢は、謎めいていますが筋が通っています。 ちなみに! 眠る前には精神を整え、鎮めた方が良いと先日書きましたが、それでもどうでも良い夢を見る時は見ます。 夢解釈する時、夢辞典はあまり参考にしない方が良いと思います。 夢辞典が当てにならないというのではなく

        • 眠っている間の出来事

          睡眠は、単に体力回復をするためだけの時間ではありません。 眠っている間に、覚醒中には得られない癒やしや学びや調整を受けています。 ですから眠りを軽視することなく、むしろ眠りをこそ大切に考えて、夢の世界に旅立つと良いと思います。 眠る寸前までネットを見たり、刺激の強い本を読んだりしていると、夢の中にこれらのものが入り込んできてしまいます。 そこで眠る前には数分で良いから、部屋を暗くして瞑想し、完全にリセットすることをお勧めします。 ちなみに「刺激の強い本」というのは人それぞれで

          • 夢日記をつけてみましょう

            ほとんど毎日、夢を見ることと思います。 夢を思い出すようにしましょう。 そして朝、起きたら書き留めておくことにしましょう。 すると夢をもっと見ることが出来るようになります。 夢には意味のないものもあるけれど、心の声や進むべき道、今現在の問題やその問題の解決のヒントを示してくれるものがあります。 また眠っている間に私たちの霊魂は体から離れて、癒やされたり教えられたりして、また朝に帰ってきます。 「そうなんだ」と思うだけで、次の体験の扉が開けます。 本当に人間は考え方一つで決

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 保存版
            カワベマサノリ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            優しさの源は想像力

            普通に生活しているだけでも、実に色々な人を見ます。 昨日お話したように、自動車事故を起こして「迷惑」をかける人もいます。 自分の側から見るのではなく、相手の側に立って感じることが大切です。 例えば自動車事故で高速道路を封鎖してしまう人。 自分の側から見たら、迷惑な人になります。 しかしその人の側に立つと、全く違ったものが見えます。 その人はきっと、とても怖い思いをしていることでしょう。 頼りなく、恥ずかしい思いもしているかもしれません。 すれ違う車から向けられてくる非難の

            人に優しく

            優しくなるためには想像力が必要です。 例えば自動車事故が起きる。 そのせいで大渋滞になり、車が全く進まなくなる。 その時「ちっ、事故なんか起こしやがって。こっちは急いでるんだ」と言う人は、誰だか知らないその事故を起こした人のことを、ひと時でも想像する必要があります。 それはあなたの家族かもしれない。 友だちからもしれない。 お世話になったかもしれない。 もし後になってそのことを知ったらどうなりますか? 「ああ、悪態なんかつくんじゃなかった。私は酷いことをした。代わりに同

            手の鳴る方へ

            2年ほど前のこと、ある人から「おじじっってピアノを弾いてそうですよね」と言われました。 それでピアノを始めました。 半年ほど前、別のある人から「カワベさんって、ピアノで弾き語りをしていそうですよね」と言われました。 それでピアノの弾き語りを始めました。 だんだん上手くなっています。 何より楽しいです。 とても素直。 自分がこんなにピアノを好きだなんて、40年間知りませんでした。 自分のイメージ、自分のなるべき次の姿は、しばしば第三者が感じ取っています。 だから他人の言う

            魂の学校の学び方

            必要なものはもたらされます。 必要な人ももたらされます。 しかしそれがもたらされた時、それを大事にするかどうかはあなた次第です。 折角、助けが与えられているのに、そのことに気付けない、勘付いても意地によって甘えることが出来ない、ということもあります。 こういうのは勿体ないことです。 助けは毎日もたらされています。 あなたがどんなにそれを無視しても粗末にしても、同じようにもたらさます。 ですからあなたがそれを大事にすればするほど、人生の進展は速くなります。 ある程度の波に

            毎日、瞑想

            できるだけ毎日、瞑想しましょう。 難しく考えることはありません。 完璧な瞑想をしなければならないと思う必要もありません。 実際、瞑想に完璧も何もないのですから。 夜眠る前に、静かなひと時を持つようにしましょう。 その時、明かりを暗くするとか、蝋燭の火を灯すとかすると良いです。 そして目を閉じて、またはぼんやりと壁を眺めるのも良いです。 呼吸を感じ、この「何もしていない時間」を味わって下さい。 これならば毎日でもできるでしょう。 これを毎日しているかどうかが、1年後2年後の

            心は心に影響する

            早いもので、また新月です。 今日は親の飼い犬を二匹預かっています。 トイプードル二匹です。 いつも親の家を訪ねると、この二匹は目が回るほど暴れ回り実にうるさいことこの上ないのですが、今、僕の傍でとても静かにしています。 犬を騒がしくするのは人の心、と僕は理解しています。 これは過去に犬を飼っていた時から経験的に学んだことです。 でもそれはとても当たり前のことなんですよね。 僕たち人間だって、同席している人の人柄や醸し出す雰囲気によって、無意識の内に態度を変えます。 僕の

            日々のちょっとしたこと

            『遺書2023』で真面目なことを書きすぎてしまったので、ちょっと休憩。 今日は気楽なことを書きます。 あまり外に出掛けないもので、気付くと運動不足になります。 読んだり書いたり瞑想したりしていると、しばらく全然体を使っていない、なんてこともあったりします。 それで最近は、買い物の時は歩くことにして、ちょっと離れた町まで出掛けます。 また先日子供と遊んだ時は、ちょうど良い感じに鉄パイプが組んであったので、懸垂しました。 それで「体よ、君のことを覚えているぞ」と心を通わすのです

            『遺書2023』関連のお知らせ

            『遺書2023』を書き終わり、とても晴れ晴れした気持ちです。 なんと2日で書き上げてしまいました。 それから「付録」に着手し、こちらも2日で、先程脱稿。 今回は内容濃密ながらも無駄のない、非常に手際の良い語り口となりましたので、体への負担も少なく、助かりました。 手、目、腰、脳、全てが疲れますので、年とともに長期戦は避けたくなってきています。 付録は明日以降、お届けできると思います。 三種類のお知らせ ①『遺書2023』ライブ配信勉強会に参加を希望される方、ご連絡下さい。

            『遺書2023ーヒーラーが教える世界の秘密』

            はじめに 今またここに『遺書』の最新版をお届けしようと思います。  最初に、前回からの変遷を辿らせて下さい。  2007年にヒーリングを始めてからずっと、私はいわゆるスピリチュアルな事柄について外部的な知識を求めてきませんでした。それはかなり頑固な態度で、今となっては随分手間のかかることをしてきたものだと思います。私が代わりに採っていた方法は「自分で試行錯誤する」「啓示に頼る」ということの二つだけでしたから、つまり徹底的に内向的だったということです。それでも面白いことに、のち

            有料
            100

            『遺書2023』

            なんとなんと唐突に『遺書2023』を公開する運びとなりました。 もう何年目でしたでしょうか、このプロジェクト。 私の持ち合わせの霊的知識をどっさりひとまとめにしてしてお届けするという趣旨の文書です。 言うまでもないですが、今回は過去一番の良い出来となっております。 非常に骨の折れる作業であり、またその内容にも価値があると考えていたのでこれまで有償配布という形を取らせて頂いてきました。 遺書は一度ご購入頂くと、その後ずっと無償アップデートを受けられるという仕組みになっています

            食べ物と調和して

            「いただきます」の効果についてお話しましたが、これは食べ物の害毒(化学物質など)を中和するということに限った話ではありません。 仮にそれが安心安全の食品であったとしても、やはり調和は必要です。 なぜかと言うと、自分と食べ物はこれから出会う関係だからです。 これは人と人が対面する時に、まずは「こんにちは」などと挨拶する所から始めるのと同じ話です。 いきなり要件を切り出す人のことは乱暴だと感じるでしょうし、そのせいでその後の会話でも心を開くことが出来ないでしょう。 つまり不調和

            食べ物の害毒を中和する方法

            食べ物の害毒を中和するという話をしました。 皆さんに知って頂きたいのは、念じる必要はない、ということです。 「おいしくなりますように」とか「害がなくなりますように」などと言う必要はありませんし、また多くの場合、逆効果です。 ただ無心になるだけで良いのです。 無心とは、無思考、言葉のない状態です。 瞑想が苦手な人でも、一瞬ならば出来るでしょう。 これはどういう原理なのかと言うと、そもそも私たち人間の魂には「調和」を実現する力が備わっているのですが(勿論、実現可能な範囲での調