高校生発 ロールモデルをみつけよう!

「高校生発 ロールモデルをみつけよう!」は、福島県沿岸部の高校生たちが、福島県内で志を…

高校生発 ロールモデルをみつけよう!

「高校生発 ロールモデルをみつけよう!」は、福島県沿岸部の高校生たちが、福島県内で志をもって活動する大人たち「ロールモデル」を取材し、高校生を中心とした若い世代に向けて記事を発信するプロジェクトです。発行責任者:一般社団法人あすびと福島

最近の記事

  • 固定された記事

高校生発 ロールモデルをみつけよう!

《note創刊にあたって》「高校生発 ロールモデルをみつけよう!」に関心を持っていただき、ありがとうございます。私たちは、福島県南相馬市を本拠として次世代育成を目指す、あすびと福島という団体です。 私たちが伴走してきたプロジェクト「高校生発 ロールモデルをみつけよう!」を2022年1月からnote で発信していきます。すでに2020年から多岐にわたるロールモデルを取材し、今回、一挙に発信するロールモデルは10名の方々です。 これからも2カ月に1人のペースで「高校生発 ロール

    • 高校生発 ロールモデルをみつけよう!#20 バイオマスレジン福島 今津健充さん

                             取材日 2023年 10月7日                         編集長 佐藤心花  浪江町の駅から東へ国道6号線を過ぎ、一面の田畑を通り過ぎると突如現れる柔らかい色合いの工場。2021年7月に設立され、「ライスレジン」の製造に取り組んでいるバイオマスレジン福島の工場です。 今回記念すべき20人目のロールモデルは、そんなバイオマスレジン福島の社長を勤める今津健充さん。米粒のデザインが施された様々なグッズが並ぶオフィ

      • 高校生発 ロールモデルを見つけよう!#19 武田ファーム 武田幸彦さん

                             取材日:2023年7月2日(日)               編集者:猪狩ひより、只野千聡、高野育恵 ロールモデル19人目の武田幸彦さんが経営する「武田ファーム」のモットーは、「お客さんに必要な物を作る」。その結果、年間20種類の米や野菜を出荷しています。実際にお客さんがどの野菜を求めているのかを調査し、武田ファームで作ることもあるといいます。農場に来るのは初めてで、たくさんのビニールハウスや見たこともない大型機械があって少し緊張し

        • 高校生発 ロールモデルをみつけよう!#18 ArtyJUNGLE 宮森祐治さん

                                  取材日:2023年4月29日                      編集長:森谷麗奈・舟山碧人 小高の駅前通りにお店を構えるArtyJUNGLEは、麻や綿などの天然素材を使用し、誰でも長く着られる服を作ることを大切にしているお店です。最近は服だけではなく、ロボットテストフィールドで廃材になった材料を活用したアクセサリーなどの製品作りも予定しています。 今回はArtyJUNGLEの経営者であり、デザイナーでもある宮森佑治さんに

        • 固定された記事

        高校生発 ロールモデルをみつけよう!

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#17 クフウシヤ 大西威一郎さん

                                 取材日:2023年2月19日                          編集長:佐藤菜々香 「クフウシヤ(読み:くふうしゃ)」は、神奈川県相模原市と福島県南相馬市に拠点を置くロボットベンチャー企業です。「まだ世の中にないロボット」の開発を目指し、お客様のニーズに答えることができるような、自律移動ロボットや協働ロボットを中心に事業を展開しています。 今回は、「株式会社クフウシヤ」代表取締役社長の大西威一郎さんにお話を伺い

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#17 クフウシヤ 大西威一郎さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#16 南相馬市多文化共生センターSAKURAの只野由香利さん

                               取材日:2022年12月21日                      編集長:遠藤瑚子・高野真帆 南相馬市多文化共生センターSAKURAは、外国の方が南相馬で活躍し、この地域で安心して生活できることを目的としています。南相馬市のようなそれほど大きくない6万人規模の市にあるのは稀ですが、とても大切な役割を担う団体です。 今回はこちらのSAKURAで働く只野由香利さんに取材させていただきました。 優しい雰囲気の只野さんからは想像できな

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#16 南相馬市多文化共生センターSAKURAの只野由香利さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#15 セデッテかしま 小川さん編

                                 取材日:2022年10月20日                         編集長:但野むつ美 福島県を通る常磐自動車道の中で唯一のサービスエリアである「セデッテかしま」は、福島県の南相馬市鹿島区にあります。 この地方の方言、「連れて行って」を意味し、「また行きたいな」と思ってもらう施設になってほしいとの想いがこめられた「セデッテかしま」は、高速道路上りと下りの共用、スマートインター、一般道から利用可能の三拍子がそろっており、

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#15 セデッテかしま 小川さん編

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#14 タカワ精密 渡邉光貴さん

                               取材日:2022年7月27日                      編集長:松崎里帆子 私たち編集部員が通う原町高校の正門から目と鼻の先、赤が映える立派な建物は、南相馬市で四十年以上に渡り精密機器を製造し続けてきたタカワ精密の工場です。 確かな技術力を持ち、精密機器の製造を行うタカワ精密は、高い放射線の中でも稼働可能な水中ロボットという世界が注目する開発に着手しています。いま、南相馬に新しい価値を創ろうとしているタカワ精密の代

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#14 タカワ精密 渡邉光貴さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#13 グラフィックデザイナー西山里佳さん

          取材日:2022年6月12日 編集者:但野むつ美、高野真帆 今回のロールモデルは、福島県富岡町出身の西山里佳さんです。西山さんは、2018年4月に南相馬市小高区へ移住し、2021年にデザイン事務所を立ち上げました。 デザイナーのお仕事の中でも、グラフィックデザイナーとして活動している西山さん。 2022年3月、「高校生発 ロールモデルをみつけよう!」の記念冊子をつくる際には、デザイン全般を担当していただきました。ファッション雑誌さながらのおしゃれな出来栄えに、編集部員たち

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#13 グラフィックデザイナー西山里佳さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#12 小高haccobaブランドディレクター佐藤みずきさん

          取材日:2022年6月12日 編集:大矢悠希、佐藤菜々香 2021年2月、南相馬市小高区にクラフトサケの酒蔵haccoba -Craft Sake Brewery-がオープンしました。 民家をリノベーションした素敵な空間は、日本酒の醸造法で丁寧に作られた独自のお酒が楽しめるブリュワリーです。米やホップ、フルーツやハーブなどを織り交ぜた新感覚のお酒は好評を呼び、遠方から訪ねてくるお客さんもいるのだそう。 今回、取材させて頂いたのはhaccobaのブランドディレクター  佐藤

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#12 小高haccobaブランドディレクター佐藤みずきさん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#11 住友商事からあすびと福島への研修出向 小林暉さん

           取材日 2022年3月21日                                                                                      編集長:星 洸貴 今回の ロールモデルは、2018年に「住友商事」に入社され、2020年からは2年間、あすびと福島へ研修出向し活躍された、小林暉さんです。 「住友商事」とは、「5大商社」と呼ばれる総合商社の1つで、私たちの周りのほとんどの製品に関わるほど幅広く事業を展開してい

          高校生発 ロールモデルをみつけよう!#11 住友商事からあすびと福島への研修出向 小林暉さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #10 福島県庁 企画調整部 佐藤安彦さん

          取材日:2021年12月11日 編集長:志賀巧都・荒川翔矢  今回のロールモデルは福島県庁で働いている佐藤安彦さんです。  マイクロバスで到着した福島県庁はとても大きくて、この中に福島のために働いている方たちがいると思うと近づくにつれて段々と緊張してきました。  私たちを出迎えて下さった佐藤さんは背が高く、力強い笑顔の方でした。バスの誘導のため県庁入口の駐車場を走り回る姿から、快く出迎えて頂いている様子を感じ、少し緊張がほぐれました。 《福島県庁の佐藤安彦さん》(原町高校

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #10 福島県庁 企画調整部 佐藤安彦さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #9 小浜製作所 川岸邦彦さん

          取材日:2021年10月24日 編集長:佐藤茅音 今回のロールモデルは、私たちの住む南相馬市で「小浜製作所」という地場産業を経営している、川岸邦彦さんです。小浜製作所は、金属加工の分野で一目置かれている会社です。その高い技術力は大手企業をはじめ、全国各地の企業さんからお仕事の依頼を頂くほど。 今回の取材は、そんな小浜製作所の社長川岸さんに、会社とご自身のこれまでの歩み、そして努力の秘訣をうかがいました。 《小浜製作所の歩み~東日本大震災を乗り越えて~》[編集長 佐藤茅音

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #9 小浜製作所 川岸邦彦さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #8 fuku farming flowers 福塚裕美子さん

          取材日:2021年8月6日 編集長:大矢悠希 《川内村で花屋をオープンした福塚さん》2021年4月29日、福島県川内村にお花屋さんがオープンしました。その名も『fuku farming flowers』。経営者は、「福ちゃん」の愛称で、村の人々に親しまれている福塚裕美子さん。少し話しただけでぐっと引き込まれるような、ハキハキとした明るい女性です。大阪出身の福塚さんはひとりで川内村に移住し、念願だった花屋をスタートさせました。 今回は、福塚さんがなぜ川内村へ移住し、自身のお

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #8 fuku farming flowers 福塚裕美子さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #7 あすびと福島インターン 紺野由晃さん

          取材日:2021年7月4日 私たち高校生が地域活動で関わっているあすびと福島。 こちらに東北大学2年生の紺野さんが1年間大学を休学しインターンとして活動しています。 紺野さんは私たちと同じ原町高校の出身で、私たち「あすびとユース」の先輩でもあります。 私たちの活動の時には、さりげなくフォローを入れてくれるような、謙虚で優しい紺野さん。紺野さんがどのような想いを持ち、大学を1年間休学してインターン活動をしているのか、震災から現在に至るまでのお話と紺野さんの思いを伺いました。

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #7 あすびと福島インターン 紺野由晃さん

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #6 伝承館 遠藤美来さん・渡邉舞乃さん

          取材日:2021年2月28日 今回の取材の舞台である東日本大震災・原子力災害伝承館に向かう前に、事故を起こした福島第一原子力発電所が立地する大熊町と双葉町を実際に歩き、東日本大震災から10年が経った町の様子を体感しました。 大熊町の街中は、10年が経った今でもバリケードがあり、人が住むことができない場所が広がっています。 2020年3月まで、町の入り口にバリケードが置かれていた双葉町。今は双葉駅に向かう道には、バリケードはありません。 しかし人の気配が全く感じられませ

          高校生発 ロールモデルをみつけよう! #6 伝承館 遠藤美来さん・渡邉舞乃さん