風の子

ドイツ、ベルリンから発信する勝手な絵本レビュー。海外に住む日本人の子供たちのための日本語習得と、違う文化で子育てに奮闘する両親たちのコミュニティづくりについて日々考えています。コーチングの資格を取る勉強をしています。

【絵本レビュー】 『あるげつようびのあさ』

作者/絵:ユリ・シュルヴィッツ 訳:谷川俊太郎 出版社:徳間書店 発行日:1994年5月 『あるげつようびのあさ』のあらすじ:あるげつようびのあさ おうさまと、じょおう…

【絵本レビュー】 『ペレのあたらしいふく』

作者/絵:エルサ・ベスコフ 訳:おのでらゆりこ 出版社:福音館書店 発行日:1976年2月 『ペレのあたらしいふく』のあらすじ:子羊の世話をする男の子、ペレが羊や近所…

【絵本レビュー】 『わにのはいた』

作者/絵:マーガレット・ドリアン 訳:光吉夏弥 出版社:大日本図書 発行日:2010年3月 『わにのはいた』のあらすじ:眠れないほど歯が痛くなり、歯科医がこわいワニのア…

【絵本レビュー】 『きかんしゃやえもん』

作者:阿川弘之 絵:岡部冬彦 出版社:岩波書店 発行日:1959年12月 『きかんしゃやえもん』のあらすじ:年をとってしまった機関車のやえもん。くず鉄にされる運命が待っ…

【絵本レビュー】 『シカクさん』

作者:マック・バーネット 絵:ジョン・クラッセン 訳:長谷川義史 出版社:クレヨンハウス 発行日:2018年8月 『シカクさん』のあらすじ:これは シカクさんに ついての …

【絵本レビュー】 『にゃーご』

作者/絵:宮西達也 出版社:すずき出版 発行日:1997年2月 『にゃーご』のあらすじ:先生の注意もろくに聞かず、遊びに出かけた子ねずみ3匹。そこへ恐ろしいねこが「に…