プランマ―病(甲状腺機能亢進症)についての体験談

プランマ―病という聞いたことがない病名を診断されてびっくりしたけど、同じようなことを言われて不安になっている人や、バセドウ病と言われたけど違う病気なんじゃないかと疑っている方に、私の体験談が参考になったらうれしいです。

プランマ―病(甲状腺機能亢進症)についての体験談

プランマ―病という聞いたことがない病名を診断されてびっくりしたけど、同じようなことを言われて不安になっている人や、バセドウ病と言われたけど違う病気なんじゃないかと疑っている方に、私の体験談が参考になったらうれしいです。

    最近の記事

    術後半年後の気になること、ならないこと

    <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ、東京の伊藤病院を受診しましたが、結局いろいろ考えて近くの大きな病院で手術をしました。手術後半年が経過。 2022年の8月に手術を受けてから、約半年が経過しました。 それまでの間、日常生活はどうだったかというと 手術を受ける前は、採血+診察の繰り返しで 採血結果に一喜一憂という感じでしたが、術後はそれもなくなり・・。 「採血とかでホルモン数値を見ていかなくても大丈

      • 術後の経過は良好です

        <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ東京の伊藤病院を受診しましたが、通院が困難だったので自宅から一番近い総合病院で手術を受けました。 ・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・ そういえば、手術を受ける前の日までメルカゾール2.5㎎を内服していましたが、毎日2.5㎎の処方だったんですけど、だるさや便秘やうつっぽい状態を自覚して、1日おきに内服して自己調節していました。一応、総合病院の先生には素直に白状して

        • ようやく手術を受けることになりました

          <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ東京の伊藤病院を受診しましたが、もう少し家に近い病院を探していて県立がんセンターを受診。そこで手術ができるといわれたのに「ここでは手術できません」と言われ、紹介状を渡されて家から一番近いK病院を受診することに・・・。 ・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・ 家からK病院までは車で15分で行ける、この辺りでは一番有名な病院。そこの「耳鼻咽喉科」に紹介状を書いてもらい、

          • 心機一転、がんセンターを受診してみたけど…

            <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ、伊藤病院を受診しましたが自宅から遠いためがんセンターで手術を受けることにしました。 県立がんセンターは、車で1時間の所にあり 自宅からすごく近いというわけではありませんが 父が胃がんになり、先月がんセンターで手術を受けたばかり。 手術前から何度も受診の付き添いで行っていたので、 行き慣れていたし、これからもまだまだお世話になる病院です。 がんセンターなら、腫瘍の

            悩んだ結果…別の病院で治療します

            <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ、東京の伊藤病院を受診しましたが、初日に疲れ果てこの病院での手術に悩み始める。 伊藤病院はとても素晴らしい実績のある病院です。 病院の外来患者数や手術実績の件数を、ネットで検索してもそれは明らかです。 <伊藤病院の実績> https://www.ito-hospital.jp/07_results/01_results.html 実績が多いということはそれだけ患

            伊藤病院受診後のうつ症状 メルカゾール効きすぎ副作用かな?

            <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ、伊藤病院を受診しました。 伊藤病院に紹介状を持って受診したその日に 手術の日程が決まりましたが、 その日から・・その前からどうしても自分の中で 消化しきれない気持ちがふつふつと湧いてくるのです。 それは「本当に伊藤病院なのか?」問題です。 そもそも、プランマ―病を発見してくれた病院もこの地域では有名な三次救急の病院です。担当の先生もとても優秀です。 その病院の方

            伊藤病院へ、初受診② 診察と検査と手術予定と

            <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断される。治療には手術をすすめられ、伊藤病院を受診しました。 ようやくエコーに呼ばれる時間になったので病院へ戻り、 地下1階にあるエコー室で待っていると 名前を呼ばれ検査のリクライニング椅子に座るよう指示される。 エコーを受ける時間は10~15分ほど。 (とても手際よくて無駄なくてよかったです) 終わると濡れティッシュを渡されて、自分で首に残ってるジェルをふき取ります。甲状腺の検査では首のエコーをする

            伊藤病院へ、初受診① 紹介状持参でもかなり待つ

            <前回までの話> 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病だと診断され、 治療には手術をすすめられる。手術までホルモンの数値を下げておこうということで、メルカゾール内服が始まったのですが・・ メルカゾール10mgの内服を始めてから2週間後の診察で白血球が半分に減ってしまったので、薬の量を7.5mgに減らして内服すると、 白血球の数は元に戻り、動悸(脈拍90~100代)も少し和らいできた(80代くらいになった)感じ。 それでも頭痛は時々続いていて、自宅にある市販の

            プランマ―病診断後の内服 メルカゾール

            <前回までの話> いろいろな検査をした結果、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)ではなくプランマ―病という良性腫瘍だということがわかりました。 先生の説明では治療の第一選択は「手術」だというのですが、それまでに少し甲状腺ホルモンの数値を下げておこうということで、メルカゾール内服が始まったのですが・・・ 内服開始から2週間後に、いつも通り採血後に診察を受けると 「メルカゾールを内服すると副作用というのもあるので、それを確認するために2カ月間くらいはこうして2週間ごとに来てもらうん

            プランマ―病と診断された日、甲状腺シンチグラフィー

            <前回までの話> 甲状腺の病気(バセドウ病)と診断され、内服を始めるが それをあと5年は続けるよと医師から言われ、ぼーぜんとなる。 友人から他の病院をすすめられ、とりあえず紹介状をもって受診することに・・。 この地域ではC病院と並ぶ大きな病院のK病院に受診した。 建物自体もとても大きくて どこに何があるのか案内板をみなければたどり着けないんじゃないかと 思うくらい。病人には歩く距離も長くきつい・・w 例によってまた採血をして、その結果で受診になる。 病院での待ち時間も慣れ

            始まりその③ ホルモン採血THS低下発覚とヨウ化カリウム内服

            <前回までの話> 更年期なのかと思い婦人科を受診して ホルモン採血をしたらまんまと甲状腺の値が異常値! ということは甲状腺の病気なのかもしれないと 内分泌科を受診してみると・・・ 婦人科での採血で甲状腺の病気じゃないかということがわかってから、 お酒を飲むことを控えるようにしました。 それまでは毎日ビールを1本などを飲んでいましたが お酒を飲むと当たり前ですが脈が速くなるので 酔いも早くてからだがだるくなるからです。 ようやく予約のとれた少し大きめのA病院を受診して、 こ

            始まりその② 更年期かな?

            <前回までの話> 手が震え、心臓がどきどきして、頭が痛いことから まずは心臓病になったのかと 循環器のクリニックを受診したら違うといわれたので じゃあ、どこが悪いんだろう? もしかしたら40才も後半になってきたし これは「更年期」なのかもしれない! そう考えて 「命の母」をドラッグストアで購入し 3カ月ほど飲んでみたのですが、症状は全く改善せずwww 近くの婦人科を受診することにしたのです。 婦人科でも今までの経過を説明し 先生からは 「更年期かもしれないから、とりあえ

            はじめまして 始まりその① 動悸と不整脈

            プランマ―病(甲状腺機能亢進症)って聞いたことがなくて ネットで検索しても体験談を載せている人が少なかったので 自分の体験を通して同じ病気の人が 少しでも気持ちが楽になったらいいなと思い 記録として私の体験談を投稿することにしました。 参考になればうれしいです。 ☆彡☆ ☆彡☆ ☆彡☆ ☆彡☆ 私がこの病気にたどり着くまで その① そもそも、どこからが病気の発端だったかをさかのぼること いまから7年前。 当時、仕事場で急に手が震えるようになり 心臓がどきどきして 「お