「要介護(老化)」は"速筋の減少"が原因

 ウォーキングをされている高齢者の方が激増していますね。ウォーーキングなどの有酸素運動で鍛えられるのは「遅筋」で持久力をアップします。
 ウォーキングなどは、メタボ(肥満)や認知症対策が主眼ですね。

 しかし、サルコペニア(筋肉量の低下)から要介護(寝たきり)になる主因は「速筋」の減少からの筋肉量の低下です。速筋は瞬発力に関係します。

 速筋が減少すると、歩くスピートが衰えて、イザという転倒時にも、防ぐためのとっさの動きが鈍くなり転倒から大腿骨骨折などの寝たきり(要介護)にもつながります。

 では、「速筋」を鍛える方法はというと
スクワットを10回以上/日
 私は30~50回/日 です。
階段上りを1フロア分
 私は、2~3フロア分/日 です。

 ほぼ毎日、ウォーキングで遅筋を鍛えて、スクワットや階段上りで速筋を鍛えれば、老化防止だけでなく、若返りホルモンも一杯(汗)




3カ月で「糖尿病とメタボ解消」ダイエット


4か月後からの「楽に生涯・健康ダイエット」


ガン必殺の"高免疫力"獲得 & ガン制圧の"三つの矢"


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

やった~
3
元開発技術者(健康、ダイエット、長寿を探求中)   メタボの死病3つ(糖尿病や脳梗塞など)と、ハゲから脱出。     「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合い。 淀江町宇田川河口/鳥取県 http://yase.chu.jp/diet.html

こちらでもピックアップされています

◆楽勝ダイエット
◆楽勝ダイエット
  • 1381本

IQ180の私の健康オタク生活の始まりは、総合病院の定期健診での    「糖尿病と高脂血症の宣告」 そういえば、会社員時代の若い同僚が、「糖尿病の悪化で両足切断」。その後一人暮らしの家で「餓死」という(汗)悲惨な記憶がよみがえり(ゾー)。  その恐怖から動きは早く、ネットでググリまくって ①食事のカロリー制限と方法 ②運動によるカロリー消費と方法 ③基礎代謝の大幅アップ(筋肉づくり等)と方法 を追及してメニューを組み立てました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。