アンドレ元部長。(今井一成)

ビクターエンタテインメントでサザンオールスターズのチーフプロモーターからデジタル部門の統括を経て、2017年に取締役、グループ会社の代表取締役に就任。2020年、ポニーキャニオンに移籍。エグゼクティブ・プロデューサーとしてデジタル戦略を担当中。ゴルフ、夜の食べ歩きが大好物。
    • 音楽業界に就職したい若者のためのマガジン
      音楽業界に就職したい若者のためのマガジン
      • 11本

      2021年、日本の音楽業界はアナログレコードからCDに切り替わった40年前よりも大きな転換期を迎えています。Apple Music、Spotifyに代表されるサブスクリプションサービスは、作品を所有から疑似所有という形に変えて膨大なカタログをユーザーに提供することに成功しました。このサービスは、ユーザーとのエンゲージメントを高めることが大切で、従来の制作や宣伝業務から大きな進化が求められています。再生数からのデータ分析力、ソーシャルネットワーク力、デジタルマーケティング力、多言語力など、ITスキルやグローバルな視点で仕事ができる人材が必要になっています。  音楽業界に就職を考えていても、どんな業種が?どんな知識やスキルが必要?知っておくべきポイント、これから必要とされる人材について、現役レコード会社のアンドレ元部長と音楽業界に攻め込むIT業界たじまる社長がわかりやすく解説するマガジンです。

    • デジタル時代のミュージックライフ。
      デジタル時代のミュージックライフ。
      • 6本

      コロナ禍で、日本の音楽業界も一気にデジタルシフトした感がある。Apple MusicやSpotifyなどのサブスクリプションサービス、YouTubeやTikTokの動画配信サービス、instagramやtwitterなどのSNS、どれも音楽コンテンツを知らしめていく重要なサービス。でもIT系の人が語ると難しくてよくわからない。昔気質のミュージックマンはアナログまみれ過ぎ。その中間でわかりやすく音楽配信について考えてみる。

    • 徒然なるままに
      徒然なるままに
      • 3本

      誰も予想しなかったコロナ禍の日々。日常にメリハリが無くらないように、とりとめもないことを書き記しておく。

    • 気になる食事処の備忘録。
      気になる食事処の備忘録。
      • 28本

      食の好みは人それぞれなんだよなぁ。名店とか定番のお店とか関係なしに、気になった食事処の備忘録。焼鳥・カレー・餃子・から揚げ・とんかつ情報大歓迎。

    • 髑髏、骸骨じゃなく、好きなのはSKULLアイテム。
      髑髏、骸骨じゃなく、好きなのはSKULLアイテム。
      • 9本

      髑髏、骸骨、SKULLならなんでも好きって訳じゃないんだよなぁ。気になるSKULLをピックアップ。

六本木一丁目駅、泉ガーデンにある会社の前は桜並木が満開🌸 仕事を終えて外に出ると夜桜に変わっていました。いまはまだコロナ禍、歩きながら夜桜を楽しんで地下鉄の駅へ。日本人のDNAが喜んでるのがわかります😊。

レコード会社の面接試験攻略法 Part2

アンドレ元部長です。 前回のレコード会社面接試験に引き続き、今回は具体的な攻略ポイントをまとめておきます。既に合同説明会や、来年の新卒募集はスタートしているかも…

レコード会社の面接試験、本当の攻略法は?

アンドレ元部長です。 前回書いた記事「音楽の価値が変わったのか!?」からの流れで、今回はレコード会社の面接時のポイントや、興味を持たれるポイントについて触れてみ…

音楽の価値が変わったのか!?

アンドレ元部長です。 最近の音楽業界がどんなコンディションであるのか?このマガジンに‘’たじまる”社長が2回に分けてまとめているので、音楽業界を目指す人達はぜひ…

1年3ヶ月ぶりに観た生ライブで、あらためて感じたこと。

Billboard Live TOKYOで、18時からモノンクルの2ndステージを観てきました。平日に18時から2ndステージってのが凄い😅  やっぱりこの空間というかリアルな音圧は良いなぁ…

宣伝プロモーターのお仕事(あるライブ取材日の1日)

アンドレ元部長です。 レコード会社の宣伝プロモーターという肩書きを持つスタッフの1日をアンドレ元部長の経験でまとめてみます。以前書いたように、宣伝プロモーターに…