ami

大学2年生。2019.8-2020.8まで、スウェーデンに留学しています。留学テーマのワークライフインテグレーションやジェンダーについて、留学生活、その他心に浮かんだことを書いていきます。

やってくれる人がいればやらないのはどの国だって同じ-スウェーデンを日本に取り入れるには②

町を歩いていると、平日のお昼でもお父さんがベビーカーを押している光景をよく目にします。 なぜスウェーデンの男性は家事育児をするのか。男性としてそれが当たり前だか...

ワークライフバランス=便利さ<個人の幸せースウェーデンを日本に取り入れるには①

これからは、スウェーデンのワークライフバランスを日本に取り入れるために、私が考えた、個人個人が日常の中で比較的簡単にできることについて書いていきたいと思います。...

決して完璧ではないジェンダー平等ースウェーデンのワークライフバランス:ネガティブ編②

ジェンダー平等が進んでいるスウェーデンですが、もちろん完璧な訳ではありません。 育児のために労働時間を縮めるのも、VAB(子供の看病休暇)を取るのも女性の方が多い...

ワークライフバランスがもたらすアンバランスースウェーデンのワークライフバランス:ネガティブ編①

この記事では、スウェーデンに来て、私が最もはっとした、これまでの価値観が丸ごとひっくり返った、スウェーデンだから起きるお父さんお母さんの悩みについて書きます。 ...

大人も取ります夏休み5週間ースウェーデンのワークライフバランス:ポジティブ編⑦

スウェーデン人の方は、夏になると5週間程度の長期休みを取ります。最近では2,3週間に分けて休む人が増えてきているらしいですが、それにしても長い休みです。 スウェ...

必ず提供される保育園ースウェーデンのワークライフバランス:ポジティブ編⑥

スウェーデンでは一歳以上の保育園を希望する子供には自治体は必ず入園先を提供しなければならないとする法律が存在します。日本の待機児童の最も大きな問題は保育士不足で...