見出し画像

【レシピ】これからが、旬!まいわしで、自家製オイルサーディンをご紹介

オイルサーディン(Sarda sott'olio)

オイル(olio)に漬けた(sotto :英語の「under」)いわし(sarda)

いわしは、イタリアでも、本当に良く食べられているポピュラーな魚です。
前菜に、パスタや、フリット、ソテー等々、
様々な調理方法で、その美味しさを味わっています。

獲れたてピチピチの、新鮮ないわしを、生のままオイル漬けにしたり、
ゆっくり、オイルで加熱し、オイルサーディンを作ったりもします。


今回は、これからが旬の、まいわしを使った、オイルサーディンをご紹介。

ポイントは、加熱時のオイルの状態をチェックだけ。
実は、とっても簡単に、作れるのですよ。

冷凍保存も出来るので、一度、作っておくと、とっても便利。
サラダに添えたり、パンにのせたり、パスタの具材に使ったりと、
様々な料理、場面で活用できます。

応用編では、朝食にピッタリ!
パンのトッピングとして、調理していきます。

画像29

ピッツァ風・オイルサーディンをのせて
( Pane con sarda sott’ olio )


そして、明日(3/12投稿予定)のレシピ集で、
このオイルサーディンを使って、春野菜たっぷりのパスタもご紹介します。

画像35

自家製オイルサーディンと春野菜のフジッリ
( Fusilli con sarda sott'olio alla primavera)


それでは、作っていきましょう。


最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。


*******************

自家製オイルサーディン
( Sarda sott'olio fatta a mano )

【 難易度 】★☆☆☆☆
【 調理時間 】 約 2時間30 分
(塩水漬け時間・約2時間、調理時間・約30分。 一晩寝かす時間は除く)

この続きをみるには

この続き: 4,261文字 / 画像33枚
記事を購入する

【レシピ】これからが、旬!まいわしで、自家製オイルサーディンをご紹介

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie!ありがとうございます!🍀
17
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、問い合わせ等はこちら→ https://albero-cooking.com/