見出し画像

【レシピ】盛夏に食べたい!魚介のフリット

フリットについて

フリット(Fritto)… 揚げ物、フライのこと
イタリアでは、肉、魚、野菜、フルーツ等、それぞれ衣をつけて、
様々なフリットが作られています。


海に近い、イタリアの街では、獲れたてで、新鮮な魚介類をフライにするのは、とてもポピュラーで、且つ、人気の一皿です。

暑い夏に、キューっと冷やしたビールやスパークリング、炭酸飲料と一緒に、無性に食べたくなる、お料理でもあります。

私も、イタリア各地で、食べてきました。
この記事に、写真を添付しながら、我ながら、よく食べたな…と。

同じ「魚介のフリット(Fritto misto di mare)」でも、食材も、盛り付けも、そして、器も様々。
それぞれの違いを見ながら、是非、ご覧ください。

画像30

ヴェネツィア(Venezia)にて
(えび、いか、小魚)


画像34

ミラノ(Milano)にて
(えび、いか、ズッキーニ)

画像31

ジェノヴァ(Genova)にて
(えび、いか、たこ、人参、セージの葉)


画像37

ナポリ(Napoli)にて
(えび、いか、フライの下には、たっぷりのルッコラ)

画像32

トレミティ諸島にて(Isola Tremiti  :  プーリア州)
(えび、いか、トゥリッリア(ひめじ似の魚))

画像33

カルタジローネ(Caltagirone:シチリア島)にて
(手長えび、いか、バルサミコ酢を敷いて)


画像35

カリアリ(Cagliari:サルデーニャ島)にて
(えび、いか、いわし、ズッキーニ、ポテト、魚の器に盛られています)

盛り合わせ(misto)なので、本当に、色々、ミックスされていますね。
今回は、どのお皿にも入っていた、えび、いか
そして、たこ、いわしを使って、揚げていきたいと思います。


そして、応用編では、衣にハーブを合わしたフリットをご紹介。
使うハーブの特徴も、補足説明します。

画像41

魚介のフリット・香りをつけて
(Fritto misto di mare all'erbe)


それでは、作っていきましょう!

最後に、手書きの「料理手順書(工程のみ)」「応用編」「料理用語のイタリア語」を、添付しています。


******************


魚介のフリット
(Fritto misto di mare)

【 難易度 】★☆☆☆☆
【 調理時間 】 約 30 分

この続きをみるには

この続き: 5,145文字 / 画像38枚
記事を購入する

【レシピ】盛夏に食べたい!魚介のフリット

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

めちゃ嬉しいです!Grazie !🌸
14
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちらから → http://albero-cooking.com/

こちらでもピックアップされています

オフィスアルベロ レシピ集
オフィスアルベロ レシピ集
  • ¥880 / 月

料理脳を鍛えよう!食文化もお伝えします。 男女問わず、料理好き&イタリア好きの皆さまに、 日々の食卓に活用できるレシピ、バリエーションを広げるコツや、調理器具について。 郷土料理の背景にある文化や、イタリア各地のお話等々…。 トスカーナ州で、コックとして2年間修業後、全20州を巡り、現地で学んだ郷土料理を、ご家庭で作れるワンランク上のお料理に仕上げます。 材料の数値明瞭化、バリエーションが広がると、大好評! 料理を作る立場からの目線で、豆知識、日本郷土料理についても書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。