林曉甫 / AKIO HAYASHI

いろんなところでアートを触媒にしたプロジェクトをつくっています。 https://invisible.tokyo/
  • 林曉甫、塚田有那、桜井祐の三人が2020年5月にスタートしたプロジェクト。共話と共創を軸に、ポストコロナの表現や社会の形
    3フォロワー
  • 毎週土曜日の7:30に、清澄白河A1出口前に集合し、5-10km圏内にある朝食を食べに行くためにランニングをするプロジェ
    19フォロワー
    +3
  • 1フォロワー
  • 2019年1月、行方不明だった父親から20年ぶりに連絡が届いてから、訃報が届くまでのとても短い時間について。それから49
    1フォロワー

△の会 #5|ゲスト:金澤 韻(インディペンデント・キュレーター) 6/26(金)21:00〜|

アートプロデューサーの林曉甫、編集者・キュレーターの塚田有那、そして編集者の桜井祐の3人でスタートした「△(サンカク)の会」。5回目のゲストはインディペンデント…

△の会 #4|ゲスト:和田 夏実 (手話通訳士) 6/18(木)20:00〜|

アートプロデューサーの林曉甫、編集者・キュレーターの塚田有那、そして編集者の桜井祐の3人でスタートした「△(サンカク)の会」。4回目のゲストは手話通訳士の和田 夏…

引き金

昨日から毎年受け持っている前期の講義がオンラインでスタート。前もって進め方についてあれこれ調べシミュレーションをしていたものの、いざやるとなるとzoomミーティング…

聞くことの自由度

先日発売された書籍『地域アートはどこにある?』の出版記念イベントがオンラインで終了。YouTubeの配信観ててくれた方、いかがでしたでしょうか。ぜひ感想を教えていただ…

新型コロナ流行以降の表現や活動の形を探す実験を始めました。

5月20日、友人の塚田有那と桜井祐と共にBound Baw TALK Vol.0  「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」から考えるを開催しました。その勢いのままこの…

涙の数だけ強くなれるかは分からないが、優しくはなれるはずだ

これまでの人生を振り返ってみるとそんなに多くの映画を観てきたわけではないが、外出自粛生活が長くなってきたということもあり映画を鑑賞することを生活の習慣の一つに取…