マガジンのカバー画像

Mustakivi "Return to Sender"

18
マリメッコやアラビアで活躍しているフィンランド在住、愛媛出身の作家、石本藤雄さんがプロデュースしているブランド「Mustakivi」。 石本さんから発信されたイメージや創造されて… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Return to Sender vol.18 | Hohto

Hohto Text by Akira Mizumoto 視覚とはいったいなんだろう。 広辞苑によれば「視覚の受容…

Mustakivi
10か月前

Return to Sender vol.17 | Selänne

エディターのミズモトアキラさんとMustakivi・黒川による連載Return to Sender。今回のテーマ…

Mustakivi
11か月前

Return to Sender vol.16 | Pilvi

どんな時も、どこにいても、見上げればいつも空が広がっている––。 マリメッコのテキスタイ…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.15 | Oikotie

石本藤雄さんが数多く手掛けたデザインの中で、木々や草花がモチーフとなっているテキスタイル…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.14 | Kesästä Kesään

「夏」から、何を想起するでしょうか。焼け付く日射し、草の香り、夏休みの記憶……。今年の夏…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.13 | Siimes

現在、愛媛県美術館にて、石本藤雄さんがマリメッコでデザインしたテキスタイルが原画とともに…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.12 | Juhla

誰もが一度は、洋服やインテリアのコーディネートに取り入れたことがあるストライプ。シンプルですが、太さやカラーリング次第で無限に世界が広がります。 エディターのミズモトアキラさんとMustakivi・黒川による連載Return to Sender。今回のテーマは、石本藤雄さんがマリメッコ社で手がけたストライプデザイン「Juhla(ユフラ)」です。シリーズの中には黒と白のカラーリングがありますが、ミズモトさんの文章の中にある、日本人にとっての「黒」の意味の変化を知ると、このデザイ

スキ
6

Return to Sender vol.11 | myski

ふわりと漂う香りから、ある情景や過去の心情がリアルに蘇る––、そんな経験がありませんか。…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.10 | maisema

マリメッコ社で石本藤雄さんが手がけたファブリック「マイセマ(風景)」。 重なり合うクレヨ…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.9 | Kaiho

旅行や帰省など、まだ移動に気を遣う昨今。故郷に帰りたくても、今は我慢の人もいるかもしれま…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.8 | Ukonhattu

第8弾目となりました「Return to Sender」。 今月は石本藤雄さんがマリメッコで手掛けられたテ…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.7 | Harha

第7弾となりました「Return to Sender」。 早いものでもう7ヵ月目&今年は最後の連載となりま…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.6 | Kamelia

第6弾となりました「Return to Sender」。 今月は石本藤雄さんがマリメッコで手掛けられたテ…

Mustakivi
1年前

Return to Sender vol.5 | Viola

第5弾となりました「Return to Sender」 今月は石本藤雄さんが1976年にマリメッコから発売された《ヴィオラ》(Viola/スミレ)というタイトルのテキスタイルについて、ミズモトアキラさんに執筆して頂いています。ヴィオラの花言葉から、ノーベル賞作家の小説、クローン、命の交換、天然美とリ・デザイン、、の展開は流石。 後半には「あとがき」として(あとがきとしては毎度長めですが...)黒川がテキスタイルについて解説をしています。先日、石本さんにも直接インタビューし

スキ
4