キャリコン相談室  AICHI(キャリアコンサルティング ジョブ・カード  愛知)
環境に合わせたトランスフォーメーション
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

環境に合わせたトランスフォーメーション

みなさん、こんにちは!
キャリアコンサルタントの齋藤里香です。

愛知県では「コロナウイルスの第2波到来」と記事が出るなど、再び不安や心配な思いをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、これからの働き方について考えてみたいと思います。

新型コロナウイルス感染拡大によって、私たちの働き方は、転換期を迎えたのではないでしょうか。
しかし、これは、コロナ前から推進されていた「働き方改革」が加速進行しているようにもうつります。

画像1

 そもそも「働き方改革」と言われ、何が浮かびますか?

働き方改革の大きなポイントは2点です。
1点目は、労働時間法制の見直しです。

働き過ぎを防ぐことで、働く方々の健康を守り、多様な「ワーク・ライフ・バランス」を実現できるようにすること。
その為に、これまで以上に、生産性を向上させ、長時間労働をなくす働き方が求められるようになりました。
そして、2点目は、「同一労働同一賃金」実現に向けての取り組みです。

雇用形態に関わらない公正な待遇の確保です。
同一企業内における正社員と非正規社員の間にある不合理な待遇の差をなくし、どのような雇用形態を選択しても「納得」できるようにすることです。

ジョブ・カードくん5


みなさんも、身近なこととして、今回感染拡大防止対策として、在宅勤務(テレワーク)が急速に拡大し、働く場所が自宅という環境が、自ずと「ワーク・ライフ・バランス」を意識せざるを得ない状況が、つくられていないでしょうか。

更に、私たちは、在宅勤務(テレワーク)をベースにして、オンラインとデジタルを駆使し、周囲と連携することで、思いのほか、業務を進めることが可能であることを実感された方、または慣れない環境に余計なストレスを感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

画像3

 そして同時に、改めて、職務内容についての見直す必要性も出てきました。
なぜならば、在宅勤務(テレワーク)は、職務が明確でないと機能しにくいからです。
職務の明確化は、「正社員と非正規社員」の均衡、均等待遇だけのものではなく、本来「正社員と正社員」にも関わってくることです。

 在宅勤務(テレワーク)の場合、働いた時間ではなく、自立・自律的に職務に応じた働きかたをし、その成果が求められるはずです。


だからこそ、従来の「メンバーシップ型(人に対して仕事を割り当てる)」雇用から、「ジョブ型(仕事に対して人を割り当てる)」雇用への転換について、改めて、関心が高まっています。

ジョブ・カード2

 既に、一部の大手企業が「ジョブ型」雇用へ転換を表明していますが、実施するには課題が多いのも事実です。
とはいえ、私たちの働く環境が変化しているならば、働くためのルール、働きかたも変化させていくことも必要でしょう。
では、先が読めない今、私たちは、どのような働きかたをしていけばよいのでしょうか。


今後、仮に「ジョブ型」雇用が拡大していく場合、その対象者は、より専門性が問われます。
「ジョブ型」雇用は、仕事が基準となり処遇が決定されるからです。


ジョブ・カードくん9



例えば、次の問いに明確に答えられるでしょうか。
「あなたの専門は何ですか?」
「その専門性は、自社だけでなく、他社でも通用しますか?」

即答できる方、なかなか答えが出てこない方、いらっしゃると思います。
ただ、私たちは、胸を張って専門性と言えるには、このくらいのレベルまで、持っていきたいところです。

これまで「メンバーシップ型」だったのを一気に「ジョブ型」へ転換することは簡単ではないですが、外部環境の変化に対応しつつ、自分の専門性を活かして稼げる人材は、重宝されることは間違いないでしょう。

仮に、いまは、それほど専門性が高くないにしても、環境の変化に、自ら前向きに挑戦しようとする人材は、ウィズコロナ、アフターコロナでもキャリアアップし、活躍する場があるのではないでしょうか。

画像6

 「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。その偶然に対して最善を尽くし、より積極的な対応を積み重ねることでステップアップする。
ただ、予期しない出来事や偶然の出会いを待つだけでなく、自ら創り出す行動をとる必要がある。

(Planned Happenstance Theory/計画された偶発性理論 スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提案)」

これは、いま、まさしく適合するキャリア論ではないでしょうか。
この新型コロナウイルス感染症という予期せぬ激しい変化をポジティブに捉えて、前向きに行動することで、自分のキャリアを積んでいく働きかたが、益々求められるはずです。

今の環境に適応できるように、自分をトランスフォーメーションさせていくことが重要かと思います。
そして、そのプロセスこそが、結果的に専門性が高まり、ウィズコロナに適応した働きかたができるきっかけになるのではないでしょうか。

画像7

私たちは、キャリア形成のプロです。

もし、今、ご自身がこれからの時代に適した人材として働いていきたいと思われているのであれば、ぜひ一度キャリア相談してみませんか。
愛知県内のハローワークさんにてお待ちしております。 

画像8

**********************************
みなさんのお仕事の話を聞かせてください。ご予約は全てこちらから

ランゲート(株) 052-451-1171 
受付時間: 平日 8:30-17:15
愛知全域の窓口となっておりますので、繋がりにくい時間帯がございます。ご了承ください。

「ジョブ・カード作成支援予約サイト」http://jobcard.work/http:/
「ジョブ・カード制度総合サイト」https://jobcard.mhlw.go.jp/
**********************************

画像9


この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キャリコン相談室  AICHI(キャリアコンサルティング ジョブ・カード  愛知)
愛知労働局さんから「ジョブ・カード作成支援推進事業」を受託して、愛知県内のハローワークさんで、ジョブ・カードを活用してキャリアコンサルティングを行っています。お仕事でお悩みの方は、ひとりで悩まないで、お気軽に相談にいらしてください。