見出し画像

今後、起業したい人にコロナのこの状況でのアドバイス。

こんにちは。

今回は、”今後、起業したい人”に向けた記事です。


このコロナショックにより、日本中の人たちの今までの生活が揺らぎ、色々と考えてしまう状況です。


「やっぱり安定がいいので、会社員がいい」という人もいると思います。

「会社員でも安全でないので、どうせ一度きりの人生、独立やフリーランスなどやりたいことをやる」という人もいると思います。

いろんな人のいろんな答えがあると思います。

人により、状況が違い、考えも違うため、正解や不正解はありません

そんな状況で、起業したい、自分で商売を始めたい(副業含む)人に向けた、私からのメッセージです。


そもそもこの記事を書く私は何者だ、という話をします。

5年前に会社員から起業して、今のところそこそこ安定して、それなりの収益(法人個人合計の年商は1億円以上)を得た者です。

私が思う、このコロナの状況でしておいた方がいいことについて書いていきます。

画像1

※なんとなく書いてみました。この内容です。

※この記事は4月5日時点の情報です。

※6月14日追記:新しい記事を用意しました。下記リンクは、6月中旬の状況を踏まえた内容です。



コロナショックの状況下での3つのポイント

簡単に結論を言いますと、この3つのポイントです。

①4月の今は起業に向いていないタイミング

②経済が回復する頃大きな変化が来るので大きなチャンスが来る

③今できること2つ(出費の削減とスキルアップ)



①今は起業に向いていないタイミング

最近、「リストラにより仕事がなくなった、働き先も見つからないので、今このタイミングで起業をしようと思う」と言う人がいました。

この状況で起業をしようという人は少ないと思います。
ただその人は今働き先を見つけるのも厳しいでしょうし、とてもしんどいと思います。

ただ、正直を言うと、4月現在、今は嵐の中なので、いくらお金があっても、いくら経験があってもなかなか稼ぐことは難しい状況です。

たくさん稼いでる先輩社長も、みんな口をそろえて「今は待ちのタイミングだ」と言っています。

今がチャンスだと言って、新規事業を立ち上げる人はいません。

今から新規事業を立ち上げるのは、”勇気”というよりも”無謀”です。

そのため、これだけ大きな変化なので、何かを思い立つには良いことですが、ゼロからの起業というのはやめておいた方が良いと私は思います。


そんなこと言っても、「人生は短いので起業したいんだ!」という人もいるかもしれません。

落ち着いてください。そんなあなたに良いかもしれない情報があります。まだ読み進めてください。笑


②経済が回復して、大きな変化が来るので、特大のチャンスが来る


+経済の回復

これだけ大きなコロナの影響なので、どこの業界にどこまでのダメージが行くのかはわかりません。

経済活動自体も危うくなりえると思います。

でも経済活動がまだ続く限り、どこかで経済が上向きになります。経済が回復するタイミングが来ます。

これから医療が崩壊するのか、日本が世界一、コロナで大変な国になってしまうのか、どうなるかわかりません。


でも、いつの日にかは、生き残った会社は、経済活動を回さないといけません。
スーパーマーケットを動かすために、快適にインターネットをするために、普通の生活を取り戻すためには、経済活動は必須です。

経営者も従業員もご飯を食べたりや、電気代のためのお金が必要です。

その時、今きつく閉まっている財布の紐が緩んで、いろいろな人がいろいろなところにお金を使うタイミングが出てきます

個人が消費をしたり、会社が投資をしたり、ですね。それが企業をする人には、大きなチャンスのタイミングになります。

以上が、経済がいつか回復する、そのときがチャンスということでした。

1年先か3年先かわかりませんが、経済が破綻しない限り、上向きになるタイミングが来ます


+大きな変化

そして、このコロナで色んな人が色々なダメージを受けているので、社会全体が変わります。

社会や、ニーズ、需要が変わります

私としては、以下のことを予想しています。

・集客やビジネスのオンライン化が進む。

・個人や企業が、収入や収入源を増やそうとする。

・健康志向が高まる。


具体的な例として言うと、

・今までは対人で営業していた会社が、ホームページなどのオンライン集客に移行する。

・今まで一つの事業で利益を上げていた会社が、不安定なことに気づき、事業の多角化を図る。

・今まであまり健康を意識してなかった人が、タバコをやめてそのお金を他の趣味に使う。

・副業を始める会社員の人が増える。

・一人暮らしでは不安なことが多いことに気付き、コミュニティが活性化される。(商店街の活性化やオンラインのグループが増えるなど。)

このような変化が起こると思っています。
私の予想が当たるかはわかりませんが、いずれにせよ何か大きな変化は必ず起こります


それら2つから起こりえることと個人のチャンス

この二つの「経済が回復すること」「大きな変化が起こること」の意味することとは、フットワークの軽い人が勝つ時代になるということです。

頭の固い人たちが、大勢で頑張ってコントロールしている会社と、これからの将来を見据えて考えている個人や個人の集まり、どちらが強いでしょうか。


単純化して考えると個人や個人の集まりが、完全に有利です。

しっかりと考え動ける個人は、より稼ぎやすい時代になります。

お金を持っている人の優位性がなくなるわけではありませんが、変化が激しいので、お金を持っていることだけでは、稼ぎにくくなる傾向が進みます。


今までは、ある程度デキレースというか、八百長試合のように、変化はまだゆるやかだったため、お金を持っている人が勝てる時代でした。

急激な社会の変化により、それが変わっていきます

例えば、今までは数十億で建てた、駅前のホテルが、間違いなく人気でしたが、「そもそも駅に近いことはいいことなのか?人多いしうるさいよね。」「経済合理的に考えられた、ひどく狭い部屋に泊まりたいかな?」など、今までの価値観が崩れていくと予想しています。


画像2


③今できること2つ(月々出費の削減とスキルアップ)

今は起業に向かないですが、コロナショックから経済が回復したら、個人や個人のチームが活躍しやすい時代が来ます。

既存の枠組みが壊れるということは、新しい動きが活発化するということです。


では、今、起業したいあなたは、何をすればいいのかと言うと、「月々出費の削減」と「スキルアップ」、この二つです


+月々出費の削減

起業すると聞くと威勢はいいですが、実際はシビアなお金との戦いにもなります。

たくさんお金を稼ぐのはいいことですが、よく陥りがちなミスがあります。

出費が多いことです。いくら稼いでも、出費を抑えるクセをつけておかないと、収入の分だけ出費も増えていきます

起業をするには、色々なシーンでお金が必要となります。

・トラブルを解決するためのお金

・新しい営業先を見つけるためのお金

・しんどい作業を外注して効率化するためのお金

などですね。おそらく、起業前に想像しているよりもお金は出ていきます。それがささやかな副業であっても、お金はなんだかんだ出ていきます。

そのため、このコロナの状況で、あなたの私生活上の、「本当に必要な出費は何なのか。」「削減できる無駄なお金はないか。」ということを考えましょう。


例えば、、、

・この機会にスマホのプランをバカ高いドコモから、格安 SIM に変えてみる。

・「意外と飲み会がなくても大丈夫だ」と思えたなら、今後飲み会を削減する。

・「シーズンごとに買っていた服、この春は買えなかった」という人は今後もナシでいけるか考えてみる。


そんな出費の削減を考えるには良い機会です。

ということで、このピンチの時にこそ、「月々の出費を抑えましょう」という話でした。

そうしないと、将来に稼いでも稼いでも楽にならないような、しんどい状況が続いてしまいます


+スキルアップ

最後に起業したい人がやるべきこととして、「スキルアップ」があります。

このコロナの状況で、外に出てはいけない状況が長く続きそうです。

話題のどうぶつの森や、買いだめをして安心するのもいいかもしれませんが、起業を考えているあなたは、スキルアップを行うのがベストです

スキルアップの内容として、例えば、こんなことが考えられます。

・英語学習

・プログラミング習得

・オンライン集客のイロハ勉強

・お金の勉強

・マーケティングの勉強

また、補足として、この暗い状況でスキルアップだけをやっていてもしんどくなってきますので、人生を楽しむための趣味を磨く、というのもアリかなと思います。

・手作りでアクセサリーを作ってみる
・普段しないハイレベルな料理をトライする
・ひたすらゲームに打ち込む

これはあくまで息抜きとして、楽しいことにのめり込むのも一つかもしれません。

あくまで、スキルアップもしている前提じゃないと、ただのヤケクソの遊びになるのでご注意を。笑


まとめ

以上が3つのポイントでした。

・今は起業しない方がいい

・コロナ終息後、個人に大きなチャンスが来る

・そのために出費をおさえてスキルアップしましょう

では、それでは皆さん、手洗いと消毒の徹底をしつつ、できるだけ正気を保って、自宅ライフを過ごしましょう。。。

気に入っていただけたのであれば、「スキ」や「フォロー」をお願いします。励みにします!


以上です。


最後に、起業や副業はしたいけど、何をすればいいかわからない方へ書いた記事があります。同じ悩みを持っていた私が、起業して5年、事業も安定させられた経験からのnoteを書きました。有料ですが、その価値はあるかなと思っています。

※やりたい事が明確に決まっている人には、あまり役に立たないかもしれません。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今後もごひいきに。
88
こんちは、コロナにより大変な状況ですが、皆さんぼちぼち頑張っていきましょう。自己紹介:日本国内でインバウンド観光事業や動画事業に取り組む実業家です。大学卒業後、大手電機メーカーにて海外営業→独立→フリーランス→法人の経営。