見出し画像

心に余裕を持つためのコツとは。余裕がある人とない人の特徴から考える。

あなたはこんなことを思ったことはありませんか?

「あの人はなんだか心に余裕があるように見えるなあ。自分も心に余裕を持つにはどうしたらいいだろう?」

心に余裕のある人が話す言葉ってなぜかしっくり来るというか、なんか聞いてて違和感がなくすんなり入ってくるようなそんな感じがしませんか?

簡単に言えば「余裕があるように見えるなぁ」という印象を持ってもらえたんだと思っています。

きっと心に余裕のない人が他人に与える印象というのは何を話していてもしっくりこないし、「自分を受け入れてくれない」という印象さえ与えてしまうのではないでしょうか。

今回の記事は僕が思う心の余裕を保つためのポイント、また余裕がない人とあるひとの違いなどを解説していきたいと思います。

心に余裕がない人の特徴とは

画像1

心に余裕がないとそれが態度や行動にも表れてしまうと思います。
まずは僕なりに感じる心に余裕のない人の特徴をピックアップしましたので、自分が当てはまっていないか見てみましょう。

・ストレスが溜まっていて、常にイライラしてる
・視野が狭く周りが見えていない
・目の前のことをこなすことで精一杯
・他人と自分を比較してしまう
・マイナス思考
・自分に自信がない

きっと心に余裕のない人はストレスが溜まっていて、周りのことなんて見えていないような気がします。
というより、「自分のことで精一杯」なんじゃないかな。

また考え方もネガティブな人が多い気がします。

比べる必要なんてないのに他人と自分を比べて勝手に焦ってしまったり、相手の立場になって物事を考えられないから人の成功やお祝い事を素直に祝福することができなかったり。

仕事でも恋愛でもどんなことにおいてもネガティブに考えてしまうと心の中の負のオーラが強くなりますよね。

あとメンタル以外の部分でいうと、「お金に余裕がない」人も生きていくことの不安から心に余裕がなくなってしまうのではないでしょうか。

心に余裕がある人の特徴は?

画像2

では反対に心に余裕のある人というのはどんな人が多いのでしょうか。

・自分に対して自信がある
・人の話を聞ける(他人の意見を否定しない)
・ポジティブ思考
・ストレスの発散方法を知っている
・常にワクワクすることに挑戦している

きっとこんな人は心に余裕があります。

わかりやすい違いは、余裕がない人は常に主観で生きているため、なんでも自分目線で物事を感じ取ってしまう傾向にあるのに対し、余裕のある人は自分のことを客観視できているため他人の意見も素直に受け入れることができます。

また自己肯定感も高く、自信に満ち溢れている人も多いですね。
自信がある人は比べる相手が他人ではありません。
強いていうなら「昨日の自分」がライバルです。
ちなみに僕は毎日昨日の自分より成長するために今日を生きています。

今日からできる心の余裕の作り方

画像3

なんとなくそれぞれの特徴のイメージができたと思います。

ではここからは実際に今日からできる心の余裕の作り方を紹介します!

まず1番大切なのは「自分のキャパを把握する」ということ。

基本的に心に余裕がなくなる瞬間というのは、自分のキャパをオーバーしてしまった時に余裕がなくなります。
自分のキャパを把握しておいて、キャパオーバーにならないための生き方をしてみることをおすすめします。

渋滞に巻き込まれるとイライラしてしまうという人は、単に渋滞が嫌いというより時間がなかったり焦りがある状態で渋滞にはまるからイライラします。
つまりその自分の性格を把握しておけば、早めに出発して渋滞にはまっても余裕を持って目的地につくことで余裕がなくなる瞬間を回避できます。
もっと言えばその性格をちゃんと自分で理解しておけば意識的に「自分は渋滞にはまるとイライラしやすいから気をつけよう」という考え方になり、仮に渋滞にはまっても冷静でいることができるでしょう。

簡単に言えば、自己分析ができていればどんな状況になってもキャパオーバーにならないための方法がわかるようになります。
人それぞれキャパは違うので一概には言えませんが、「イライラする」という選択肢以外にもたくさんの選択肢を用意しておけるように自分の性格、キャパを把握しておきましょう!


そしてもう1つ大切なことが「自信を持つ」ということ

これは説明しなくても「自信のある人は心に余裕があるように見える」と想像できると思います。
なので自信を持つにはどうしたらいいかを解説します。

答えは、成功体験の積み重ねです。

最初はどんな小さなことでもいいので、自分を褒めてあげましょう!
「今日はいつもより朝早く起きることができた!自分すごいじゃん!」という感じです。
自分で自分を褒めてあげることほど気持ちいい瞬間はないと思っています。
そして小さなことでも自分を褒めてあげることで自己肯定感はかなり高まってきます。
他人に優しく自分に厳しくなんて言葉がありますが、正直自分の人生なので「他人に優しく自分にもっと優しく」くらいで生きていいと思います!

他人と自分を比較して「あの子は可愛いけど私は全然可愛くない」「あいつは要領がいいのに俺は不器用だな」なんて考えてしまうのは完全にアウト。

比べる必要のない他人と勝手に比較をして自分の価値を自ら下げてしまうと、その下がった価値以上のことは自信がなくて挑戦できなくなります。
めちゃくちゃ悪循環に陥ってしまうので他人と自分を比較する人生は今日で終わりにしましょう。

まとめ:他人のために生きるな

極端な話、自分の人生なんて自分さえ幸せになれればいいくらいの気持ちで生きていければどんなことがあっても余裕は生まれます。

部下がミスをしても「部下のために取引先に謝ってあげるなんて自分めっちゃ優しいじゃん!」と褒めてあげて、激務で疲れが溜まっても「こんな激務こなせるのこの世に自分くらいしかいないでしょ、自分まじ最強卍」くらいに考えられれば心に余裕を持てると思います。

あいつのせいで仕事増えたわ、とか同期のあの人は自分より頑張ってるのに、とかそんな他人に自分のメンタルが振り回されるような生き方はやめましょう。

どんなことでも自分のことをめちゃくちゃ褒めてあげて自己肯定感を高めまくれば周りの人にも自然と優しく接することができるようになります。

その頃には周りからみたあなたはきっと「あの人は心に余裕があるなぁ」という印象を与えていると思います。

まずは自分の人生を好きに生きてみるといいと思います!

ということで、この記事を読んだあなたの人生のモットーは
『自分ファースト』に決定です

今日から意識してみてください!

筆者がオーナーのオンラインサロン 

Licサロン


【人気の記事】

【オススメの記事】





この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よかったらシェアもお願いします!
32
ブログ、アフィリエイト、ライター、動画編集、YouTuber、いろいろな副業の収益が安定したので脱サラ!副業のやり方を教えて欲しいと言われるのでnote始めました。今はそれらのスキルを活かして個の力を身につけるサポートをし、チームとしてオンラインのアスリート支援事業を展開。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。