「コロナとオリンピック」。2021.7.24.
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「コロナとオリンピック」。2021.7.24.

 朝起きて、鉄道情報を見たら、いつも使う路線が遅れているらしい。
 別の路線を使って出かけようと思って、焦って、支度をして、いつもよりも早く出かけようとしていたら、別の路線まで遅れが出たことを知った。

 どちらも遅れるのならば、トラブルが起こった時刻が早い方にしようと思って、いつもの路線に乗ることにするけれど、家を出るのは、通常よりも10分くらい早くした。

 天気はいい。
 温度は高い。

 ただ、歩いていると、少し水滴が降ってきたような気がした。

コロナとオリンピック

 駅に着くまでに、4人のジョガーが走っている。
 オリンピックと関係ないのだろうけど、スポーツする人が多くなっているようにも思う。
 1000円カットの店の前には誰も並んでいない。

 駅につくと、10分早いだけで、ホームには、こんなに人が少ないのだろうか、と思っていたら、次の電車が来るまでに人が増えていって、ほぼ人がいなかったのに、20人くらいになっていた。

 車内は空いている。
 窓が開いて、冷房が強め。この2年の基本スタイルになっている。

 それでも、今日は暑い。

 小さい扇風機を持った人が毎週増えていて、今日は乗り込んできた若い男性が持っていた。

 電車が揺れて、グラっときて、左手でドアのそばのバーを持ってしまった、と思った。この1年ほど、電車の中のつり革を持っていない。

 車内で、久しぶりに新聞を読んでいる人がいた。
 「東京五輪 コロナ下の開幕」。
 そんな見出しが見える。

 本当は、コロナとオリンピックは両立しないのに、と思った。

オリンピック開幕

 オリンピックを取材してきた記者が、こんな発言をしていた。こういう言葉を出さざるを得ないようなことを、取材を通して、見続け、聞き続けてしまったのだろうと、想像できる。

 私もとても昔、スポーツの取材をして、原稿を書いて生活をしていたこともあった。
 オリンピックも、オリンピアンも特別な存在だと思っていた。
 今も、アスリートには敬意を持っている。
 だけど、いろいろなことがあり、オリンピックというムーブメントは、もうやめた方がいいのではないかと思うようになった。

  オリンピックが始まっていた。
  開会式は、数分だけ見た。

乗り換え

 電車を乗り換える。
 降りてから走ったのは、電車が遅れている、という情報があったので、少しでも早く、という気持ちがあった。いつもよりも周りがゆっくりと移動しているので、初めて、土曜日の、人の流れの中で、ほぼ先頭に立った。

 改札を抜けて、また改札に入った時は、次の電車が来るまでは3分ほどあって、だから、アルコール除菌もゆっくり使えた。今日も一人だけど。

 もう、電車の遅れは解消され、通常の運転になっている。すごく急いだので、ちょっと戸惑いはあったけれど、遅れなくて、よかった。これで予定よりも早く着くと思った。

 電車が来た。
 二つの車両の真ん中くらいにいて、どちらにしようかと思って、迷って、ホームから見て、窓が開いているのが分かっている方の車両に乗る。

 2人の若い男性の会話の声が聞こえてくる。
 一人は座席に座り、一人はその前に立っている。

 立っている男性がアゴマスクで、話す。
 会話が続いている。
 マスクをあげても、鼻は出ている。
 と思ったら、次はマスクはアゴにかかる。

 彼らから、少し離れて座っている、短パンでカジュアルな格好をした若い男性は、不織布のマスクの上に、ウレタンのマスクを重ねている。
 ずっと前を向いている。

PC R検査

 こうした報道で、20代や30代の人が新たに感染した、ということを毎日のように聞いてきたが、もし、自分が20代だとして、コロナ感染の疑いがあったとして、PCR検査を受けるだろうか、と改めて想像する。

 自分が、若くて健康であれば、重症化のリスクは少ない。だけど、検査を受けて「陽性」になったら、少なくとも「社会生活」が、しばらく止まる。

 そんなことを思えば、自分の周りに高齢者がいなくて、若くて健康だったら、そこから「見えない」人への感染のリスクまでは、想像は難しくて、検査を受けない、という選択をするかもしれない。

 そうであれば、20代や30代で、まずは検査を受けていること自体が、かなり利他的な行為ではないか、とも改めて思う。

立ち姿

 大きな駅に着いて、大勢の人が降りていく。
 車内は空いてきて、ドアが閉まって、電車が走り出すと、窓の向こうに、2リットルのペットボトルを掲げて、直接口をつけて飲みながら、ホームを歩いているスポーティな姿の若者が見えた。そういう姿を見るのは久しぶりだった。

 一人が立って、一人が座っている若い男性二人は、車内が空いてから二人で並んで座って、会話はずっと続いている。

 自分の目的の駅に着いて、降りて、ホームを歩いていると、電車の発車を見守る女性駅員の立ち姿が、少し遠くで、シルエットになり、片足が少し前に踏み出されて、なんだか格好良かった。

 駅の改札を出て、歩く。
 ノーマスクの若いビジネスマンが、知らないうちに、そばを通って、ちょっと驚く。

 階段を降りて、道路を歩いていたら、鉄道の施設の柱の上にハトがとまっている。そこに、違う一羽が来て、押しのけるようにとまって、立っている。

ワクチンとオリンピック

 通りかかる公共の建物の前には、今日は、明らかにオリンピック関係者の格好をした人が何人もいる。

 これまでは見たことがない光景で、オリンピックが始まったのは分かるが、同時に、関係者に「陽性」という報道を思い出して、やはり気持ちが構えてしまう。
 
 そして、ロープのようなもの一本で仕切られているところの奥に「選手用入口」の文字が見えるドアがある。

 同じ建物では、先週はワクチン接種が行われていた。その時に持っていたボードには、「7月31日まで」という日付けが書かれていたのに、今日は、行われていない。

 とにかくオリンピックが優先されるのだろうか。この1年くらいで、あらゆるものを踏みつぶしていくのが「オリンピック」というムーブメントの印象になってきている。



(他にも、いろいろなことを書いています↓。よろしかったら、読んでいただければ、うれしいです)。


#コロナ禍日記   #コロナ禍   #東京オリンピック

#ワクチン接種   #新型コロナウイルス   #PCR検査

#開会式    #オリンピック   #日常   #日記

#毎日投稿




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。書き続ける励みになります。
社会人になって、3回目の大きな変化を迎え、いろいろなことを伝えたい、と思うようになりました。2020年3月14日投稿開始。ジャンルごとに、マガジンにまとめる予定です。2020年8月から、一部、有料化を開始しました。東京都在住。