見出し画像

段ボール箱、80か90

ライツ社様の本棚リレー、いいなあ、楽しかろうなあ、と思いながら、いやお前もやりゃいいじゃん、リレーすればいいじゃん、ということにもなりますし、だがあたくしの保有する本がですね、引っ越し作業中ということで段ボールにけっこう入れてしまって。

画像1

こんなんなってて。業者さんには段ボールを大小100個以上もらってやってる。そのうち80か90は本の箱になりそう。いま手元にカメラがないんでiPadで撮ってるんですけど、画質悪いですけど無理やり参加してみます。

画像2

まだ段ボール箱に入れてないもの全景。

画像3

このよーにバタイユがけっこうあるが、持ち主、特に変態というほどでもない。これよりは澁澤の選集二種類(梱包済み)のほうが問題あるかな。

画像4

ちょっと引きで撮る。しましまの百円ノートと八年分のほぼ日手帳があるね。

画像5

こちら、野坂昭如と夏目漱石などのまとまり。野坂の描く死は記号に留まらない。中島らもいわく「ちゃんと殺してるな」ですって。同感。漱石はあと数年以内に全部読んでおきたい。

画像6

下段は資料など。上段にしれっとムーミン全集。かわいげかよ。

画像12

もろもろあるが、池田晶子が多い。専門的でない普通の文章で哲学を読める。哲学は損してるからね、学問のイメージとしてもやる人へのイメージとしても。ここにはないが『残酷人生論』などお勧め。

画像7

漫画の棚、上段。下段は撮れなかった。『銃夢』は中学校一年生以来の聖典。CDが邪魔だがスライド式である。

画像8

別の棚上段。上にあるのはダースベイダーの首、ではなくて、ウイルス対策のガスマスク、というのも嘘で、おもちゃのガスマスク。本のほうはどれも思い出深い。『ギタンジャリ』なんかはお前の親が何教徒でも読んだらええのんじゃ。人としての祈りを知る一冊です。小説では『詩羽のいる街』なんかよかった。

画像9

中段。ブルース・リー目立つな。『平和のための戦争論』は右派も左派も関係なく、戦争についてひとこといいたければ必読。日曜討論レベルならこれで十分足りる。他、『神話の力』は創作面でいろいろありがたかった。

画像10

下段。この中で一番ロックなのはやはりチバユウスケの詩集であろう。あとちょっとメンタル面の補強みたいな本が多いですね。そのあたりを読んでる時期は滅入ってた。復活に役立った。ロバート・ハリス『アフォリズム』、是非。

画像11

別の棚その二の上段。ちくまと岩波の赤と京極夏彦、およそ読むべきであろうがほぼ手つかず。京極を読むと国語の偏差値が東大レベルになるって噂だぜ。高校生必読。読んだもんはちょっと見切れてる下段のほうに固まってる。内田樹とか、村上龍のハードカバーとか。

ざっとこんな感じですね。蔵書についてはいくらでも語れるが時間がない。このへんで。

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます!助かります。

嬉しいです!感謝。
10
そこらへんのワナビのメンズ。終わりも始まりもない感じ。 「俺たちはみんなドブの中にいる。でもそこから星を眺めている奴らだっているんだ」by オスカー・ワイルド

こちらでもピックアップされています

ライツ社応援の声
ライツ社応援の声
  • 50本

ライツ社の本やライツ社の活動などについて思いを綴ってくれたみなさんの投稿をまとめています。

コメント (2)
池田晶子さんのコーナー!
いいドグなあ。。(*´Д`)
池田晶子はかっこいい哲人でした。
「さて、死んだのは誰なのか」と言い遺すとか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。