Tsukushi/広告代理店

広告界隈の人っぽくないと言われます。 広告のことも書きますが、主に世の中について考えた全て独り言です。お付き合い頂けると幸いです。Twitter→https://twitter.com/tsukushi_szk

Tsukushi/広告代理店

広告界隈の人っぽくないと言われます。 広告のことも書きますが、主に世の中について考えた全て独り言です。お付き合い頂けると幸いです。Twitter→https://twitter.com/tsukushi_szk

    マガジン

    • 大切なことは全て漫画から教わった。

    • 【リアルタイムで進行中】メディア運営の日々

      個人的に運営しているメディアの立ち上げ期から、将来的な成長までの過程をリアルタイムで辿るマガジンです。

    • 広告

      世の中で話題になった広告キャンペーンの紹介マガジン

    • 竈門炭治郎が切り拓く未来(鬼滅の刃)

      鬼滅の刃にハマった大人が書いたヒーローに関する話。

    • 呪術廻戦:呪いと共に

    最近の記事

    • 固定された記事

    12/10 みんなの炭治郎(完結篇)

    1週間予定よりずれ込みましたが、ようやくここまで来た。毎週何かを発表するというのは非常に苦しい作業だということを実感しました。漫画家さん、本当に尊敬します。 さて、そもそもは「鬼滅の刃」という作品に惹かれたことからこのシリーズ(マガジン)は始まりました。その間にも「呪術回戦」とか他にも面白い漫画が週刊少年ジャンプにあるんだと気づいて、まだまだ別シリーズとしてこういったマガジンを書いてみたいなぁと思った次第です。 さて、初回記事(11/5公開)では「竈門丹次郎が描く未来」と

      • [応募作品]『三匹の竜と荒天の庭』:あらすじ

        あらすじ むかし、三匹の竜(紅き竜・蒼き竜・白き竜)が人類を統べる時代。三匹の竜は荒天の庭に住む天候を司る竜を従えたことで、四季折々の世界を維持していた。その豊かな世界では竜人も人類も共存し平和な時代を保っていた。 しかし、人間は欲深く進化し知恵と知識をもとに立場を逆転させていく。現代は人類が支配する世界。竜人は差別され、苦しい生活を強いられていた。竜人たち自身も竜人擁護派と竜人排斥派に分かれ、暴動が頻発し始めている。紅き竜の子孫「スカーレット・ヴェルメリオ」は突如として現

        • [応募作品]『三匹の竜と荒天の庭』:3話

          ガタイのいい男)「おい、警察にさっきの爬虫類のことチクってこい」 いじめっ子A) 「え、黙っておくんじゃないの?」 ガタイのいい男)「お前なぁ、そんなんだから女に馬鹿にされるんだよ。金も貰うし、秘密も守らねぇ。あんな爬虫類がこの街にいて良いと思ってんのか。いいから行け」 いじめっ子A) 「そっか、兄ちゃん頭いいね。行ってくる。」 ガタイのいい男)「さーて、何が起きるのかなぁ。」 ヴェルとホーガンは気まずい空気のまま帰路についた。帰り道の間、二人は一言も言葉を交わすことはなか

          • [応募作品]『三匹の竜と荒天の庭』:2話

            いじめっ子A) 「あいつだよ!にいちゃん!」 ヴェル)「ん?また来たのか黒焦げ」 体躯の大きい男)「お前か?可愛い弟に火を吹いたとかいう爬虫類は。人間様の街に来ちゃダメだろうよ。」 ヴェル)「(うわデッカ!?これは不味いな。)ジジイが待ってるんで、、これで失礼しますね!」 体躯の大きい男)「待てコラ!」 ヴェル)「(これは逃げ切れない…こうなったらまた…)」 大通りの方からヴェルを探すホーガンの声が聞こえる。 ヴェル)「ジジイ、ここだ!ここ!」 ホーガン)「おい!何し

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 大切なことは全て漫画から教わった。
            Tsukushi/広告代理店
          • 【リアルタイムで進行中】メディア運営の日々
            Tsukushi/広告代理店
          • 広告
            Tsukushi/広告代理店
          • 竈門炭治郎が切り拓く未来(鬼滅の刃)
            Tsukushi/広告代理店
          • 呪術廻戦:呪いと共に
            Tsukushi/広告代理店
          • 仕事
            Tsukushi/広告代理店

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            [応募作品]『三匹の竜と荒天の庭』:1話

            私の父は村の外れで果物を育てている農夫だ。 父と言っても生物学上の父ではない。幼い頃に拾われ育ててもらっている。 果物は売り物で、毎日毎朝街の中心部の八百屋に届けている。 私はまだ街へ連れて行ってもらったことがない。父が私が街へ行くことを許さないからだ。「どうしてダメなの?」と尋ねたことがあるが、「お前は少し人と違うところがあるから」と返されるだけで取り合ってもらえない。 人と違うところ。実は、私は火を操ることができる。 何もないところから火を起こすことができるし、暖炉に火種

            今週の少年マガジン&少年サンデー(40号)

            今週発売の週刊少年マガジン(40号)と週刊少年サンデー(40号)についてご紹介します。 週刊少年マガジン 化物語 ダイヤのA 黙示録の四騎士 甘神さんちの縁結び iコンタクト カッコウの許嫁 シャングリラ・フロンティア 東京卍リベンジャーズ 女神のカフェテラス それでも歩は寄せてくる 彼女、お借りします EDENS ZERO ブルーロック 生徒会役員共 PAUSE-ポーズ- 賢者が仲間になった! 炎炎ノ消防隊 カノジョも彼女 英戦のラブロック はじめの一歩 きみとピコピコ

            今週の少年マガジン&少年サンデー(39号)

            今週発売の週刊少年マガジン(39号)と週刊少年サンデー(39号)についてご紹介します。 今週のラインナップ iコンタクト カッコウの許嫁 それでも歩は寄せてくる シャングリラ・フロンティア 化物語 ダイヤのA 生徒会役員共 炎炎ノ消防隊 EDENS ZERO PAUSE-ポーズ- 彼女、お借りします 英戦のラブロック 黒岩メダカに私の可愛いが通じない 東京卍リベンジャーズ 女神のカフェテラス ブルーロック 黙示録の四騎士 カノジョも彼女 はじめの一歩 賢者が仲間になった!

            【実録】メディア運営の日々(Day1)

            本業とは全く別のところでメディア運営を始めました。 広告の仕事に携わってはいますが、仕事でデジタルメディアの運用をガッツリやっている訳ではないので探り探りのことが多いのが正直なところです。プランナーなんてカッコ良さげな職種で働く私も日々「そうは言うけどさ、あんた実際やってみろよ」とクライアントに対して内心思ってたり、逆にスタッフの皆さんからもそう思われてたりするんだろうなぁ、なんてモヤモヤを抱えていた自分にとっては実際に手を動かす良い機会だなと思う感じです。アカウントの作成

            記事が引用された。

            友人から、この本に私のnoteの記事が引用されていると聞き、どんな風に引用されているのかな?と気になったので読んでみた。 結論から言えば、私の記事が引用されたというより「岡康道さんの言葉」が引用されていた、というのが正しい気がした。これは捻くれでもなんでもなく、純粋にそう思ったのだ。 この事象から感じたのは、誰かの言葉をこの世に書き留めておくというのは非常に重要なことだということだ。昨今多くの広告プランナーやクリエイティブディレクターがニュース番組のコメンテーターや解説に

            煉獄さん、すごいよ。(第1回)

            さて、何かのテーマを一気に書ききるというのは非常に難しいため、細かく複数に分けて考えをまとめていきたいと思います。 全4篇のうちの第1篇「改めて、鬼とは?」と題して、そもそも鬼って何なんだっけ?というところから振り返ってみました。 1.改めて、「鬼」とは? (11/8公開) 2.猗窩座の誘いが意味すること(近日公開) 3.杏寿郎(ひいては”柱”)の強さ(近日公開) 4.炭治郎が受け継いだもの(近日公開) 結論から申し上げると、鬼とは人間の弱さを具現化した存在であるという

            11/7 煉獄さん、すごいよ。(第0回)

            今日ようやく劇場版「鬼滅の刃 無限列車篇」を鑑賞してきました。原作でも指折りのエピソードなのでどんな仕上がりなのかドキドキしていましたが、想像以上の出来栄えで世間的にこれだけ話題になるのも納得です。 以前このような記事を書きましたが、映像で観ると改めて感じることもあり、前回の記事を更に深掘りしてみたいと思う。 これからの以下のシリーズ形式で書いていきたいと思います。 1.改めて「鬼」とは? 2.猗窩座の誘いが意味すること(「鬼になれ」) 3.杏寿郎の強さ(「俺は鬼になら

            メディア開設!!

            我々、メディアをオープンしてみました。 基本的に全編英語です(一部、日本語訳した記事もあります。) 仕事でもなんでもなく個人的なプロジェクトです。これから、メディア運営がどんなものか実体験をもとにリポートしていきたいと思います。英語が苦にならない方はフォローお願いします。

            8/19 書くことが無いときは仕事に忙殺されて思考が止まっているとき。つまり、今。

            8/17 レスポンスのタイミングというのは非常に重要だと思うということだけ、お伝えしたい。

            8/16 引越し整理のためにメルカリに色々出品したら結構買っていただける。ありがたや。

            8/14 今週もお疲れ様でした。